ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

ブロードウェイミュージカル「ピーターパン」 in 東京国際フォーラム ホールC

ピーターパン????????


そうでしょうそうでしょう、自分でもびっくり。
まさかのホリプロ主催の伝統ミュージカル『ピーターパン』を観劇です。
今をときめく高畑充希が長年主演を務めていたあれです。




なぜかというと、




宮澤佐江ちゃんが出演しているから。




もう、私にとって宮澤佐江ちゃんは"推している「芸能人」"という存在を超えて、
"舞台を観る「理由」"という存在でもあるのです。





ホリプロさんには毎度、感謝感謝です。




今作『ピーターパン』、とってもとっても良かったです!


正直楽しめないかもしれないと不安だったのだけれど、
これまで観てきたどの舞台よりもしっかりとお客さんの心に届けよう!届けたい!、っていう想いがすごく伝わってきました。
演出も想像と違っていて前衛的(っていうと言いすぎ?)で意外すぎた!


開演前から複数のパフォーマーたちがピーターパンのストーリーが書かれている大きな本を読みながら客席通路をうろうろ。
そのパフォーマーの方々がイントロで世界観を完璧につくってくれたから、舞台の世界にすっと入っていけたのかもしれない。


ってか劇中、通路にめっちゃキャストさんがくる!!!!!
そして客席の子供たちとしっかりとコミュニケーションをとる!
私は通路席だったのでタイガー・リリー・佐江ちゃんにゼロ距離でキラキラ全開笑顔をいただいてしまいました!!!!!あざす!!!!!
あんなに近くでお顔を見たのは、はるか昔の握手会以来だったので、相変わらずの美人さんっぷりに思わず声が出た(笑)
佐江ちゃん、めちゃくちゃイキイキしていて楽しそうでした^^




今作でデビュー、主演の10代目ピーターパンを演じた吉柳咲良(きりゅうさくら)ちゃん、
いやはや、衝撃の、恐るべき13歳。
舞台度胸と、主役であることを堂々と楽しんでいる姿がとにかく眩しかった。
相当稽古したと思われる、だってお芝居も歌も本当にうまくて、身のこなしも映えていて、
それはまるで本当にピーターパンのようだったから。
少年の美しさや儚さもまるっと体現していた。圧巻。


そんなピーターパンの一挙一動が心に沁みる。
等身大のピーターパンの声や姿があまりにも澄んでいて、綺麗すぎて。
咲良ちゃんが演じるピーターパンのピーターパンっぷりに号泣してしまった。




素敵な素敵な舞台でした。
子供だけでなく、大人もぐっとくる演出だった。
子供にもわかる作品だけど、子供でなくなってしまった大人たちが昔持っていた子供の部分がすごく刺激されているようでたまらなかった。
逆にラストは、いままで"子供にもわかる"に配慮していた部分をバッサリ切り捨てていて、とてもクールだった。
神田沙也加先輩演じるウェンディの演技もさすがで、あのラストはたぶん大人たちがギュン!、ってなる。


ティンカーベルの表現も素晴らしかった。
そしてそれを含む光やシルエットなどの演出も素晴らしかった。
ところどころに使用される「本」というモチーフも効いていました。




ぼんやりとしか覚えてなかった『ピーターパン』のストーリーは、
あーこんな感じだっけってねぇっていう感じ。
そこはやっぱり子供が楽しむためにつくられたものなわけで。
それをここまでエンターテイメントに起こしたことは素直にすごいと思う。


やっぱり演出家の藤田俊太郎さんがすごいんだろうなぁ。
聞けばまだまだお若いのに第24回読売演劇大賞で優秀演出家賞を受賞だそうで。



そしてイケメン。(と、タイガー・リリー)


この若い才能が産み出したのがこの「新しい『ピーターパン』」だったんだろうなぁ。
すごく新しいものを見た感触があるもの。
公式ホームページにも「ビッグリニューアル」とアナウンスされているし。






そしてそして、我らが宮澤佐江のタイガー・リリー。


タイガー・リリーの宮澤佐江ちゃん、最高なんですけど!!!!!、というか、
タイガー・リリーが宮澤佐江ちゃんなんですけど!!!!!


