ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

「見逃した君たちへ2」〜AKB48グループ全公演〜〈 K6th「RESET」公演 〉 in ライブビューイング

AKBには公演があるんだよ!これは凄いことなんだよ!
AKBの公演はライブビューイングでも距離を感じないの。
もっと言ってしまえばPCの画面でもあまり距離を感じない、ただスケール感は劣るけど。
AKB48は距離を感じさせないコンテンツなんです。
いろいろなツールやイベントがあるにせよ、メンバーのライブ感が日々しっかりと伝わってくる。
こういったコンテンツをつくりあげたことは本当に凄いことなんだよってことです。


と、いうことで今年も『見逃した君たちへ』を映画館で鑑賞して参りました。
もうAKBはいいやって思ってるんだけど、佐江ちゃんを通して見えるAKBは色褪せることなく魅力的で、
それがダイレクトに伝わるのは公演だと思うのです。
いろいろと考えさせられる公演でした。


今回は宮澤佐江ちゃんを全力で褒めますよ!!!


いくじぇー!(東方神起の名残)




だいたい、いつもこういった催し物を佐江ちゃん目当てで観に行くと、
他のメンバーのパフォーマンスに衝撃を受けるんだけど今回はそんなこともなく。
今回に至っては佐江ちゃんがMVPです。
私が期待した水準以上のパフォーマンスをしていたのは宮澤佐江ちゃんだけでした。
みんなすごく綺麗になっていたし、ダンスもうまくなってた。
でも、ダンスがうまい=パフォーマンスが良い、という評価にはなりません。
去年『見逃した〜』でK6thを観たときはもっとギラギラしていて切磋琢磨が感じられた気がする。
長くやっている現行公演だからかなぁなぁに、ちょっと全体的にまあるくなってしまっているのかなぁ。
『毒蜘蛛』、『オケラ』、『夢の鐘』なんかはこれぞチームKと言わんばかりの素晴らしいパフォーマンスだったけれど、
やっぱり全編を通して見ると楽曲の力に助けられてるのかなぁと思ってしまったり。


秋元才加ちゃんは本当に美しくて、ふとしたときの表情のつくりかたは芸術的。
パフォーマンスはしっかりとやっている、という印象。でもそれ以上でもそれ以下でもなかったな。
アンコール前には才加ちゃんからマナーの悪いお客さんへの注意が。
盛り上げてくれて有難いと伝えながら誠意をこめて、親しみをこめて注意するというスッペシャルな注意でした。オカロ△
板野友美ちゃんは、もうあのアンニュイな感じがスタイルなんだろうねぇ。
要所にアクセントをつけながらこなしているように見えた。それも個性なんだろうけど。
去年と比べるとがむしゃらな感じが削がれていて残念。
梅田彩佳ちゃんのダンスは絶品です。パッと映るとハッとさせられる。
パフォーマンスの安定感も抜群で。…なんだけどやっぱりなにか足りない。もっと突き抜けて欲しいなー。
大島優子ちゃんは大島優子ちゃん。優子ちゃんらしく相変わらずの全力パフォーマンスを見せてくれたけれど、
ちんとも同様にギラギラした感じはなく。
藤江れいなちゃんは凄く良かった!踊れるのは当たり前としてパフォーマンスをしっかりしていました。
佐江ちゃんの次点は間違いなくれいにゃん。
髪を振り乱しての物憂げな表情なんかは凄く色気を感じたし、なにより、のびしろを感じました。
松井咲子ちゃんは去年の『見逃した〜』で良い印象があったんだけど、ちょっといろいろ惜しい。
まずはもっと姿勢を良くしたほうが良い。奥まった印象になってしまっていて勿体なかった。
峯岸みなみちゃんのパフォーマンスは初めてまともに観たときは驚いたんだけど、やっぱり停滞感が否めない。
もっと爆発できる気がするんだよね。ちょっと抑えてしまっているというか。


パフォーマンスののびしろ、という点では、れいにゃんとみぃちゃんだなぁと思う。
みぃちゃんはオリメンなのにまだ伸びると思わせるのは凄いよほんと(笑)
こういうメンバーのためにも定期的にポジションのスイッチをしてもいいと思うんだよね。
明らかにこなれてこなしてしまっているメンバーのためにも。
ちょっとねぇ、本当に残念だったの!全然ギラギラしてないんだもん!




さてここから宮澤佐江ちゃんを全力で褒めたいと思います!!!


今日は本当に佐江無双でした。
佐江ちゃんはギラギラ感を失ってないし、こなしている感じもしない。
むしろまだまだ高みにいこうとしている姿勢をしっかりと見せてくれました。
RESET公演を自分のものにしたうえでエンターテイメントとして披露してくれました。
ユニットセンターを務める『奇跡は間に合わない』をはじめ全編にわたって貫禄のステージング。
全ツの演出あれこれもそうだけど、何が彼女をそうさせるのか。
それは佐江ちゃんにしかわからないと思うし、才能というのかもしれない。
握手会やインタビューで聞けることでもないと思う。
ブログでの公演に関するエントリーはいつも熱の入ったもので、けれどそれを実感できる環境にいない私は
へーそうなんだ、くらいにか受け取れない。
でもこうやって他人(カメラ)越しだけれどパフォーマンスを目の当たりにすると書かれていた公演への想いが
嘘偽りのないものなんだなぁと実感することができます。推しててよかったなぁって心から思います。
それにしても綺麗になりましたよ!
パフォーマンスの要所要所で魅せてくれるその姿は美しい、以外には形容し難いです。
今回は可愛い、と思う瞬間はなかったなぁ。
綺麗、とか美しい、とか。佐江ちゃん大人の女性になりましたよ(涙)
旧Kの公演ではどんな宮澤佐江なのか、俄然興味がわいたよね、佐江ちゃんはいったいどうなっちゃうんだろーーー!!!


新曲『真夏のSounds good!』のチーム別披露ではまさかのフロントポジションで面食らう(笑)
センターが横山由依ちゃん、右が優子ちゃん、左が佐江ちゃんの3人がフロント。まぁあくまでチーム別での体制なんだけれど。
この憎い悪曲も佐江ちゃんを通すと良く聴こえてくる不思議(笑)
やっぱり佐江推しなんですね、私。