ミーハーでごめんね

ミーハーでごめんね

I AM LOWBROW, AND I'M SORRY.

2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR 'KIZUNA' in ぴあアリーナMM

JO1が好きです。



最近環境が大きく変わった。
それでもそんなときに私という人間の端っこにしっかりとピン留めされているJO1という存在のありがたさよ。


アイドル云々まったく関係のないところでふらふら〜ふわふわ〜としそうな時に「私はJO1が好き」という自分に立ち位置を正してくれる、そんなJO1の存在が本当にありがたい。



そして有観客公演もすっかり板についたJO1さん。
私はずっと前から"アイドルはライブがいちばんわかる"と唱え続けていますが、
今回のライブでJO1を見て、私がいかにJO1というグループが大好きなのかを再確認、
というか再発見した最高の機会になりました。
最強の存在が自分のはしっこにピン留めされているという事実はとても嬉しいし安心する。





JO1、とにかくライブが強いグループ。

そんなグループになっていた。



的外れ承知で言いますけど、JO1って運動神経良すぎ軍団なんですよね。
だからスポーツに強いし、スポーツが得意だし、勝負事に熱すぎるくらい熱い。
そんなグループの性格もあるのではないでしょうか。
全編生バンド構成ライブということで、そこから放たれる音の波に乗っているかのような勢いのあるパフォーマンスは圧巻でした。



そしてやっぱり個人的に生バンドの音色は最高。
同じように、というか自分の数倍もテンションが上がっているJO1はすごく楽しそうで、
それがまたこちらのテンションも上がり…テンションの上げ合い、相乗効果。
はじめは韓国でライブの準備をする意味がよくわからなかったんですけど、バンドのみなさんは韓国の方たちだったので、
ライブに向けてぎゅっと濃縮した時間があったからこそのステージ、という説得力は凄まじかったです。




なんか…すごかったんですけど、ライブのJO1。
ありがたいことにメディア露出や日常的に触れられるコンテンツも多いJO1なのですが、
ライブの、とくに今回のライブのJO1は"そんなJO1、聞いてない!"、的な驚きが凄かった。
いつの間にこんなライブパフォーマンスグループになったんですか!



とてもじゃないけど視聴者が選んだ11人とはにわかに信じがたい、
彼らはこのステージに立つために集められた11人と言っても過言ではないと、本気で思いました。
ビジュアルも神々しく…全員国宝級イケメングループだよ…(=語彙力喪失のビジュアル)


単純に、すごく、半端じゃない努力をしたのだろうなと。
そうじゃなきゃあのパフォーマンスの説明がつかない。
あの複雑な振り付けの数々を4〜5曲続けてパフォーマンスする超絶スタミナとか一体どこから…ってなるもん。
それくらい想像上のJO1のパフォーマンスとは違ったパワーあふれるパフォーマンスでした。


そして、JO1のライブを全力で人に勧めることのできる一番の理由は、



JO1、曲がいい。



良曲しかない。
こんなグループあまりいないと思うんです。




『OPEN THE DOOR』公演はJO1とJAMのdestinyというドラマがあってこそ、のようなライブだったけれど、
今回は本当に、まっさらな、ど・ライブ。
これからも続くであろうJO1のライブのうちのひとつでした。
それが、すごくよかったんだよな~。


JO1がライブで何かと戦うように熱くなり、そしてそれがオーディエンスに伝染する。
そして会場全体が熱く燃え上がる。それがいまのJO1のライブ。
そんな印象を受けました。



そう、生バンドなんですよ。
だから生歌だったのですけれども。



歌、ウマスギJO1。



改めて、韓国で準備した理由がどんどん明らかになっていく。


視界全体にデザインが施されたモニター演出もすごくよかったです。
VCRも楽しかった。




パフォーマンスにおける蓮くんのトリートメント効果はすさまじく、本当に全体的にパワフルだけどとても綺麗。
そのなかで更に個性もしっかりあるので、本当にすごいなと思いました。
それをいちばん感じさせてくれたのは碧海。
「成長」とかあまり使いたくない言葉だけれど、これを成長といわず何と言うのか。
スカイはMENTのときの言葉選びもとても素敵でした。


ダンスがすごい~!って改めてなったのは豆ちゃん。
蓮くんトリートメントのチームで豆ちゃんが前に出てくると目立つ目立つ!
豆ちゃんのダンスは「こっち見ろゴルァ!!!」って訴えかけられているような気がする。
なんかもうどうしたらあんなに動けるんだ、みたいなダンスしませんか豆原一成。


