ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーだよ!

デイアンドナイト

作品の良し悪しや好みは抜きにして、私は支持したい。
こういう「意志」を持った映画は大事だし大切だし必要。
個人的にかなり疲れていたのだけれど、こういった作品を観ると元気出ますね!


ただオイオイオイ~っていう部分はめちゃくちゃあった。
第一につくってるひとたちが登場人物らのことを知らなすぎる感じが致命的だと思ったし、
いろんな事柄や事情に感して「そんな荒々しく土足で踏み込まなくてもよくない?」って、
悲しい気持ちになってしまった…
フィクションだけどさ…「フィクションだから」っていう理由であの感じになったのなら、
ますます悲しいな…


「つくりたい!」っていう意欲がすごいのはめちゃくちゃわかるし大切だし大事だけれど、
それと引き換えに肝心の「何をどう伝えるか」っていうところがずいぶん…青い…というか。
だから結果的に"考えさせられる"というよりは投げっぱなしにされた感があって、
そういうところも含めて青いなぁと。


おしゃれでセンスのいい演出とか、
綺麗でカッコいいカットとかもイイネイイネって感じだったけれど、
そっち以上に「内容」をもう少し頑張ってほしかった。
めちゃくちゃ泣いたけれど、「泣かされただけ」みたいなところがある。
いや、こんだけ文句言ってても私は泣くひとなんです。




企画・主演を務めた阿部進之介を含めて役者さんらがみんな顔がいい。いい男ばっかり。
最近の若手キラキライケメン俳優ブームがおなかいっぱいっていうひとにはおすすめしたい。


本当に、キャストがめちゃくちゃよかったです。
さすが、企画やプロデューサーを現役バリバリの俳優さんらがやってるだけあるなというか。
豪華だし、参加された役者さんは制作陣の心意気に惹かれた方もいるのでは。
なかでも清原果耶ちゃんのキャスティングは大正解としか言えない。


全体的に「これ以外ない」と思わせるキャストの布陣は、
個人的に惜しいと思った映画そのもののクオリティをぐっと上げていたように思います。
それにしても、なんかこういった作品で田中哲司さんと山中崇をよくお見かけする気がする。





私が観た劇場ではパンフレットが販売されておらず、
代わりに(?)配布されているチラシが置いてあって、そこに本作のキーパーソンの3人、

企画・主演:阿部進之介 × 監督:藤井道人 × プロデューサー:山田孝之

のインタビュー鼎談ががっつりめに掲載されていました。
公式ウェブサイトでもほぼ同じものが読めます。(ので以下抜粋・引用します。)

山田:
僕はそれまで映画のプロデュースをやったことがなかったけど、興味だけは昔からあったんです。ただ、プロデューサーとしての能力は何もないから、一緒に作ってゆく中で学ぶ形になってしまう。でも、影響力とか、人を集めることなら絶対に協力できると思って「プロデューサーとして入れてくれないか?」とお願いしました。ここがチャンスだなと。

「山田孝之がなんか映画つくったっぽくてそれに安藤政信が出てるみたい」
…っていうような経緯でこの映画の存在を知ったようなものなので、
山田孝之のこの意識や姿勢は本当に評価されるべきだし私は表彰したい。


ただ、鼎談を公開した宣伝担当の判断はどうだったんだろう。

阿部:
迷いまくったからこそ「これではない」ということは、確かにあったね。
藤井:
そうやって時間をかけて28稿くらいまで書き直した脚本の中で、最初からブレていないのは、主人公が<明石>という名前のキャラクターであることと、“昼と夜”や“善と悪”に対する二面性というテーマくらいですね。

この辺読んじゃうと「ど、どおりで…」と思っちゃうんですよ(笑)
個人的には若手クリエイターの制作ノート的なものへの興味より、
お金を払って作品を観ている意識の方がはるかにでかいので、
自分が「え?」って感じたことの「理由」がこうして宣伝文句的にも使われていると、
言い訳のように感じてしまうというか。
ハードル下げてねって言われているかのような。
逆に身内で上出来だと思ったからからこそこれを公開できると思ったんなら、
ちょっとカンに触る(笑)




