読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。PC版のサイドバーをちょこちょこ更新中。

帝一の國(二回目)

一回目の鑑賞は撃沈しました。


・・・・・チーン。



映画『帝一の國』は局地的に大フィーバー。
流行りの応援上映まで行われるほど。


私はそんな「帝一フィーバー」に巻き込まれているひとたちが羨ましくてしかたがなかった。
同時に、すごく楽しみにしていたことが仇となって、
まっさらな状態で楽しめなかった自分が悲しくてくやしくてしかたがなかった。


私だって大鷹弾のファンクラブに入りたかった。
一緒にマイムマイムしたかった。




でも、叶わなかった。




なにより、一回目の鑑賞を終えたあと、
「帝一フィーバー」の謳い文句できらびやかにメディアを飾るメインキャストの6人すらもハナにつくようになってしまった。
あんなに彼らのわちゃわちゃが大好きだったのに。


それでも日々、帝一フィーバー民がフィーバーしているのを見かけるのは避けられなかった。
私もフィーバーしたかった。


それだけ本当に楽しみにしていたし、
観る前は本当に本当に楽しかったから。(どんだけ)




そんなもやもやを抱え、返り討ちにあうのを覚悟で二回目の鑑賞にいたった。
単純に、スッキリしたかった。




結果、




無事、和解することができました。




パチパチパチ。




感想は一回目に観たときとほぼ同じ。
変わったのは、美美子ちゃんに愛着がわきはじめたという点。
ほら、宣伝とかあの6人ばっかりじゃん?
だからいきなり美美子ちゃん出てくると誰やオマエみたいになるやん?


二回目に観た映画『帝一の國』は、私の過度な期待や過度な干渉などまるで関係なく、
ただ一本の映画作品としてそこにあった。
本当によかった。ほっとした。




超絶肩に力の入った超絶先入観を強いられた一回目の鑑賞とくらべて、
新たに見えることも多かった。
見えていたようで見えていなかったことがたくさんあった。
それはもちろんアラも含めて。
ストーリーがわかっているからこそ見えてくるものももちろんあったし。
すごく素直に観ることができた。
こちらが勝手に歪ませることなく、正規のものを観ることができた。


これでわたしも、正々堂々、大鷹弾のファンクラブに入会できるし、
マイムマイムにも参加できる。


ちまたの「帝一フィーバー」に眉をしかめることなく、
しっかりと作品と向き合えたような気がする。




エンターテイメントとの付き合い方って、いろいろあるんだなぁ。
とにかく二回目を観ることができて本当によかったです。



ようやくエンドロールが鳴る。

SEVENTEEN vs iKON

さてさて、ガチンコ勝負のゴングが鳴りにけり~~~!




ポストEXO?ポスト防弾少年団?
"SEVENTEEN vs iKON"!!!!!
"ネクスト・ボーイズ・デセ・アイドル対決"!!!!!




カンカンカンカン~~~~~~!


『SEVENTEEN』と『iKON』、ともにデビューは2015年!
決戦は5月22日に幕を開けたり~!




この勝負、興味深いのは、

"先にカムバック日を公開したのが『SEVENTEEN』である"ということ。


ミニアルバム4集『Al1』をリリース。
タイトル曲は『泣きたくない』





要するに、『iKON』がせぶちにぶつけてきたかたちになるんですよね。


シングルアルバム『NEW KIDS:BEGIN』のリリースをプロローグとし、
2017年は"『NEW KIDS』シリーズ"として続々新作を発表するそう。(ほんまかいな)
今回は『BLING BLING』『B-DAY』のダブルタイトル曲で出撃。




YGエンターテイメントさんのアイドルさんは、
「しんでも1位獲ってこいや!」と言わんばかりに、
自社のスペオキアイドルに関しては、強敵との対決をできる限り避けてきた印象があります。


『iKON』がスペオキドルだったと誰もが認識していたのはデビュー年の2015年。
次の年はまさかの兄弟グループ『WINNER』と同じく"日本活動へ集中する"とい道を余儀なくさせられました。
『WINNR』といえば、2017年にリリースしたオサレ楽曲の大ヒットで一気にその存在感をK-POPシーンに復活させましたが、
日本活動明けの2016年には、とにかく流れのはやいK-POP激流からあまり見向きされず苦戦。
2017年の復活は固定のファンからの支持ではなく、「楽曲」の評価がトレンドと合致していたように思います。


