読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。PC版のサイドバーをちょこちょこ更新中。

アオイホノオ

ドラマ版の感想です。


…とはいえ、原作漫画『アオイホノオ』も好きで途中まで読んでいたんです。
(あくまで"途中まで"…なのでどこまで読んだのかも覚えていません…)




いや〜〜〜すっごい、よくぞ原作漫画の再現がここまでできたかと!!!!!




この作品の何がやっかいかって原作者の島本和彦先生が、
数々の漫画・アニメ作品に、愛を叫び、惜しみないリスペクトを注いでいるがゆえ、
それらが作中で入り乱れるのです。
よって、実写化するにあたっては著作権関係がまじで大変だったと思う。


でも、そんな島本先生の「愛」と「リスペクト」を継承するかのように、
監督・脚本を手掛けた福田雄一さんも実写化するうえで「愛」と「リスペクト」を込めたであろう会心の出来でした。
そしてそんな福田ワールドの人々(制作陣)も思いっきり楽しんでつくっているのが気持ちイイくらい伝わる。



島本先生のツイッターより。(最終回実況中)



原作漫画のテンションの高さ(すごいんですよこれが!)をあれだけ維持して映像化するなんて、
ちょっとやそっとの「愛」と「リスペクト」じゃなかなかできない。


その大半の部分を占めるのが、キャストの演技だと思うのですが、
まず、主人公・焔モユル(ホノオ モユル)を演じた柳楽優弥くんの演技がものっすっごい良かった!!!!!
島本漫画から飛び出してきたようなルックスの濃さのシンクロ率も素晴らしかったけれど、
何よりあのキレッキレの動き!!!全身全霊で演技していて見ていて単純に楽しませてもらいました!
柳楽くん、あんなにカラフルな演技をする役者さんになったのですね(感涙)
庵野ヒデアキを演じた安田顕さんはさすがのひとこと。
実際はもうイイ歳のおじさまなのに、見事に"大学生の庵野さん"を体現していました。
変態仮面』といい、福田作品との相性はバッチリです。
ヒロイン・とんこさんを演じた山本美月ちゃんも原作漫画そのまんまのイメージ。
一番ツボだったのは浦井健治さん(矢野ケンタロー)の演技。
イケメンが腹から声を出して劇画調で上から目線で喋るのってこんなにおもしろいのかと(笑)
間逆の演技の濱田岳くん(岡田トシオ)も強烈でした〜、凄い曲者感(笑)
その他にも、個性派俳優陣がガッチリガッチリ脇を固めて福田ワールドの完成度の高さに貢献します。


演出やセットなど「最小限」を「最大限」につかっていて良かったです。
だからこそインパクト大だったし、いちいちダイナミックで小気味イイ。


ストーリーそのものはいろいろはぐらかし〜の〜で進んでいくのであまり突き進んでいる感じはないのだけれど、
その間延びした感じからですら主人公のうつうつとした感じがにじみ出ているというか。
そんなこんなで妙に納得させられちゃうんですよね〜。


エンドロールでは毎回ドラマ制作過程における裏話をチラチラと見せてくれて、
それもなんだかこちらのものづくりにおけるアンテナを刺激する。
作中に登場した漫画の作家さんからのメッセージや、実際の作中作との比較、などなど。
なかでも面白いのがやっぱり登場人物のモデルのご本人のご登場!このひとが〜!、とテンション上がります!
最終回には島本先生も!


最終回は、まさか(私が)最終回だとは思っていなかったので唐突に終わっちゃった感じがしてただただ淋しい。
(ストーリーもそんな感じだったし)
けれど、とってもとっても楽しませてもらいました!