主題歌は山田孝之からオファーを受けた野田洋次郎が手掛け、それを歌うのは歌手ではなく、
本作でのキーパーソン・清原果耶ちゃんが演じた奈々です。
(こういった表記の仕方もちょっとむずがゆいというか、若さゆえ感。)


なんやかんや好き勝手文句言ってて申し訳ないと思いつつ、
こうやって「表現したい」「つくりたい」っていう若い才能が存在することと、
それがちゃんとかたちになって世の中に放たれるということは、
本当に希望があって素晴らしいなと思います。
シネコンにのチラシラックから放たれる、
ただただ「お金を儲けるぞ~!」という意思の強さにがっくりする最近なので。


お金を払うぶん、文句は言うけれど(笑)、応援したいです。

映画 少年たち

ジャニーさん、平成最後にとんでもないものを…という感じ。
しかしこれはぜんぜん褒め言葉の意ではないです。


当方、舞台『少年たち』シリーズは観たことないどころか、
ジャニーズの現場に入ったことすらもありません。
入りたいけど入れない、ジャニーズ大帝国の壁の高さよ。




ジャニーさんが愛する「エンターテイメント」で、
ジャニーさんが愛する「少年たち」を描きたかったっていうのはものすごく伝わってきた。
ヒロムのLDH、ラブ・ドリーム・ハピネスである。


ただ、単純に趣味が悪い。
だから普通にちょっと観ていて気分が悪くなってくるというものだった。。うう。。




"ジャニーさんがやりたいことをやっているということ"自体が、
映画の内容よりはるかに大きな存在感を放っていて、それがとても息苦しかった。
目に見える「権力」にゾッとした。


ひとりの「えらいひと」がつくる作家性全開の作品は、好きなものもちゃんとある。
昨年観た映画『花筐/HANAGATAMI』なんかが典型的なそれ。大好きな作品です。
観る前は、最近ジャニーズいろいろ大変だし、ジャニーさんもつらいよね…とか、
ジャニーさんの愛するエンターテイメントの味方だよ!っていう気持ちだった。(誰)
しかし観た後は…YOUがこれだからあかんのでは…とか思ってしまった。。。




ど頭からすごくいい意味で「どうかしてるヤバい映画」全開で、期待もしたし、
素直に好きだと思うところもあったけれど、やっぱりどうしても圧倒的に趣味が悪い。
だから結果的にただただ支離滅裂で、それをエンターテイメントとして受け入れる度量は私にはなかった。


「どうかしてるヤバい映画」として、
美しくエンタメ史に刻まれる可能性だってめちゃくちゃあった作品だとも思う。
冒頭の長回し撮影によるパフォーマンスのカットは、
ララランドもびっくりの見応えのあるものだったし、実際びっくりした。


ただ、ジャニーさんは作品云々なんかより、
「自分のメッセージ」が最優先事項なんだなっていうのが嫌でもわかってしまう。
隠す気もない。というより、むしろそこもわかっていなきゃいけないような圧がしんどい。
だからそれに対して、趣味が悪いとか一瞬でも思っちゃったら、
ちょっと無理ですってなっちゃう。




マジレスが野暮なのは承知なのだけれど、「舞台」と「映画」は別物。
「舞台」は客席で空気ごと実際に触れることができるかのようにダイレクトに表現が届く。
でも、それをそのまま映像作品である「映画」にしたら、まったく同じ感動は得られない。
逆に、映像は映像だけにしかできない表現方法がたくさんあるはずで。


私自身は本作の舞台版を観たこともないけれど、
おそらくジャニーさんは映像化するにあたって"映像だからこそできることがある"という点についてはかなり無頓着だったのではないかと。
だから本作は、とてつもない私物感と時代錯誤感があって、
かといってそれがいい風に作用しているようには個人的には感じられなかった。




キャスト、ジェシーとひーくんのツートップ体制はすごく迫力があってよかったです。
あと駿足キャラのダテ様がめちゃカッコよくて、いちいちキャッとなった。


ただね…キャスト、基本的に全体的にどうしてどうして演技が下手だった。どうして。
これはあえての演技指導なのかと疑うレベルだったんだけど、あれはなんだったのか。
出演者らの演技はそれこそ他の作品でそこまでまともに見たことがないとはいえ、
それでも「いやいやきみたちもっと演技うまいはずだよね…?」と思える妙な違和感が。
ただ「下手」と切り捨てるのは間違ってる気がする不気味なクオリティだったんだけど、
そのへん、どうなってるんでしょうか…謎……


