ミーハーでごめんね

I AM LOWBROW, AND I'M SORRY.

SuperM - Beyond the Future in ライブストリーミング





エンターテイメントは私の心を救う。



#StayHomeに差し込んだ一筋の光。
こういったときにまっさきに削られてしまうのがエンターテイメントなのだと思い知らされる日々でした。


けれど、海を越えた隣国がその概念をぶち壊してくれた。
やろうと思えばできるし、それに触れたいと思えば触れることができる。

SuperMを皮切りに新ライブコンサートストリーミングサービス‘Beyond LIVE’がスタート!

4月26日(日)に行われるSuperMの公演を皮切りに新たな形のライブコンサートストリーミングサービス ‘Beyond LIVE’ の配信が決定しました!

‘Beyond LIVE’ とは無観客の中、今までにない技術を使った演出やデジタルペンライト、そしてオンライン上でアーティストとリアルタイムでコミュニケーションを取ることが出来る等、同時に全世界をつなぐ今までのライブ配信とは一味違ったものとなっています。

SuperM「SuperM We Are The Future Live in Japan」特設サイト


"「いつも」とはちょっと違う"けれど、
"「いつも」とはちょっと違うからこそ楽しめるエンターテイメントがある"ということを教えてくれました。




コロナで世界中が混沌としだしてからいったいどれくらいのスピードでこの企画が立ち上がり、実行までたどり着いたのか。
私は個人的には韓国という国の「スピード感」に違和感をおぼえることも多いけれど、今回はもう凄いとしか言いようがない。


イメージビジュアルをこの速さでつくりあげることができるそのパワーよ。




ライブイベントというものを配信を用いて「映像」で届けるということへ全振り。
ステージは360度仕様でカメワークも演出においておおきな役割を果たしました。
そしてそのステージを囲むように四方には世界中のファンがリアルタイムで映るモニターの壁が。
オンラインだからこそのファンとのコミュニケーションタイムや、
たっぷり感のあるメントなど、ファンミーティング的な趣も。


初めての試みということもあり、かなり手探り感が満載で見てるこちらもひやひやしたところはあったけれど、
いつまで続くかわからないこの状況のなかで、トライしてくれたこと自体が本当にありがたいのです。


なにより、こちらがそれなりの料金を支払って、サービスを提供した側が収益を得られるというのがいい。
ちゃんとビジネスとして成り立ってこそ、きょう在るべきエンターテイメントの姿だと思うから。




エンターテイメントにはまだまだ可能性があることがこうして証明されたいま、
この先、暗いことばかりではないと思わせてくれる配信でした。


「私はエスエムとは切れた」とかぼやいていたけれど、やっぱりエスエムすごいよ。
いつも文句ばっかり垂れていて本当にごめんなさい。


너무너무 감사합니다!




OPENING VCR
1.I can’t stand the rain
2.GTA (Taeyong)
3.Dream in a Dream(Ten)
4.New Heroes (Ten)
5.Move (Taemin)
6.Want (Taemin)
MENT-×Fans-
7.Super Car
8.Bass Go Boom (Lucas)
9.Betcha (Baekhyun)
10.UN Village (Baekhyun)
MENT-×Fans-
11.Highlight Medley spoiler 3Songs
12.Tiger
MENT
13.2 Fast
14.Baby Don’t Stop (TenYong×Ten)
15.Talk About (Mark)
16.Confession (Kai)
17.Spoiler (Kai)
VCR
18.No Manners
ENDING MENT
19.Jopping
ENDING VCR

ENCORE TALK