ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

ベイビー・ドライバー

私のなかで主人公・ベイビーは、「かわいそうな男の子」で終わってしまった。
だから、映画のあとの物語を知る由もない私にとっては、
ベイビーはずっと「かわいそうな男の子」なのだ。


そういうところがカンに障る作品だった。


実際に全体的にはポップだし、スタイリッシュだし。
(オリジナル版も日本版も、ピンクがキーカラーの宣伝ビジュアルもすごくイイ!)
あるときまではすごくおもしろかったし、楽しかった。
けれど、主人公・ベイビーが「かわいそうな男の子」にしか思えなくなったときから、
映画にうっすらとした不信感を抱くようになった。




おもしろかったし、楽しかった。(復唱)
でもそれは"ベイビーという「かわいそうな男の子」"をつくりあげて、
彼の「境遇」を人質に取ることで、より質のいいエンターテイメントづくりに生かそうとしているように思えてしまった。
そうなってくると、そういうのは好きじゃないなぁとなってしまうんです。
いろんな意味でしんどいなぁと感じてしまいました。


途中まではベイビーはクレイジーなキャラクターとしてポップな存在であったわけで。
けれどそれまで目にしていた「クレイジー」な部分は、
実はベイビーが「かわいそうな男の子」がゆえの副産物だったという。
シリアスのさじ加減があまりうまいと思えず、私にはそう映ってしまった。
かわいそう以外の「設定」もとてもユニークでおもしろいのだけれど、
それらを映画の都合に合わせて小出しにしてくるので、
キャラクターの「個性」としては弱く、もったいないなぁと。


カッコいいシーン、ハッピーなシーン、キュートなシーン。
思い返すほどにすでに(個人的に)変なフィルターがかかってしまっていて、
たった数分前のそれらすらも、私は奪われてしまったのかとちょっと唖然となった。




いや、すごく好きなシーンたくさんあったんですよ。
冒頭のカーチェイスののちのミュージカル映画のようなワンカットシーンはオープニングクレジットもソークール、
家で里親のジョーと一緒にベイビーが音楽に身を委ねる姿、
ベイビーがまるでそれこそ赤ちゃんが立った!、と思うかのようなデボラとの手探りな恋。
(それにしてはかなりグイグイだった)
ほかにも、たくさん、たくさん。


カーアクションを含むアクションシーンと、
本作のウリ(?)である音楽とのケミストリーは超最高だし、
アクションシーンに限らず、それぞれのシーンにあった性格の音楽が、
それぞれにしっかりきっちり当てられているので、
終始ノリよく観ることができました。


ベイビー(アンセル・エルゴート)はとても背が高いのに、
本当にさながら赤ちゃんのようにバブくて、
あまり似合わないサングラス姿(ちょうかわいい)と、
それらからは想像できない超絶ドライビングテクニック!、には悶えるほかない!
バディを演じたジョン・ハムさんは、私の好みど真ん中の素敵なオジサマでした♡




あのエンドでそこまで悲観的にならんでも!、と自分でも思うのだけれど。
ど終盤のベイビーのフォローの仕方はかなり陳腐で、
やっぱりベイビーは作品のために「かわいそうな男の子」としてつくられたのだと妙な納得をしてしまった。


そんな作品山ほどあるやん!、と自分でも思うのだけれど。
やっぱりつくり手の意識は明らかに明るいエンターテイメントのほうにあると思えてしまう点で、なんだか受け入れ難かった。




「映画」というものに裏切られたような感じで、ズタズタなんですけど。
それは作品とは別のところで、完全につくった側の意思と私が、
"合わなかった"というだけの話なのだけれど。


ま、泣いたけどね!(涙腺ガバガバ)

星空

ちょっとまって!
ボロ泣きしながら劇場から出たら係りのお姉さんにドン引きされたんだけど(笑)
ひどい~はずかしい~~~!


どアタマのナレーションからエンドロールが終わるまで泣きまくって、
めちゃくちゃ消耗しました、、、本当につかれた、、、、、
こんなに泣いたのいつぶりだろうっていうくらい涙が止まらなくて、、、、、




本作『星空』は、絵本が原作の台湾映画。
2011年に台湾で公開した映画が5年~6年?の時を経て日本での劇場公開に至ったとな。
なんと版権の所在が不明になっていたとかで。そんなことあるんすか。




台湾はアジアであって漢字が使われていて、原題の表記もズバリ『星空』。
そういったことも含めて、大まかな絵面は全然日本とは違うのだけれど、
日本人の私に細かいところが馴染みがあって。
そう、消しゴムとか。それはアジア人という登場人物の造形なんかも。


だからなのか、主人公の少女の痛みや喜びがごくごくすっとはいってきて、
かつ、映し出される字幕が文章として美しくて、主題歌の字幕ですら美しくて、
もうめちゃくちゃデリケートなところを鷲掴みされた感じ。
これは"日本の映画"では絶対に体験することはできない。”台湾の映画"だからこそ。
忘れていたし、忘れたかったし、忘れたくなかったことが、洪水のように溢れ出てきてたまらなかった。




とはいえ、ストーリーはかなりシンプルというかベタというか。
ラストとかおいおいって感じだし。
映像はとっても凝っていてさながらアートなカットも盛りだくさん。
けれど全体的にややちぐはぐな風はなきにしもあらずで、
ちょっと手づくり感があふれすぎではという感じではあったのだけれど。


あらゆるビジュアルからは、"オシャレなアジア"っていう身もふたもない印象を受けました。
主人公の家の内装は『アメリ』などを思い出させた、なんとなく。
赤が基調になっていたりすることも大きいと思う。
でも校舎の水色のカラーリングとかはアジア〜って感じで全体的にはオリエンタル。


もちろんシンメイ(シュー・チャオ)とユージエ(リン・フイミン)のふたりは、
めちゃくちゃにかわいい。


ベタがゆえの「ベタだから!」みたいな開き直りみたいな印象も。
容易に先読みできちゃったりするのも、「そこに感しては特に気にしてないから!」、みたいなサッパリ感(笑)


それでも見せ場の潔い展開や、少年のフェードアウトの仕方なんかはクールだと思ったし、
それらは夢うつつな雰囲気に急にリアルをぶつけてくるような冷ややかさもあり、
いっそうこちらの涙腺を煽った。


けれどどこまでが計算されたものなのかはわからない(笑)
そんなラフさも私は好きです。それにしても泣いた。