読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。PC版のサイドバーをちょこちょこ更新中。

第12回ハロプロ楽曲大賞2013

こちらはちゃんと開催されているものです!
第12回ハロプロ楽曲大賞2013


ハロプロに全然詳しくない私が参加していいものかと躊躇しましたが、

モーニング娘。およびハロー!プロジェクト所属アーティストが1年間に発表した曲をみんなで順位付けして楽しもうという催しです。

と、書かれていたので、お言葉に甘えて、ひっそりと参加させていただくことにしました。




■ 楽曲部門


1位 君さえ居れば何も要らない / モーニング娘。



2位 ロマンスの途中 / Juice=Juice



3位 A B C D E-cha E-chaしたい / モーニング娘。



4位 愛の軍団 / モーニング娘。



5位 私が言う前に抱きしめなきゃね (MEMORIAL EDIT) / Juice=Juice



"『モーニング娘。』と『Juice=Juice』しか知らないひと"みたいな結果になってしまいました。
あながち間違っていませんけど。
一応、新曲(タイトル曲)公開のタイミングで『Berryz工房』、『℃-ute』、『スマイレージ』あたりはゆるりとチェックしています。
なので原因はそれらとの圧倒的な(私と)楽曲との相性の悪さ。
ベリキュースマとは、本当に、びっくりするくらい曲が合わなかった。
去年までくらいは(たぶん)、どのグループにも「この曲、好き!」っていうような曲があったのですが、今年は全滅です。
音楽にあまり精通しているわけではないのですが、
力のかけられかたが明らかにモーニング娘。とJuice=Juiceに偏っていた気がします。
そんなこんなで上記のような結果になってしまいました。


『君さえ居れば何も要らない』:ぶっきらぼうなエレクトロサウンドから、じわじわと熱くなり、
気がつけばドラマッチックなつんく♂歌謡になって発せられる楽曲のパワーが格好良い。
『ロマンスの途中』:こちらにひとしきり書いたとおり。
『A B C D E-cha E-chaしたい』:ミュージックビデオがないからこそ、楽曲を直に感じられるところも大きいと思います。
疾走感のある、ちょっと懐かしチャラいEDMがアゲ曲好きにはどストライク!
れいなちゃんがいるからこその、トッポイ感じもキュート。
『愛の軍団』:パフォーマンスとの相乗効果もあり、活力をもらえる楽曲。
日本的なオケの旋律もクセになります。
『私が言う前に抱きしめなきゃね』:インディーズデビューのときはMVも含めてイマイチ受け付けなかったのですが、
『ロマンスの途中』を聴くようになってからクリアな質感の『(MEMORIAL EDIT)』ver.のMVを見て楽曲も好きになりました。
ビジュアルってやっぱり大事。(インディーズ版は安っぽすぎて…)
パラパラみたいなノリなのに切ない雰囲気を纏っていて、聴いていて不思議な感触があります。




■ MV部門


1位 都会の一人暮らし / ℃-ute

消去法です!これしかなかった!
クリーンな映像にグラフィックが折り重なってぎりぎりスタイリッシュな作品に仕上がっています。
メンバーが綺麗に撮れていてみんな可愛いです。
かなり低予算(定点・ワンカット)の『(Dance Shot Ver.)』も、リズミカルに踊るグラフィックが楽しい。


2位 ロマンスの途中
3位 Help me!! (Dance Shot Ver.)


『ロマンスの途中』については楽曲部門と同様にこちらに、
『Help me!! (Dance Shot Ver.)』についてはこちらに記しています。




■ 推しメン部門


工藤遥 / モーニング娘。


グループならば『℃-ute』を推したいのですが、
(℃-uteには本気でSHINeeの『Everybody』をコピーしてもらいたいと思っている)
個人となると、ハルちゃんかな、と。
"大人数グループのフォーメーションダンス"というスタイルにポテンシャルが隠れちゃっているのが勿体ない。
「もっと○○だったら…」などと、環境や境遇につい思いを馳せてしまう存在です。