ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

VIXX 「Error」 カムバックステージ

どうしよ〜(涙)楽しめない〜(涙)、と、
トンデモミュージックビデオへのツッコミモードから抜け出せず、
イマイチ乗りきれていなかった『Error』活動ですが、が。



大丈夫、褒めるから!!!!!



ここにきて、この「ビクス哀歌」を切なく、力強く表現するお兄さんたちが、物凄く格好良く見えてきました。
っていうか格好良いよ!さすが、VIXXのお兄さんたちです!
ちょっと感動すらしますよ。





パフォーマンスがスルメ!
相変わらず、一回一回のステージを真剣に、真面目に、誠実に取り組んでいます。


いままでのようなキャッチーな振り付けではなく、どちらかというと薄味(VIXX比)の振り付けも、
スタイルバランスのイイ彼らが踊ることで繊細な印象すらもを受けます。
カジュアルすぎる衣装や薄いメイクも「サイボーグ」という超コンセプトとのギャップがあって、
今回はあくまで"「ストーリーテラー」としての表現力"で勝負しているのかなぁと。
そう解釈するとすごくしっくりくる。


(個人的に)ダンスより歌唱のほうが印象に残るのも、また彼らの新境地なのかもしれない。




これまでと違う印象を受けた一番の理由に"エンを一歩さげた"ところがあります。
これはあくまでも、いままでが"一歩前へ出ていた"ことが前提のお話なのだけれど。
彼のえげつない表現力がそうした配置の変化(6人しかいないのでそこまで「変化」した感じはしない)の影響で、
いつもパフォーマーとして先陣を切るエネネンの存在感が若干抑えられてるような気がする。
とはいえ与えられた見せ場ではしっかりと魅せてくれるわけですが。ありがたや〜。


けれど、それがVIXXのメンバー各々の表現をより平均化している印象で、
それらが束になって「表現」した今回はいままでとは違ったちょっと大人っぽい「表現」になっています。


もちろんエネネンのアイドルのそれとは思えないパフォーマンスが、
それらの後ろ盾の役割をしっかりと果たしているからかと思うけれど。





素顔の彼らはまるでほんわか家族のようなのです。




「サイボーグ」というコンセプトとそのMVの世界観にさっぱりハマれていなかったのですが、
MVでのそれをいったんかなぐり捨てて、改めてパフォーマンスという「表現」だけ見ると、
ココのチームは本当に強い!っていうか(私が)大好き!
そして改めてあのMVは私にとって大きな障壁だったのだなと(笑)


カムバック毎に、「VIXXはステージ重視で見なきゃ…!」と、MVはあんまり見ていなかった(←)のだけれど、
今回はあまりに私のツッコミのツボに入ってしまったがゆえ、なかなかMVのイメージから抜け切れず。
これからもVIXXはMVには要注意…!ひとつ勉強になりました(笑)