ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION

"『ハイロー』は「ストーリー」を求めてしまうのはダメなやつ"っていうのを、
ドラマシリーズから『HiGH&LOW THE MOVIE』(ザム1)を通して痛感していたのですが、
本作『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』(ザム3)が「ファイナル」ならば、
"あの"前作『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』(ザム2)の続きであっても、
完結するにあたり、絶対に「ストーリー」が必要なのは明らかなわけで。


だから、すごく不安だったんですよね~。
ザム2でブチ上がったハイローへのテンションが一気に下がってしまうのではないかと。
ぜんぜん期待できないうえに、単純に、ハイローが終わってしまうことを目の当たりにすることへのさみしさもあり。


と、勝手に不安がって観るのを延ばし延ばしにしていたのですが、ちゃんとおもしろかった!
これは本当に予想外すぎてびっくりしています!
画面縦分割の「「「コブラ!」」」のシーンは違う意味でびっくりしましたけど(笑)
刑事・西郷を演じた豊原功補さんが改めてすっごく格好良かったし!(ピンポイント)




先行公開されたビジュアルの斉藤洋介さんのインパクトが強すぎて、
斉藤洋介さんが出てくるたびに笑いをこらえるのに必死だった(笑)



そのインパクトたるや、公開されるやいなや「琥珀さんの背後霊説」、「妖精説」や、
「生コンを飲まされたコブラの変わり果てた姿説」など、大喜利が始まるほど(笑)




とはいえですよ。
正直、かなり消化不良だったりします。


っていうか、




ハイローってこういうのだっけ?




っていう。


ストーリー度外視の続編モノなだけに、
ザム3用に新装開店しすぎていてこれまでのハイローと個人的にぜんぜん繋がらなくて、
終始不思議な感じでした(笑)


ザム3はザム3で、まるっきり新しい"ある「ストーリー」"がひとつできていて、
そこにこれまで出てきた登場人物らが都合よく配置される様子には違和感しかなかったです。
一躍有名になった「琥珀さん」というキャラクターですら、
たんなるストーリーの駒でしかなかったよ!!!???
完全に琥珀さんてなんだっけ状態になってしまっていた・・・・・・・・
それにしても、コブラちゃんも琥珀さんもあんな喋り方だっけ?
ふたりが喋るたびにおかしくておかしくて。


せっかくの「ファイナル」という一区切りなのに、ぜんぜんハイローっぽくないというか。
これやるならハイローでなくてもいいんじゃんね…?、っていうくらい、
取って付けたような"ある「ストーリー」"でこのシリーズが締めくくられちゃって。
おいおい私の好きだったハイローの最後がこれかよ感。




やっぱりね、制作側に物語をちゃんとつくれるひとがいなかったのではと。
ハイローをちゃんと終わらせられるひとがいなかったんだろうなぁって。
そういったキャラクターやそれぞれの設定においても、
「最後」を想定しながらつくることができなかったんだろうなぁと。
ここにきて重要な役割を担った藤井夏恋ちゃんの演じたララとかめっちゃ浮いていたもん。
あれだけ啖呵を切っていた九龍グループのおじさまたちのフェードアウトもかなしい。。


たとえ、そういうこともちゃんと頭に入れてつくっていたのだとしても、




SWORDのみなさんはこれからどうすんの?




とか思ってしまう。


彼らのこれからの生活とか環境とか、そういうのがまったく「想像」できないというね。
どこもかしこもめちゃくちゃになっちゃったけど、それをまた立て直すようには思えないんですよ、SWORDのひとらは。
そういった映画が終わったあとの作品の世界がまったく感じられないんですよね。
私、思ったよりSWORDのことが好きだったみたいです。




ただ、「画」のカッコよさはさすがだし、エンタメとしては普通に楽しめました。
あ~~~でもな~~~もう少しががんばってほしかったな~~~~~~。

THE BOYZ 「Boy - 少年」

2017年のトリを飾るべく、ウワサの『THE BOYZ』がデビューしましたね。



デビュータイトル曲は『Boy(少年)』。
まんまグループコンセプトをまず楽曲名で推していくの、好きです。
ミュージックビデオはとにかく人数が多すぎて(12人だけどもっと多く見える…)、
メンバーについてはMVからなにも読み取れなかったのだけれど(笑)
それでも、群舞のカットを中心に畳みかけるような勢いのある映像からは、
「なんか!すごい!新しい!」っていうのが伝わってきて。


で、


曲がすっごい好き。


"ある時期の「K-POPアイドルの楽曲」"とは、明らかに違っていて、
トレンドの非アイドル楽曲に、アイドル楽曲でさえもややひっぱられているような、
2017年の終わりであるいまにしっかりと、ぴったりと馴染んでいるような。
それでいて、すごくメジャー感がある、カッコいい楽曲です。




これは、パフォーマンスがめっちゃ楽しみだな!、と、
久々に思えた新人グループ『THE BOYZ』。
年末の授賞式をはじめとするイベントがどんどんはじまっているさなか、
『ミュージックバンク』で音楽番組のデビューステージを披露したのでした。




で、それが、



…!




