読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。PC版のサイドバーをちょこちょこ更新中。

EXO 第3集アルバム「EX'ACT」 ティーザーイメージ

祭りじゃ~~~!!!!!『EXO』のカムバックじゃ~~~!!!!!


6月9日にフルアルバム『EX'ACT』をリリース。
なんとなんと、ダブルタイトル曲でのカムバックだそうです。
そのタイトル曲はそれぞれ『Lucky One』・『Monster』と楽曲名が明かされています。


EXOお得意の暗号めいた謎解き風のティーザーが公開されたとおもいきや、
あれよあれよという間にメンバーの個人ティーザーイメージが一気に公開されました。




まず、6月2日の日中に公開された『Lucky One』と称されたティーザーイメージ。
以下、練られたであろう、掲載順に。











…ほへぇ~?
なんなんでしょうこの脱力感、肩透かし感。




私のツイッターのタイムラインは、


「最近のSMエンターテイメントって、ぜんぶ似たようなビジュアル路線じゃね?」


みたいな、反応でしたよね。
それも納得。




たんなるファッションポートレートにしては既視感がありすぎてリアクションがしづらい。
かといって、このあいだの『VIXX』『f(x)』のように被写体で直球勝負してる感じもしない。
わざとブサイク・わざとアンニュイなディレクションがわずらわしくもあり。
(ディティールを見ていくと写真の質感なんかは独特で、おもしろいんですけどね~)




でもね!!!!!今回はそこじゃない!!!!!(たぶん)




同日、夜に公開された『Monster』と称されたティーザーイメージ。











ざわっ。




『Monster』バージョンが公開されたとき、
先に公開されていた『Lucky One』バージョンとのギャップに、ざわっとなったでしょ?




その「ざわっ」っていうのが今回の狙いだと思う。




大なり小なり。


おそらく、"ダブルタイトルでカムバックする"ことへのアプローチなのでしょう。




ひとつひとつはとくにストーリー性も真新しさもないポートレートで、パワーがない。
けれど、9つをひとつにパッケージすることで、ふたつのコンセプトを比較しやすくしているのではないかと。
レイアウトのフォーマットが同じなのもそれを煽ります。


ただ、その途中の時点で「○○に似てる」、「○○っぽい」って言われちゃうのは、
明らかにディレクターの力不足だと思います。応答せよ、ミン・ヒジン。


「○○に似てる」、「○○っぽい」の元も、たどってみれば、
ミュージックビデオ、ステージパフォーマンスを経て、
それぞれしっかりとトータルで世界観が表現されているような印象を受けます。
まぁそれらが、致命的に、「似てる!!!!!似てるぞ!!!!!」っていうだけで。
(だめじゃん/(^o^)\)




今回のカムバックプロジェクトは、動画サービスと連動するそうで(よくわかってない←)、
とにかくティーザー類の公開が駆け足。
個人的にはもっと焦らしてほしいんだけどな~。


EXOに関しては、食指が動かなくなってきている感は否めないのですが、
いざカムバックとなれば、それなりに気になるし、楽しみだし。
興味津々な存在であることには変わりないのだと実感しております!たのむぞー!(なにが)