ミーハーでごめんね

I AM LOWBROW, AND I'M SORRY.

ブロードウェイ・ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』Season2 in IHIステージアラウンド東京(二回目)の、はずだった。



2020.02.27
「ウエスト・サイド・ストーリー」Season2 公演中止のお知らせ

平素より、IHIステージアラウンド東京をご利用いただき誠にありがとうございます。
昨日2/26の政府の見解を受け、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、
「ウエスト・サイド・ストーリー」Season2の残り13公演(2/28[金]〜3/10[火])を
全て休演させていただくことにいたしました。
なお、払戻し等の詳細につきましては、準備ができ次第、公式サイトにてお知らせいたします。
払戻しにはチケットが必要となりますので、お手元のチケットは大切に保管してください。

公演を楽しみにされていたお客様には大変申し訳ございませんが、
何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

主催 TBS/ディスクガレージ/ローソンエンタテインメント/電通/BS-TBS


WEST SIDE STORY Season2|TBSテレビ:IHI STAGE AROUND TOKYO

2回目の観劇予定の日でした。
「中止にしてほしい」と、口では言っていました。
でもいざ中止が決まれば悲しいし虚無だし、私という人間は本当にわがままです。




ちょうどつい一ヶ月前に観劇できたのは、ラッキーとしか言いようがないです。
以下の写真はそのときに撮ったものたち。



"2回観に行くことを前提としていた"とはいえ、
私の『ウエスト・サイド・ストーリー Season2』は結果的にはこの1回となりました。



雲ひとつない快晴でした。
ずいぶんと利用していなかったゆりかもめに揺られてちょっとした旅行気分でした。




舞台はどんなジャンルであれ、正直私にとっては敷居がめちゃくちゃ高いです。
そんな私をそこに連れて行ってくれるのはいつだって出演者です。


本作『ウエスト・サイド・ストーリー Season2』へは、
宮澤佐江ちゃんという私の唯一無二の推しが導いてくれました。
佐江ちゃんにはいろんな舞台に連れ出してもらっているけれど、
本作はぶっちぎりでこれまででいちばん好きなステージだなと思っていて、
本当に2回目の鑑賞を楽しみにしていました。


この投稿をInstagramで見る

WEST SIDE STORY〜Season2〜 . 何故かわからないけど1週間前から思い出写真を撮り始めていた私達。もちろんまだまだ足りないよ。もっとみんなと一緒にいたかった。ウエストの世界を楽しみたかった。アニータを生きたかった。マリーアを守りたかった。ナルドを愛し続けたかった。。 このような素晴らしい大作に携われたこと、本当に嬉しく思います。 心でお芝居をすること、役に魂を宿らせること、自信を持つこと、コミュニケーションをとること、努力を惜しまないこと、、いつもできていたと思っていたことをもう一度深く考えさせられました。 演出・振付をしてくれたフリオに出逢えたことは今年で30代に突入する私のターニングポイントになりました。フリオに出逢えてよかった。彼を信じ続けてよかった。心の恩人です。 大好きな仲間たち。先輩たち。みんなと同じ想いを共有できたことが幸せでした。皆みんな素晴らしかった。刺激受け放題だった。出逢えて、よかった。 もともと他のシーズンより公演日数も少なかった私たちですが、このような形で幕を下ろすことになってしまったことがもう伝説といっていいのではないでしょうか。 しっかりとシーズン3に繋げなかったことだけが悔しいけど…どうかこの想いが必ず届くと信じています。 . ご観劇して下さった皆様。本当にありがとうございました☺︎ お客様のパワーってやっぱり凄いな!って初日に感じ、最後の公演となってしまった日も凄くエネルギーを感じました。いっぱいの拍手と笑顔をありがとうございました。 ファンの皆も本当にありがとう。☺︎♡ . 言葉にしだすと止まらなくなって思い出しちゃうから、、、 思い出すとやりたくなって会いたくなっちゃうから、、、 だからもうやめます☺︎ 現実を受け入れる!!そしてマスクもしないで平和に生活できる日々が1日でも早く帰ってくることを願います。 . #ウエストサイドストーリー #シーズン2 #wss2 #アニータ #楽しかったー #幸せだったー #みんなありがとう #一生忘れない #本当は寂しくて悲しくて仕方ない😭 #biglove

宮澤佐江 Sae Miyazawa(@sae_3830)がシェアした投稿 -


けれど宮澤佐江ちゃんが自らの意思でいったん去った芸能界に戻ってきてくれて、
こんなにもWSSを通して芸能の人であることに歓びを感じている様子を垣間見ては、
それはそれで勝手に推しているファンとして嬉しいことこのうえないのです。


そうなんですよ、推しが芸能界にいるのは当たり前ではないので。
私にとって彼女は推しであるけれど、推しの人生は推しのものなので。
同じ時代に存在する人間同士だから。



"推し=いい景色を見せてもらいたいひと"、なのだけれど、
WSSで佐江ちゃんが見せてくれた景色はいままでで、いちばんの最高の景色だった。


だからこそ本当に悔やまれる。
いまはとにかくダメなんだ、と、自分自身に言い聞かせるしかない。




『ウエスト・サイド・ストーリー Season2』をもう一度この目で見たかった。
アニータをもう一度この目で見たかった。



初めて見るはずだったダブルキャスト勢も、
一ヶ月ぶりに見るはずだったアニータも、見ることは叶いませんでした。


だからこそ、より最初で最後の『ウエスト・サイド・ストーリー Season2』は、
きっとずっともっと私のなかではっきりとしたものとして残ると思います。
アニータはこれまで佐江ちゃんが演じたなかで最高のキャラクターです。




忘れてしまう気がしない。
たとえ忘れたとしても、思い出せるはず。



そういったステージに出会うことができた私は、やっぱりラッキーです。
ありがとう、『ウエスト・サイド・ストーリー Season2』。
できたら、またいつかどこかで。