私は、キミたちを待っていたんだよ。




すげ~~~~~~~~!!!!!
なんじゃこりゃ!


もちろん、パフォーマンスは期待を超えた凄さだったのにもびっくりしたのだけれど、
なにより、『THE BOYZ』というアイドルグループが、選出されたメンバーたちが、
練習に練習を重ね、レッスンにレッスンを重ね、
この舞台をつくりあげた「ここ」に至るまで、と、いうのをすごく突きつけられました。


なんというか、『Wanna One』以降、
ようやく現れた「しっかりとつくった」グループのような気がする。
めちゃくちゃちゃんと売ろうとしている。
ブランディングとかマーケティングとか、とにもかくにもしっかりと戦略を練って丁寧につくられたグループのような気がする。
他の事務所ももちろんそういうつもりで毎回臨んでいるのだろうけれど、
今回はちょっと個人的には様子が違うように感じまして。
というか、これが(のちのち)売れないとだめだろK-POPアイドル!っていうくらい、
自分(私)のなかの「ザ・王道カッコイイ」をやる存在が現れたなと。




ワナワンは大好きです。
けれど、「ワナワン以降」のK-POPアイドルシーンは、
手っ取り早く儲かるビジネスモデルに侵され気味というか。
ワナワンは好きなのだけれど、"人間の「魅力」">>>"事務所の「企画」"という構図が、
新たなK-POPアイドルのメソッドとして産まれたことで、
私がかつて大好きだった、"コンセプトの殴り合い"・"クリエイティブの殴り合い"など、
K-POPアイドルシーンにおいていちばん楽しみにしていた部分の影が、
ずいぶんとうすくなってしまったなぁと思っていました。


こちらの記事には、
そういった現象をさみしく思う気持ちも含まれていたりします。



いまの流れにノれない私は、
これからはもうあんまりK-POPアイドルを楽しむことはできないのかなぁ、と、
ちょっと残念がってたんですけどね。


だからこそ、『THE BOYZ』という新しいグループの登場と、
『THE BOYZ』陣営の心意気に心底ほっとしました。
こういった「しっかりつくった」K-POPアイドルが、
ちゃんと誕生するのならこれからのK-POPもまだまだおもしろそうだわ~って。




デビュー前から話題になっていた、
メンバーの顔面偏差値の期待を大きく超えてきた『THE BOYZ』。
彼らはルックスだけの少年たちではなかった。すごい。
SMエンターテイメント出身の超腕利きスカウトマンのカン・ジョンア氏が、
かの大企業・LOENエンターテインメント様が新たにつくった『Cre.ker(クラッカー)』という芸能事務所に入社し、準備しただけのことはあるのですよ。
"エッセム(の目利き)×ロエン(の資金力)"って、
いま現在のアイドルシーンでこれができちゃうんだ!?、っていう。
すっかり存在感が弱くなってしまったように思えた"事務所の「企画」"の底力を、
どうだといわんばかりに見せつけられて、のけぞっております。




そして、前述した顔面偏差値の件。
「顔面」だけに関しては、パッと見だとかなりレベル高いわ~っていう感じなのだけれど、
正直、映像で見たときは、けっこう親しみやすいのかなとも思ったりしました。
でもね~!やっぱりパフォーマンスしているときは、めちゃくちゃみんながみんな格好良い!
まだメンバーがサッパリわかっていないので、「誰」が格好良い~とかはとくにないけれど、
『THE BOYZ』としての画が格好良い!、というか。


ちなみに、唯一知っているのは、チュ・ハクニョン。
そう、『Produce101 Season2』に出演していた"あの"ハンニョン!
ハンニョンがいなかったら『THE BOYZ』にここまで触れることはなかったと思います。
ハンニョンのお顔も整っているので、
整っている顔面だらけの『THE BOYZ』のなかにいると、判別できない(笑)



イケメンゲシュタルト崩壊/(^o^)\




まだ「メンバーを覚えたい!」という段階には至っていないのですが、
「覚えさせてやる!」くらいの活躍を期待しています!


2017年、キミたちに出会えてよかった。