ビジュアルの効果も相まって目立っていたのが瑠姫。
1人だけ(たぶん)固めていないヘアスタイルなのでハイトーンのサラ髪がブンブン躍動するんですけど、髪の毛の躍動と同じようにるきの身体の躍動感もすごいんです。
私はその状態を個人的に"ルキルキしている"と言っているのですけれども、もうずっとルキルキしてました。
瑠姫って他のメンバーと比べてクールなイメージがあるので、そのギャップもすごい。
あと個人的に瑠姫のパートは全部キリングパートだと思っています。


そしてやっぱりステージの屋台骨・木全翔也さん。
大平木全がJO1のライブで煽りまくってるのをJAMしか知らないなんてもったいなくない?
ステージ憑依型のきまちゃんの煽りは会場掌握率100パーセント。
だってもう憑依しちゃってるもん、ライブの神が。


そして前髪上げてほしい党なので、ほぼ前髪アップの大当たり回でありました。
蓮くんの髪型(ラパパPVのやつ)、いちばん好きなやつ!




『ALL HOURS』で涙が出てきてしまいました…
なんかもう、みんなカッコ良すぎて、こんなに立派になられて…みたいな。感慨深かった。



私は何度でも最初のファンミーティングの話をするのですが、
ファンミーティングのステージを見てから今日の今日まで、
やっぱり私はJO1が知られていないのは嫌なので推します、というスタンスです。


24時間ライブ、待ってるからな。


けれどそれに加えて単純にJO1が好きという気持ちもいまはすごく大きい。大好きだよ。
推しと好きは別物だと思っている捻くれた人間なので、
その気持ちがどちらもどんどん育っているという事実は私自身が本当に嬉しいし、
そういうものを持っていることはなんてありがたいことなんだと思うばかり。
それらはJO1が常にラブリーでありながら進化していっている姿をちゃんと見せてくれているからなんですよね。



今回なんとFC枠の最速先行で獲れたチケットだったのですが、
もしかしてチケット会社さん私の身長をご存知で?という感じでとても見やすい上手側2階スタンド席でした。
センターステージがもう近くて近くて。
かつメインステージもよく見えるわモニターもよく見えるわでぴあアリーナの大きさもあり、双眼鏡いらず。


ぴあアリーナMMは初めて入ったのだけれど、
席が良かったことももちろんあるでしょうが、とにかく見やすい、近い。
横浜アリーナも大好きなんですけど、横アリとは違った見やすさで、
4階席まであるとのことなのでなんとなくだけど武道館的な見やすさなのかなと。
とにかくいい会場で、いい席でJO1とJO1の世界を浴びることができた幸せな時間でした。
本当に、JO1、どんどん大きくなっていっているのを肌で感じた時間でもあったので、
もうこの規模の会場で見れることはないかもしれないとも思ったりもしました。本当に入れてよかった…




今回はグッズは整理券の応募ごと忘れてしまっていたので(…)、とくになにかを購入したりはしなかったのですが、
FC会員+メール会員にだけもらえるトレカがあって、そういうものがあるだけで記念になったし現地交換もできてそのたびにJAMさんと交流できるしすごく楽しかったです。
グッズが買えなくてもこういった記念品のようなものを用意してくれるのは素直に嬉しい!すごく嬉しい!


当日は台風の影響をモロに受けまして、電車の運行などは問題なかったのですが、
駅から外に出たらどしゃ降りもどしゃ降り、ぴあアリーナに着く頃には身体の左半分がずぶ濡れ状態で会場の外もぐちゃぐちゃだしでやっとのことでヨナピののぼりと写真が撮れましたという感じだったのですが、
ライブが終わった頃には見事に服は乾いていたし、台風も去っていてよりJO1のパワーを感じるいい経験になりました(スーパーポジティブ)



そして今回のハイライトとして我が家の濃厚蓮JAMをようやく、ライブイベントに連れて行けた!というのがあります。
アイドルの立ち位置とかよくわからないのだけれど、間違いなく私たちのいる上手側は蓮くん側でありました。
聞くところによるとなんと蓮くんの、アイラインまで見えたというではないですか。
(そして私は眼鏡の新調の決意をしました)(普段は裸眼です)
バラードユニットで現れた真っ白いスーツの蓮くんを見たときは感極まるものがあったようです。
お隣の席のJAMちゃんたちにもとてもよくしてもらったそうで、ライブもアゲで最高だし、めいっぱい楽しめたようで本当によかった!