たぶんこれまで舞台で演じたどの役よりも私の見たかった宮澤佐江だった。
抜群のスタイルから繰り出される存在感のあるしなやかでダイナミックなパフォーマンスは、
(超ミニのボトムスからお目見えする脚が長すぎる!美脚!そして小顔!)
そうそう!これが宮澤佐江だよ!と、思わせてくれるものだった。
そんな佐江ちゃんを見ることができて、すごく嬉しかった。


私は佐江ちゃんが舞台の仕事が決まるたびに「また舞台かよー」と、微妙な気持ちになっていたのだけれど、
こうしてステージでパフォーマンスする佐江ちゃんはほんとうに格好良くて、
今日あらためて、"舞台の上の宮澤佐江のパフォーマンス"を失うことは惜しいことなのだと思った。


ただ、やっぱり声がちょっと苦手(笑)推しなのに(笑)
声質だからどうにもならないんだろうけれど、今回はとくにカタコトのリリーには合わなすぎた(笑)
雄たけび(?)とかはすごく良かったんだけど。
発声はすごく良くなっていると思う。ただ、舞台の発声だとキンキンするのがちょっと苦手。
それが映像の演技だとトーンが落ち着いているから気にならないのだけれど。
ひやひやするカツゼツもなんとかなりませんかね。(これも映像だと気にならない)
クザリアーナの翼』で演じたコルリのような少年のような役ならとても合うんだけどなぁ。
女優として大成してほしいけど、この「才能」というステージパフォーマンスを失わずに女優として存在し続けるには、
やっぱりミュージカル作品は避けられないのかなぁ。歌もなぁ。弱いんだよなぁ。


佐江ちゃんのすごいところのひとつは、現れた瞬間、宮澤佐江という存在が消える役への憑依力だと思うのだけれど、
今回のタイガー・リリーは、現れたときにはすでに"宮澤佐江=タイガーリリー"だった。
もうなんか憑依とかじゃなくて完全にキャラクターと人間がシンクロしててそれはもうまったくそれが当たり前のようだった。


結論:宮澤佐江のタイガー・リリーは最高だった!!!!!
これが宮澤佐江なんじゃ!!!!!!!!






出演されているみなさん、演技のクオリティはさすがでした。
鶴見辰吾のフック船長とかまったく想像できなかったのだけれど、ちゃんと良かった。
メインキャスト陣は結構有名どころだったのだけれど、
なかでも個性派俳優でもある石井正則さんがぜんぜん目立っていなくてびっくりした。
名バイプレイヤーの久保田磨希さんなんかはすごくいいキーパーソン的な役割をもらっていて、舞台の演出の一部にさえにもなっていたのに。
石井さんの持っている個性も、もう少し活かせられればよかったのにと。


それは石井さんに限らずで、今作は世界観づくりはすごく良かったのだけれど、
そっちに徹していたのかキャラクターの印象がそれぞれ薄味で、惜しい。
もちろんタイガー・リリーも含めて。出番も多くなかったし(プチ文句)
素晴らしいピーターパンというキャラクターも世界観のうちの一部になっていた気がする。




私の座席は「ドリームシート」なるもので、客席の頭上を、ピーターパンが舞うのです!
とはいってもそれがあったのは最後の最後の一回だったんですけどね。
特典の劇中にも登場する「妖精の粉」も手に入れることができて嬉しい。(記念品大好き)




いやまじで最初は「『ピーターパン』かよ(笑)」なんて思っていました。
本当に本当にごめんなさい。


めちゃくちゃ良かったよピーターパン。
舐めちゃアカンよピーターパン。
泣きまくったよピーターパン。


私の知らない『ピーターパン』という作品が、目の前で繰り広げられていました。
それはとってもとっても楽しいひとときでした。




終演直後にも関わらず、ピーターパン役の吉柳咲良ちゃんはツーショット記念撮影会にいそしんでいました。
私は着ぐるみのフック船長と写真を撮ってもらったりしました(笑)




客層はほとんど子供(と親)!!!!!!!
しかも、まだゲーム機器で遊ぶ前くらいのちいさなお子さんがたくさん!
ロビーには様々な子供向けのコーナーが設けられており、いずれも大盛況。
グッズも子供向けのものが多かったり、


上演中も子供の声が聞こえてきたり(迷惑とかじゃないですよ!)新鮮な現場でした。
海賊が怖くて泣きだす子もいたりして(笑)
劇場内は、そういったことも計算のうちと言わんばかりの、まるっとあたたかい空間でした。




佐江ちゃん、タイガー・リリーを楽しんでね!