っていうか、岩本照くんと松村北斗くん、
このふたり、俳優としても重宝がられそうという感じがすごくしませんか。
そんなあなたにオススメしたい、テレビドラマ『SHARK』
主人公役を演じる平野紫耀が好きだったときに後追いで見ました。この平野は最高だった。

SHARK DVD-BOX(初回限定生産豪華版)

SHARK DVD-BOX(初回限定生産豪華版)

ひーくんと北斗くんが数いるジュニアのなかからメインキャストにピックされているうえに、
なんとバンドマン役なんですよ…大変だわ……
2014年の作品ですが、大丈夫!ふたりとも老け…大人っぽいので!
というかジャニーズドラマだけど、全体的に「俳優っぽい」メンツが集められているので、
当時ジャニーズ初心者だった私でもかなり(ビジュアル的な面で)楽しめたので是非是非。
キャスティングした方と気が合いすぎる。
本作ではふっかの奥さん役だった山下リオちゃんがガッツリヒロインだったりします。




閑話休題。


舞台版でいうところのおそらくショータイムパートであろうところはふんだんにあって、
それ自体はさすが現場を日々こなす現在のジャニーズJr.のトップ格のスノストが主軸になっているだけあって素直にカッコいいしおもしろいし、
「これがかの…!」というトンチキっぷりもそれはそれで楽しかったし、
思ったよりトンチキじゃないじゃんという部分は素で感心したりした。
関西ジャニーズJr.の室くんとか向井康二くん(当時)とかはふだんおどけてボケてツッこんで~ってやってるのにあのキメ方はえぐい。
ちなみに個人的に向井康二くんは"K-POPアイドルグループにぜったいひとりいる"ルックスの持ち主だと思ってます。


でもそれらのぶち込まれ方が、どうしても気持ちがよくない。
だからか、なんか見てて疲れるだけっていう感じがあった。本当に勿体無い。




『映画 少年たち』はそんなこんなだったけれど、
"ジャニーズのエンターテイメント"は、それはそれで大好きなんです。


少クラを視聴しなくなって少し経ったころ、
なんとジャニーズJr.のYouTubeチャンネルができて、
現場でしか知られていなかったジュニアのパフォーマンスもより身近になったわけですが、


スーツ衣装がデフォルトとか最高か。

最近のジャニーズJr.では圧倒的に『Travis Japan』が好きです。
アンコール明けでややバテ気味だけど、こちらの『夢のHollywood』もザ・トラジャで最高。
け~ぽペンのみなさん!トラジャはジャニーズでは前代未聞、倍速ダンスだってやりますよ!
トラジャは少クラ見てたときはそんなに興味ないしって感じだったので、
自分がいまトラジャのステージが好きとか自分でも意外すぎるんですけど。
でも少クラでも例えば"30秒くらいを割り当てられた時"とかの爆発力が怖いくらいすんごい。
『Travis Japan』というグループはジャニーズにしか存在し得ないグループだと思ってます。
「日本のアイドル」ならではの「日本のアイドルのショー」をやるチームというか。
華やかで耳馴染みのいいメロディーに乗った日本語歌詞は流して聴いているだけで沁みる。


『HiHi Jets』と『美 少年』も大好きなんだけど、
ここらは正直まだ、ステージを映像で一曲見るのもちとキツイ。
でも本作のフィナーレには彼らが配置されていてそういうとこだぞジャニーさん。



とはいえハイハイの猪狩部長作詞による紹介ラップは一見の価値アリですのでなにとぞ…!
はしりょ見てると爆モテDKになってみたい~~~って思います。
あと作間くんはユソノ。しかもふたりとも02ライン。(白目)


要するに、ジャニーズJr.は好きなんです。
まぁジュニアだけでもいろいろ…いろいろありすぎなんですけどもね。




映画については…ジャニーさん本当にごめんね……
本当に…ヒロムのLDH、わかってあげられなくて申し訳ないという気持ちです………




© 2010 ミーハーでごめんね