ミーハーでごめんね

ミーハーでごめんね

I AM LOWBROW, AND I'M SORRY.

JO1 @ KCON:TACT 2020 SUMMER DAY 2 in ライブストリーミング



疲れた…とにかく疲れた……
それこそが私がいま"『JO1』のことを推している"という事実のようなものでした。


と~~~っても楽しかったけれど、同時に不安で心配で。
盛り上がっている中継画面を前にして微動だにせずずっと引きつり笑いをしていました…
終始息が止まるくらい緊張していて(どんだけ)のどがカラカラでした。


とにもかくにも青山テルマヌナにはほんまに感謝しかないっす。
テルマヌナほんまにほんまにありがとうございました…!



もはや客観性とかはすでに持ち合わせていないのですが、
JO1のファン(私)にとっては最高に楽しい1時間でした。
がっつり1時間という尺をまるっと与えられたこと、本当にありがたかったです。
まさかカバーパフォーマンスが見れるだなんて!


けれどどうしても人様の目が気になる1時間でもありました。


心から楽しむというよりは、ず~~~~っと心のなかで、
「これは日本以外のKCON視聴者には楽しめているのだろうか」、
「JO1に興味のない層にはどうやって受け止められているのだろうか」など、
人目が気になって仕方がなくて。


けれどそれは視聴している最中だけで、JO1のターンが終わったと同時に胸をなでおろし、
終わったー!みんなオツカレーーー!よかったよーーー!、みたいなともにやりっ切ったかのようなテンションに。(謎目線)




ビジュアルの仕上がりっぷりがすごかったですね~!



しかしここ数日の帽子着用はなんだったんですか…!?




生放送ミーグリのときのヒヤヒヤ感とは対照的に、
練習を積み重ねたであろうステージパフォーマンスは腰を据えて見ていました。


f:id:showeda:20200622004352j:plain


f:id:showeda:20200622004359j:plain



が。


照明なのかカメラワークなのか会場の内装なのか衣装なのか…全体的にやや見えづらくて。
う~ん、練習動画は明らかに「わかる」やつだったのでちょっと勿体なかったなと。


けれどそれも目に見えてわかるパフォーマンスの安定感がゆえ。
コロナによって韓国の特設ステージで披露することは叶わなかったけれど、
このパフォーマンスを今回とはまた違ったステージで見たかったなぁと心から思う、そんなパフォーマンスでした。




なによりこの状況下で、ひとつの場所に集う"『JO1』という「アイドル」の姿"をこうして見ることができたことがとても嬉しいです。


f:id:showeda:20200622004344j:plain


まだまだ続くよ、LET'S KCON 24/7










てか、JO1の運営さんは広報をもう少し頑張ってください。