EXO 「Ko Ko Bop」

もうっ!


えくそちゃんのえっち!!!!!!!



というか、


えくそちゃんとえっち!!!!???(やめなさい)




いや、なんのハナシかといいますと、ズバリ歌詞のハナシで御座います。
そうです『EXO』がカムバックしましたよ~!


こちらから日本語訳を拝借させていただきました。

Shimmie shimmie Ko Ko Bop
I think I like it


緊張は down down
恥ずかしがらずに
慌ただしい心のなかに僕が入る
慣れたように優しく君に広がる


Ah woo 静かな夜だ
Ah woo 君のための夜だ


我慢できない落ちていく Yeah yeah
君の身ぶりに僕は酔う Yeah yeah


君が知っているありきたりな姿の僕を忘れて 今日
隠していた本能が Shimmie up


It goes down down baby
リズムに全身を
It goes down down baby
任せて叫んで Oh 僕ら Oh
We going Ko Ko Bop


Hey!


Shimmie shimmie Ko Ko Bop
I think I like it


少しずつ down down
照れないで


誰が何と言おうと君は気にしないで
今のままで美しいばかり
止まってくれたらと思う Baby are you down?


Ah woo 最後の夜だ
Ah woo 二人だけの夜だ


緊張しないでおいで Yeah yeah
君のすべてを僕にあずけて


だんだんとほどける手綱 もっと離して今日は
周りを気にしないで Shakin’ up


It goes down down baby
リズムに全身を
It goes down down baby
任せて叫んで Oh 僕ら Oh
Break it down now


Hey!


We go down now


(Listen!)


夜は深くなってもさらに輝く君
君のその瞳がすべてを僕に話す
気分の良い夜 君は求めている
知っている It’s ok さあ始めよう


Let’s go!
It’s about to go go


Down down baby
リズムに全身を
It goes down down baby
任せて叫んで Oh 僕ら Oh
Going Ko Ko Bop


Down down baby
リズムに全身を
It goes down down baby
任せて叫んで Oh 僕ら Oh
Going Ko Ko Bop

せんせー、リズムってどんなリズムですかー?
小生、えっちなことに関しては小学五年生男子レベルなので、
もうドゥグンドゥグンが止まらないよ!!!!!


こちらでは、

歌詞は運命的な戦争を控えた夜、リズムに合わせて踊って最後の夜を共にしようというメッセージを盛り込んだ。「It goes down down baby 任せて大声を張り上げて Oh 僕らは Oh Going Ko Ko Bop」という歌詞が中毒性がある。

な~~~んてスマートな解説されてるもんだからなおビックリだよ!


しかもこのどエロ歌詞、
チェン・チャニョル・ベッキョンの3人が作詞に参加しているとのこと。





いやもうなんか、


息子の部屋でエロ本見つけちゃったような!!!???


(突然の母親化)


いや~韓国語がわからなくてよかった!
歌詞がダイレクトに脳にきたら恥ずかしくて恥ずかしくて仕方がないと思う(笑)
そんな歌詞をビーグルちゃんたちがしたためたのかと思うと、かわいくてしょうがないです。
ビーグルたちの歌詞制作のドキュメンタリーはよ(迫真)




と、頭の中は「小五男子」と「母親」と「ヲタク」の私が三者三様にあらぶっていてカオス。
ぐぬぬ、えくそめ!




楽曲自体は、正直、ぜんぜん好みではないです。
ミュージックビデオも危惧したとおり
歌詞も歌詞だし、曲も曲だし、だからあえて幻夢的なビジュアルに仕上げたんだろうなぁと。
まぁそーゆーのも超ヒジンさんっぽいですよね、ホント。
シウちゃんとセフンのアヤシイ関係♡は美味しくいただきましたがね!ちゃっかり!


でもこの楽曲で攻める『EXO』の姿勢は、素直にカッコイイなーって思いました。
韓国で流行りのアーバンな雰囲気もあって、押さえるところをちゃんと押さえてる感じ。
いいじゃないですか、レゲエ・ポップ。
けれど、個人的には後輩『NCT』が、一貫して挑戦し続けているテイストにも聴こえる。
そう思うと、やっぱり"グループの時期"によってリリースする楽曲って大事だよねって。




とりあえず、『VIXX』のお兄さんたちの変態歌詞と勝負してほしい(謎)
ステージ活動もニタニタしながら見てしまうこと間違いなしです。すまん、許して。