さて『iKON』はどうだろう。
日本活動は、本当に本当にがんばっていた。
K-POPシーンはいまだ根強いヒップホップ音楽の人気もあるものの、
最近はiKONのお得意なゴリゴリのものではなくてアーバンな雰囲気のものが流行っているような気がします。
そしてWINNERの二の舞ともいえぬ、空白の時間によるファン離れはいかほどなのか。




"最近のボーイズアイドルの三大人気グループは「EBS」"と見かけたことがあります。
「E」と「B」はご存知、『EXO』と『防弾少年団(BTS)』。
そして「S」は『SEVENTEEN』というではないですか。
すごい、せぶち、そんなに人気になっていたとは…!
そんなファンダムを擁するせぶちにガチンコ勝負を挑むのですよ、『iKON』は。


今回のせぶちはこちらから察するに「タイトル曲」そのものでは勝負しない印象を受けます。
いわゆる「人気」="アルバムという「作品」"で勝負のような気がします。
とはいえ何が売れるのかわからないのがけーぽ。
せぶちのタイトル曲だって、もしかしたらバズるかもしれません。


iKON側はせぶちに勝つには、空白の時間に伴った「人気」とともに、
「楽曲」のヒットが絶対条件となります。
(これは制作側も相当なプレッシャー…)


なんてったってこんなことになったのは、
そもそも"iKONがYGエンタのスペオキドルではなくなった"ことの表れだと思うのです。
それってめっちゃくやしくない?




『iKON』のBOBBYが『WINNER』のミノくんとコラボレーションユニットで活動した際、
当時、あまり話題にならなかったように感じたそれに対して、

このコラボレーションの成果が明らかになるのは、
次の『WINNER』・『iKON』それぞれのカムバック活動なのかもしれない。

と、記しました。『WINNER』はそれを見事に示してくれた。
かたや『iKON』よ、いまがそのときだ。




"勝負しない"(ように感じる)ことを選択した『SEVEENTEEN』だって負けていられない。
だってもう「韓国三大事務所」と呼ばれるSM・YG・JYPの事務所の壁を理由に負けるような時代ではないのだから。


それはいま現在『EXO』を追い抜く勢いの『防弾少年団』が証明しているのだから。


三大事務所に授賞式などでインチキされないためにも、ココで勝つことの意味はデカイ。
そして、非・三大事務所のアイドルグループの希望にもなりうると思うのです。


そして『EXO』のパスコードティーザーシリーズも真っ青の、
メンドクサイ凝ったティーザー攻勢からも、せぶち側の気合は伝わってきます。
いやいやいや、それがまったくこれまでのせぶちらしくなく壮大&壮大。新鮮。




と、いうわけでこの試合、
ノーガードの殴り合いが予想されます。


…。


おい。




TWICEのこと、わすれんじゃねーぞ?




そうなんです、すでに『VIXX』パイセンと同じく5月15日に、
ガールズ・デセ・アイドル・『TWICE』がひと足先にカムバックしております。



VIXXのお兄さんたちに関してはとにかくエールを送るのみ・涙


タイトル曲『SIGNAL』はアイドル楽曲としてはパンチやインパクトには欠けるけれど、
個人的にはクセになる日常的に聴きたい系の余裕のあるポップスで好き。餅ゴリおそるべし。


はたして、このボーイズグループ対決は『TWICE』の前に両者ともに散ってしまうのか!?
と、『TWICE』を舐めすぎだろ~!、と思いきやゴリラ社長の采配ミスでやや混乱した雰囲気もあるようなので、なんだかんだ読めない!
ファンもアンチからも巨大な反応がある『TWICE』というコンテンツはもはやチート。




次世代アイドルによってひさびさにK-POPシーンがおもしろくなりそうで、すっごく楽しみ!
両者とも、イイ試合を見せてくれよ?健闘を祈る!さぁ来い、5月22日!