ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

あゝ、荒野 前篇

ずっと楽しみにしていた映画『あゝ、荒野』。
都心での公開・上映からやや遅れたものの、観ることができました~。
寺山修司による原作は未読。


大好きな森山大道が撮影したイメージビジュアルが公開されたときから、
観たい観たいと思っていました。


アートディレクションは、

ここ最近の森山大道といえばの町口覚。


まぁ宣伝ビジュアルは、ザ・邦画!、なものになりましたけれどもね。
まぁ仕方がない。




まだ前編しか観ていないのでなんとも言えないのだけれど、
思ったより、かなり思ったより、すんなりと観てしまった。
すんなりと観ることができてしまった。


もっとケンカを売られるような作品(伝われ)だとばかり思っていたのでびっくり。
そういった、過度な期待があったので拍子抜けな感じは否めない。
ちゃんとエンタメしていた。鑑賞する側にやさしかった。
前編だけでも2時間半超えるのに、体感時間はあっという間だったし。




画もいいし、音もいいし、演出もいいし、ストーリーもいいし。
キャラクターもいいし、それを演じるキャストもいいし。
でもどこか都合よく、綺麗にまとまりすぎているのが違和感があった。
ウェブドラマとして配信している関係もあるのだろうけれど、
一本の物語としては、なんつーか心地よくぬるい。
その全体的に漂う心地よいぬるさが、
ストーリーや映像のソリッドさを軽減していたような気がしました。
だからこそすんなりと観れてしまったんだよなぁ。


キャラクターにあんまり魂や人間の核のようなものが感じられなかった。
う~ん、準備に時間がかけられなかったのかなと思わせるようなやっつけ感が。


ライトに観るのにはとってもラクだったのだけれど、
ちょっとそのラクさは望んだものではなかったかなぁと。




菅田将暉×ヤン・イクチュンのダブル主演。
ふたりが演じた新宿新次とバリカン建二、すっごく良かった。


菅田将暉は、つい先日、舞台『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』で見た、
"とあるカンパニーの「菅田将暉」"ではまったくなくて、
"映像作品でよく見かける「菅田将暉」"だった。
めっちゃ菅田将暉菅田将暉していた。
でも、この映画は菅田将暉じゃなきゃダメだっただろうし、
菅田将暉以外に(興行的にも)務められる若手俳優はいなかったと思う。
っていうか菅田将暉、なんか凄すぎる。
いつの間にこんなの撮ってたの案件ですよ、これ。
全裸のバックショットが結構あるので、綺麗でかわいいお尻を拝めます。ありがたや~。


ヤン・イクチュンさんの、
ガッチリした図体に相反するかのような、繊細すぎるキャラクター像の演技は最高でした。


ほかのキャストさんも味のある方ばかりで楽しかった。
それにしても、最近でんでんが単館系の映画にひっぱりだこすぎる。




濡れ場が多いのはおおいに結構なのだけれど、
濡れ場のシーンがあまりにテンポよく出てくるもんだから、
やっぱりドラマ仕様なのかなぁとかいろいろ思ってしまった。
そろそろ濡れ場くる?くる?濡れ場キターーーーーー!、みたいな(笑)




あっ、でも後編を観るのは素直に楽しみだし、
つまんなかった、とかではぜんぜんなくて。
だから、後編を観るのがだるいとか、そういうことはいっさい思わなかったです。
でもそういう風にサクっと前編を消化できちゃうってのは、
やっぱりちょっと予想外でした。