相も変わらず当記事も日付詐称しておりますので、
こちらを記している現在は本来のオーラスの予定であった福岡公演のライブ中継を観たあとでございます。



そう、私がすでにスパカリを知っている世界線です。
けごたくよなのブチ上げターンがテレビでカットされるなら、
もうそれはライブに行くしかないのではないか?


のびのびとパフォーマンスができる物理的に広いステージのJO1が見たいのなら、
もうそれはライブに行くしかないのではないか?




ね?





こうしてJO1と私のKIZUNAは一層深まったのであった。
(うまくない)(オチてない)

ベイビー・ブローカー

タイトルどおり、「ベイビー」の「ブローカー」の話ではあるものの、
メインキャラクターそれぞれがとても手厚く最大限の情と優しさを添えて描かれており、
結果的に"優しいシナリオ"になっている。そして美しい映像。


個人的には、それがぬるいと感じてしまった。


これは完全に好みの問題で、タイトルイメージと相反する"優しいシナリオ"であったことは普通によかったと思う。
ほのぼの、ほっこり。生まれてくれてありがとうの世界。
ただし、一方でそういった作品の印象によって、是枝監督が韓国で韓国の超豪華者キャストを起用してまで伝えたかった何かの精度はずいぶんふんわりしたものになったなと思った。


そして、ここまでふんわりしているにも関わらず、
この作品が「日本は規制が厳しい」という理由で日本の映画として制作されなかったことが単純に悲しい。
こんなにも"優しいシナリオ"なのに、日本ではだめなのか・・・・・・・・・
そりゃ是枝監督だって韓国いくわ・・・・・・・・・・・




一見群像劇だけれど、登場人物のひとりである若い母親・ソヨン(我らがIU)を救うということに終始していたように感じた。
そういった姿勢自体にとやかく言うつもりはなくて。
ただ、あまりにもドリームな世界観はあまりにも現実社会とのコントラストがあるため、作品を外側から見ている私にはとくに影響がなく、
この作品を見たら私もなんらかの部分で共鳴することがあるのでは、という勝手な期待を裏切られたような気分になって少し淋しい気持ちになった。




設定のベースこそ「犯罪」であるものの、映像自体も含め、優しくて綺麗で美しい作品であることには変わりないと思う。
優しくて綺麗で美しい作品が観たくなったらまた観たいし、そういった作品を求めるひとには薦めたいと思った。
(こんなに文句言っておいて!?)

IVEにLOVE DIVE

IVEのインスタグラムアカウントをフォローしたくなった。
これはK-POPアイドルを見ては勝手にアイドル当人の凄まじい苦労と苦悩を連想してしまうようになった私にとって結構な大事件。



2作目にしてThis is IVEを確立。



IVEはIZ*ONE出身のウォニョンとユジンを擁するとのことで、
K-POPを追っていなくてもとても気になるグループだった。
けれどいざデビューしたら、びっくり。
現れたのは"IZ*ONEのウォニョンとユジンとその他4名"、ではなかった。
IVEはあまりにも「IVE」という6人組グループとして完成していた。



そしてこれは完全に私が日本人であることが大きいのだけれど、
なかでも個人的に日本人メンバーのレイちゃんがとにかく魅力的で興味を惹いた。
6人がそれぞれに独立した魅力を持っているのだけれど、レイちゃんの魅力は完全に私にぶっ刺さった。
ビーフェイスだけどミステリアスな目元や表情、それからは想像しがたいフィジカル。
喋っている姿などを見るとなんかどーーーーんとしていてたくましい感じがカッコいい。
そしてなんとレイちゃんは日本の90年代ギャル発祥のギャルピースをK-POPアイドル界隈で流行らせてしまった。
ところによるとレイピースと呼ぶ場合もあるらしい。



まってふたつめのリズちゃんとの写真もめちゃかわいい…


レイちゃんはギャルピしていない場合もラフな写真を撮る際にギャルを感じさせることが多いので、ナチュラル・ボーン・ギャルなんだと思う。
そんなレイちゃんはいまのところ黒髪前髪重めパッツン、みたいなザ・日本の女の子みたいなスタイリングを中心に施されているけれど、
それがしっかりとレイちゃんのビジュアルアイデンティティになっており、かつそれがシーンで受け入れられているのも嬉しかったりもする。
レイちゃんのことばかりになってしまった。




