ミーハーでごめんね

ミーハーでごめんね

I AM LOWBROW, AND I'M SORRY.

Nizi Projectの先にあった「NiziU」という色の話。

いつもどおりの感想文です。
当方、虹プロといったらスッキリと餅ゴリだろ!、という程度のスーパーニワカです。




このたび『Nizi Project』(虹プロ)を通してデビューする『NiziU』(ニジュー)

メンバーそれぞれの色(個性)が重なり、美しい光を放つ”虹”のような存在を発掘・育成するというJ.Y. Parkの想いから「Nizi Project」と命名された。

Nizi Project - Wikipedia

個人的には、このプロジェクト名がある時点で、
デビューグループのビジュアルアイデンティティのようなものがすでに形成されたと思っています。



f:id:showeda:20200712124911j:plain



わかる。



この「わかる」という感覚が私はとても大事だと思っています。
(「わかりやすい」という意味ではありません。)


私は『JO1』のデビュー時にコンセプトトレーラーを見て、
彼らが何者であるかがまったくわからないそのディレクションあっけにとられていました。
そのくらい新しいアイドルグループがデビューするときに与えるイメージのファーストインパクトに敏感になったのは、
まぎれもなくK-POPアイドルをウォッチしていることが大きいのですが。
すさまじい数のアイドルグループがいるなかでとりあえず目立たなければならないK-POPアイドルのそうしたビジュアルアイデンティティづくりにはいつも感心しています。


それは既存の日本のアイドルプロジェクトが手が届ききっていない部分だとも思っています。
もちろん日本のアイドルだってほとんどコンセプトが存在しているし、
イメージビジュアルがそれを後押ししている例もたくさんあると思います。
けれど、イメージビジュアルだけで目に留まるような仕掛けをつくるという点では、
アイドル大国と言われる一方でまだまだ発展途上のような気がしています。





『Nizi Project』と『NiziU』に共通する「Nizi」というワードは、言わずもがな「虹」。



これがつよい。



プレデビュー曲『Make you happy』のミュージックビデオ冒頭の配色で、

きっと誰もがこのMVは『NiziU』のものだと「わかる」んです。



虹色というイメージカラーをプロジェクトの最初から植え付けていたのが本当につよい。
餅ゴリもといパークさんが言っていた、

美しい光を放つ”虹”のような存在

というワードが見事にそのまま『NiziU』のイメージになりました。


カラフルでキラキラならなんでも「わかる」し、
逆にそうでなくなったときにまた別の意味で虹色というキーカラーは意味を持たせてくれるような気がします。
色のイメージだけでもこれだけグループのイメージを掌握できるというのは本当に凄いです。




なんなら私は"ほぼ虹プロ未視聴者"なのですが、
この日プも羨む社会現象的大フィーバーを起こした「虹プロ」というワードを知っていれば、
今回のプレデビューのビジュアルディレクションに違和感を覚えるほうが難しいような気すらします。


そのくらい、「虹」ということばもそのイメージもドつよい。


正直、番組ガチ追い勢や既存のK-POPファンの方々にとってはちょっと拍子抜けするビジュアルかとは思います。
ミュージックビデオは同じ事務所のTWICE先輩の『LIKEY』にかなり似ているし。
でも、今回大事なのはソコではないかなと。


f:id:showeda:20200602021721j:plain


そもそもデビュー決定のアナウンスとともにこれだけ「わかる」ビジュアルを繰り出してきたことが凄いんです。
アイディアは諸先輩らのコピーになってしまったかもしれませんが、
とりあえず、デビューメンバー決定の直後に、『NiziU』というグループがどういったグループなのか、
数パターンのイメージビジュアルとミュージックビデオだけでこれだけ「わからせる」ことができたことが凄い。

JYPエンタの馬力を見た気がするし、TWICEの日本活動が受け入れられているという現状をしっかりと把握したうえでのディレクションだったと思います。


ロゴ周りの細かい部分を含めた処理や、
K-POPアイドル運営のノウハウがつめこまれたかのようなSNSの使い方もうらやまし~~。




きっと、これからニジューを知るひとは『Nizi Project』のことも知ることになるでしょう。
"『NiziU』=「虹」"という方程式があればすぐに虹プロにたどり着くはずです。


f:id:showeda:20200310174848j:plain


これは今回惜しくもデビューメンバーに選ばれなかった練習生の背中をも押すことにもなると思います。
『NiziU』という名のグループが活動し続けるあいだ、我々はずっと「虹」というイメージを持ち続け、それらは虹プロと親しまれた『Nizi Project』も想起させるからです。
そして『Nizi Project』という番組自体がこうしてずっと語り継がれていくと思うからです。


虹プロはYouTubeの利用の仕方がイマイチだな…と思っていたのだけれど、
一転、このデビューメンバーが決まったタイミングで『NiziU』名義にスライドされた前虹プロの公式チャンネルから、
終盤の虹プロの後追いができる公式動画が勢いよくアップロードされています。





な、なんなんやこの全方位ハッピープロジェクトは・・・・・・・・・
そして私は老若男女みんながニジューちゃんの縄跳びダンスを真似している姿が容易に想像できるのでニコニコしちゃいます。
それってなんて在りし日のLOVEマシーンなんだろう。