ミーハーでごめんね

I AM LOWBROW, AND I'M SORRY.

初恋



三池崇史がカムバック!
と、三池崇史監督のファンの方々の興奮が伝わってくるここ最近でした。


『初恋』というシンプルすぎるタイトルと、
それに対してやや違和感のあるイメージビジュアルらからは、どういう作品なのかがちょっとよくわからなくて。
とりあえず気になっていたので予告映像を見てみたのですが、
その印象はというとポップに彩られた青春映画といった感じでした。
いやいやそんなはずはないと劇場に足を運んだわけですが、
これがなんとやっぱり私のなかでは青春映画を感じたのでした。びっくり。




個人的には普通に楽しく観れてしまった…という謎の虚無感が。
観終わった直後はちょっと悔しすぎて泣きそうでした…(どんだけ)
自分の「好き」と全部微妙にズレててほんまに悔しかったんす…




登場人物のキャラクターがど強い。愛した。



染谷将太演じる加瀬が私の大好きなぎゃんぎゃんうるさくてソーキュートな小物で最高でした。
キャストは間違いなくて、ビジュアルが完璧ならば中身も言わずもがなという裏切らなさ。みんなカッコよすぎ。
いやベッキーのジュリちゃん嫌いなひといないでしょ!?
あと個人的に三浦貴大が好きなのでヤクザのなかにぶち込んでくれたのはアガりました!
そしてまさかの矢島舞美…!モニカはやっぱりあっちゃんに似ている…!
大森南朋は本作のようなちょっと間の抜けた役の方が抜群に合ってると思います。



塩見さんがジャケットに東京五輪のピンバッチをつけてるのはめちゃくちゃシビレた!



ひとりひとりのキャラクターはキレキレなのだけれど、あまり映画が動かない、というか。
そりゃそうなんですよ、なんてったってメインキャストが勢ぞろいするメインイベントはたった一夜の出来事で、
この映画はその一晩をメインに据えたものだと思うから。
もちろん「そこ」だけじゃないのだけれど。
ただ、その一夜に至るまでの助走が個人的には足りなく感じられて、
あれよあれよという間に気がついたら私自身もそこにたどり着いてしまった感があります。
でも、それはそれでぜんぜん間違いとかじゃなくて。


で、まさにこちらと同じように、
あれよあれよとなにも知らず巻き込まれていったのが主人公のレオです。


窪田正孝演じたレオはそんな状況もあってか、濃すぎる登場人物のなかではやや異質。
いい意味でひとりだけ薄味な印象を受けました。主人公。
そんなレオは周りに振り回されてる様子ですらかき消されそうでちょっとハラハラしたりもしました。




この一夜に集結した全員が誰ひとり真実を知らないという状況で、
派手にドンパチやるのがおもしろかった。
手探りだけれどやらなきゃやられる。極道。


ただ、その一連のテンポ感がいまいち私には合わなかったんだろうなぁという感想です。
キャラクターはそれぞれ魅せてくれるけれど、あと少しなんかちょーだい!、という感じ。
ハイスピードなのにどこかもたついて見えてしまった。




予告映像で感じたポップさはほとんどなくて、
どちらかというとそれらはユーモアの方向に振り切っていたように思います。
コワモテな絵面なのに積極的にふふっと笑えるところが随所にあってそんな余裕な風がソークールでした。


「初恋」というタイトルの意味が意外なところで明らかになるのが良い。
とはいえ、それは私が勝手にそう思っているだけで、
シンボリックな「初恋」というタイトルをどこで感じるかは観るひとそれぞれに委ねられていると思います。
そういったふんわりしたところと、ドンパチキメてるところとのコントラストが綺麗。
で、またラストシーンで別の「初恋」を垣間見ることができたのも素敵だなと思いました。
あたたかくて優しかった。
とても柔らかい肌触りで幕を閉じたのはすごく意外で良かったです。




ところで、エンドロールのキャラクタービジュアルどっかーんはどうなんですかねあれは?
ちょっとびっくりしちゃった。