IVEの凄さは、こういったキャッチーで興味深い印象を6人全員ぶん持たせることに成功していること。
6人という人数構成はそういった作業にもしっかりと手を掛けるのだろうなと思ったりもする。資金も(やめれ)
(そういうときに私は"IVEになれなかった練習生がどれだけいたのだろうか"といちいち思いを馳せてしまうんですがね…)
…まぁそれも私がレイちゃんという個人に興味津々であるがゆえにレイちゃんまわりに対する解像度が上がっているだけなのかもしれないけど。たぶんそうだけど。


6人の確固たるキャラクターイメージが成立したうえで"IVEというグループとは"がデビューから2作連続でしっかりとこちらに届いているというのはとても凄いこと。
制作者と消費者が同じイメージを共有できているので売れているという事実は納得である。
6人の魅力が独特な楽曲イメージと綺麗に合致しており、唯一無二の世界観がそこには存在する。
なにより、IVEのメンバー6人が、いまされているディレクションをちゃんと楽しんでいるような気がすることが嬉しい。実際のところは知らんけど。
とても手寧につくられている印象のあるグループは見ていてすごく安心感がある。


この"しっかりと売れているという事実"は、私がIVEのことが好きだな~と気軽に思える一番大きな理由である。
もう、ブログタイトルどおりのひどいミーハーなのでこの人は売れているものが好きなんだなーって思ってもらって間違いないのですが、
K-POPウォッチから自ら離れたのは、ウォッチしていた間に悲しいことがありすぎたんですよ。
もともと私は「音楽が好き」というタイプではなかったので余計に。
本当にいろいろなことがあったけれど、一番ウッとなったのはとくにメディアで報じられることもなく、
"想像を絶するほどの凄まじい苦労と苦悩があっても売れなくて以下略"ということが当たり前にめちゃくちゃたくさん「ある」ということを、
わりと長く追った末に私自身がようやく「それ」に気が付いたということ。
なので、自分が素直に好き、かわいいと思うものが"しっかりと売れているという事実"は、穏やかな気持ちでコンテンツをウォッチできるという最大の理由です。



あまりに売れたデビュー曲「ELEVEN」を越えることは難しいのではと誰もが思っていたIVE、
2作目「LOVE DIVE」でこちらの予想を遥かに超えた強固なグループであることを示してくれました。
次はどういったアプローチなんだろうかと、こんなに楽しみなK-POPグループにまた出会えたのが嬉しいです。
心身ともに健康に、すくすく育ってくれ(重)

EXO Beyond LIVE - 2022 Debut Anniversary Fan Event in ライブストリーミング

EXO、デビュー10周年おめでとうございます。



私の脳裏にあるEXOが変わらぬままの姿で現れてくれて、
存在してくれていたことがすごく嬉しかったです。


脱退や兵役や契約終了など、変化がないわけではないけれど、
私のなかのEXOは、今日見たEXOそのままでした。


とても楽しかった~だってEXOですもの。
変わらないことのありがたさを思ってちょっと涙が出てきた。
EXOが大好きなEXOが好き。




ビヨンドライブは第一弾となったSuperM公演以来の視聴となりました。



ビヨンドライブはビヨンドライブでかなり進化を遂げており、
気が付いたらSMエンタ以外のアーティストもイベント配信を行っていたり、
今回初めてビヨンドライブのアプリなども導入されていることも知りました。


私がたんに知らなかっただけなんですけど、こういう「速さ」がK-POPは本当に、相変わらずすごい。
コロナ禍で逆にヨントンバブル現象が起きていたり逆に世界にリーチできる機会も増えているんですもんね。
今回のEXOの公演が有観客であったことや国内での対面ペンサが再開されていることもあり、
よりコロナ時代における国外へのアプローチの発達たるやたくましい…と改めて思いました。




日本人としては、ミューモで視聴チケットが購入できたのがすごく有難かった。



SMエンタ以外のビヨンドライブを知らないのでなんとも言えないけれど、
日本のレコード会社と提携しているとこういうところで発揮する部分もあるんだなと。
一番最初のスパエム公演は韓国のサイトで右往左往しながら視聴チケットを購入したので、
そういった意味でも進化を実感。
日本活動というものがこういうかたちで還元されるとは。




