ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

TWICEの日本デビューで明らかになる?、「K-POPだから」の正体。

ついに!


ミサモ凱旋じゃ~~~~~!!!!!!!!


『TWICE』の日本デビューの足音が聞えてまいりました!
渋谷109には予告なくデカデカとポスターが貼られ、多くのひとがそれを目撃しております。




「K-POPだから」。




そうやってワクをつくって、
そのなかで「だから」好き・嫌い、と判断しているひとも多いと思います。
私もそのうちのひとりです。たぶん。




"「K-POPだから」という理由でK-POPを好んでいるひと"は、
当ブログではわーわー言っているビジュアルクリエションの精度の高さや、
日本のロリ文化と真反対の成熟した容姿のほかに、
なにより、歌唱・ダンスのレベルの高さに重きをおいている層が多い印象があります。


日本人メンバーがいるのに、なぜかTWICEには"日本人の女の子のアンチ"が目につきます。
それらの多くはたぶん自分が好きなK-POPボーイズアイドルと触れ合う機会を自分と同じ国籍の年齢の近い女の子が得ていることへの嫉妬から生まれているのだと思います。
オマケにそんな彼女たちがK-POPの本場でバカ売れしている事実も、そりゃ~アンチからしたらおもしろくないわな(笑)
そんな"TWICEをよく思わない日本人のファン"がここぞとばかりに指摘するのは、
歌唱・ダンスのスキルがほかのK-POPアイドルに比べて低いことです。


けれど「K-POPだから」、K-POPファンの多くには受け入れられている。
チャッチーな楽曲や振り付け・美しい容姿にも関わらず親しみやすい雰囲気は、
いま現在のK-POPシーンに新しい風を運んでいるのだと思われます。
もう、本国・韓国でめちゃくちゃ大人気。


「レベル」や「スキル」を擁するガールズグループは、日本のJ-POPシーンにはすでに存在しています。
(逆にTWICEのデビュー時には「"ニッポン・ギャル感"がちと強い」と記しています)
けれど、それらがいくらK-POPに似たビジュアルアプローチをしてもなかなかK-POPフォロワーには届きません。
それは単純に彼女たちが「K-POPだから」のワクに入らないからだと思います。
そのほかにもいくつか"K-POPをモチーフにした和製ガールズグループ"がつくられました。
それでも"K-POPをモチーフにした和製ガールズグループ"の評価は"K-POPをモチーフにした和製ガールズグループ"のそれにとどまりました。
そんなことからも、多くのK-POPファンは「K-POPだから」、K-POPが好きなんだろうなぁ、というのが個人的な雑感です。


間逆の反応、"「KPOPだから」という理由でK-POPが嫌いなひと"も、
もちろん、た~~~~~くさんいます。




そんななかでの、『TWICE』の日本進出。
どちらにしてもいままでに前例がないのが、やっぱり、




日本人メンバーがいる、しかも3人も。



ミ!!!!!



サ!!!!!



モ!!!!!


「ミサモ」こと、ミナちゃん・サナちゃん・モモちゃん。
彼女たちがキーだと思います。


"「KPOPだから」という理由でK-POPが嫌いなひと"たちが、
自分と同じ国籍・日本人のメンバーがいることにどういった反応をするのだろう。
反応うんぬんのまえに「K-POPだから」という理由で見向きもされないかもしれないけど。




いったい『TWICE』はどんな活動展開をしてくれるのだろうか。
接触イベントはやるのだろうか。イベントはやらずにリリースとライブに専念するのか。
はたしてTWICE=K-POPアイドルを日本活動をきっかけに好きになるひとはいま現在いるのだろうか。


新たな日本とK-POPのかけ橋であり、
日本のいま現在のK-POPの人気の度合いをはかれるのは、
日本人メンバーを3人も擁する"『TWICE』の日本活動"だと思うのです。
はたしてそこに「K-POPだから」は存在するのか。




私は以前、「K-POPだから」のなかでさらに「日本人だから」という身内意識で、
TWICEを熱心に応援する日本人ファンを不思議に思っていた時期
があります。
それらの反応に、同じ日本人である私自身のアイデンティティーのようなものがさわざわしたのです。
しだいにそれらは「慣れ」とともになくなっていったのですが。


『TWICE』の日本活動で、日本人でありK-POPファンの私の持つそれらに対する自意識が、
すご~~~~~く過剰になる気がします(笑)
そんなソワソワ感も含め、日本デビューを待ちたいと思います。