EXOに対しては、もうみんな幸せになってね、の気持ちだけです。
なのであまりいろいろと把握をできているわけではないのですが、
またライブ参加の機会があれば行きたいなという存在。
もう、本当に…過去記事では文句ばかり言っていて本当にごめんなさいなんですけれども…


本公演も開催直前に「やるんだ!?」みたいな超時差で知って即購入・視聴しました。
見なくてもいいかな…と思ったりもしたのだけれど、そこで見なきゃ後悔するかも、と思わせてくれるのがEXOです。


結果、ヨッひさしぶり~みたいな感じでジョインできてやっぱり私のなかでEXOってそういう存在なんだなと。
出演メンバーは5人だったけれど、そのメンバーが誰でもそうだと思う。



ベッキョンも一緒に見てたんだね~!


スホさんが例えていた通り、久しぶりのEXOとのカフェデートはほっこりまったりの時間。
シウちゃんが言及していたけれど、本国エリちゃんたちのマナー厳守が素晴らしかったです。


カイくんは早々に涙していたけれど、スホさんも一曲歌ったところで感極まっていました。
その一曲が『Peter Pan』というチョイスでね~。
EXOをずっと守ってきたセフンちゃんがMCこなしててすごかったです。
そしてギョンスがいるEXO。
たくさんの愛を伝えてくれたシウちゃん。


いちばんびっくりしたトピックは、EXOを一躍有名にした『ウルロン』が、
もしかしたらタイトル曲としてリリースされなかった世界線があったということ。



*1

これは…すごい話ですよね・・・・・・・・・・・・・




先日スホさんが除隊後初ソロカムバックしてそのあまりにもエイチツーオー!な清涼ボイスにひっくり返ったんですが、



EXOの歌声を久しぶりにしっかりと聴いて、やっぱりEXOすごいなってなりました。
SMの!ボーカル!EXOの!ボーカル!
ラストの曲はライブでお馴染みの『Lucky』で、よりEXOのイベントを体感することができたのも嬉しかった。




改めて、EXO、デビュー10周年おめでとうございます。
私は私なりの距離感でこれからもEXOを好きでいるのだと思います。
私の人生に関わってくれてありがとう。







*1:最近、ウルロンどころかEXOも知らない方もいるそうなので貼っておく!

<副音声上映> JO1 THE MOVIE『未完成』-Go to the TOP-

本当に観てよかった。



初めて副音声のある映画の上映を観たわけだけれど、本当に観てよかった。




JO1メンバー10人がいっせいに遠慮なく喋るので基本的にはめちゃくちゃうるさい(笑)
でも、それは別に嫌だとか耳障りというわけでなく、
その副音声の空気のJO1が好きだなと改めて感じたのでした。
そういった部分であまり好きとは思えなかった本編への気持ちが補完された気がする。


ただやっぱり本当に本当にうるさいので、通常上映を先に観ておくことはマスト。
本編の音声が聴き取れないくらいにはまじでうるさい(笑)
本編を知っているからこそ副音声も楽しめるというすごいシステム。
こんな商売の仕方があるんですね~、感心。
無料アプリだし上映とぴったりと連動するアプリのからくりがまったくわからない…


「うるさい」っていうのは「うるさい(笑)」なので、マスクの下ではメンバーと一緒に爆笑してました。
先週しかめっ面して観た映画を翌週にメンバーとわいわいしながら一緒に観れるだなんて。
本当に身体を揺らすくらい副音声が笑わせてくれたので、自分の笑い声が漏れちゃっていないかやや不安になったりも(笑)
いや、絶対に漏れていないはずなんだけど、本当に笑かしてくるので!信じられないくらいずっと口角上がってて!
基本的には笑い声が起こるような映画じゃないんですが!


本編でこういうのどうなんだろうかと思った部分を、一緒に観るJO1が音声をかき消す勢いで喋ること自体がフォローになるという皮肉。
感動的な演出よりも、そこに重なる当人たちの声こそがドキュメンタリーだし、いまのJO1の姿だと思いました。


そしてそんなJO1が私は好き。


こんなに素敵なグループになってくれて有難いし、
いまJO1を好きでいられることがやっぱり嬉しいです。


JO1 THE MOVIE『未完成』-Go to the TOP-

『無限大』と親和性の高い素敵なタイトル。



以下、普通に感想文なので嫌な予感がしたら自衛してください。
文句じゃなくて感想。(察してほしい)

続きを読む