ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

「見逃した君たちへ」〜AKB48グループ全公演〜〈 K3rd「脳内パラダイス」公演 〉 in ライブビューイング

前回の映画館鑑賞同様に相変わらず入り込むのに時間はかかったものの、とっても良いものを見せてもらいました。


旧Kの安定感は凄かったです。
逆に言うと、キュートでキャッチーな曲が続く前半は若干、こなしているように感じ取れる部分もあった。
ところがアンコール後、『花と散れ!』から『K2ndメドレー』のたたみかけるようながむしゃらで力いっぱいのパフォーマンスに鳥肌、
そこから『草原の奇跡』、ですからたまらないですよ。
凄い!もう少女達の弾丸でした。
「これがチームKだぞ!よく見ておけ!」っていうのがバシバシ伝わってくる。
みんなこれでもかというくらい身体動かして、拳突き上げて、いっぱい汗かいて。凄く良い顔してるんだよね〜。
慣れもあるんだろうけど口パクも全く気にならなかった。


個人的なMVPは増田有華ちゃん。
みんな良かった、よいうよりは「チームK」、良かった、という感じだったんだけど、
今日の有華ちゃん、というか現チームBで成長して帰ってきた有華ちゃんは、
表現力が頭ひとつ抜けていた印象。素晴らしかったです。


ユニットではそんな有華ちゃんのユニット、『MARIA』が凄かった。
『泣きながら微笑んで』からの流れでステージに3人が現れた瞬間、空気がはりつめました。
有華ちゃん、梅田彩佳ちゃん、河西智美ちゃん、3人のユニットとしての迫力と貫禄。
一気に曲の世界へと連れ去られました。


研究生もMCでは良い味出しつつ、一生懸命違和感なくついていっていたと思います。
鈴木紫帆里ちゃんはさすがで。一部の正規旧Kメンバーをひっぱるくらいダイナミックで目を引くパフォーマンス。
なんか羽ばたきそうでした(笑)、マジで。


やっぱり今日のハイライトはアンコールからラストにかけての息もつかせぬパフォーマンス。
もう皆ギラギラしてて一直線にそのままどこか行っちゃいそうな迫力で。


最後の最後の『Everyday、カチューシャ』はそんな公演のエンドロールにピッタリ。
良い意味で汗臭くて暑苦しい空気を一瞬にして爽やかで晴れやかに。
センターは河西智美ちゃん。会場、どよめきました。
でも、今まで見たエビカツの中で一番キュートなセンターだった。
エビカツみたいなポップでキャッチーな曲をあそこまで表現、体現できる、とも〜みちゃんは本当に凄いです。
とにかくとも〜みちゃんセンターのエビカツは一見の価値アリ!


さて、私の推しメン宮澤佐江ちゃんはというと。
割と落ち着いて公演にのぞんでいたかな?チームをまとめる柱として、非常に堂々としていたと思います。
パフォーマンスも期待を裏切らない、"これぞ宮澤佐江!"のパフォーマンスでした。


脳内パラダイス公演は、メンバーと一緒に汗かく公演。
RESET公演はもっとエンタメに特化しているから脳パラ公演とはベクトルが違う。どちらも好きですよ。
でも、脳パラのセットリスト、これはきっと染み込んでる人には堪らない公演なんでしょうね。


ただ、今日の公演を観て組閣は成功だったんだな、と改めて感じた部分はあります。
正直に言うと、見ていてドキドキワクワクさせられたのはRESET公演のほう。
ほとんどが大島・板野のツートップというのはどうかと思うけど、それでもその二人を中心に切磋琢磨がひしひしと感じられるから。


だからといって旧Kが悪いってわけでは決して無くて。
しっくりきすぎてるんですよね。それは長年の月日やその中であった切磋琢磨がつくりあげたものに他ならない。
それぞれのピースがピタッとはまっていてそれでそれが一丸となってパフォーマンスするわけですからこその抜群の安定感で。
"ぬるま湯"とまでは言わないけれど、個人の可能性を伸ばすためには組閣は成功だったな、と。
有華ちゃんや、とも〜みちゃんがしっかりと証明してくれました。


あー、生で見たかったなー。
自分のアングルで見たいよねー、当たり前なんだけどさー。
あー、映画館でもいいから4thも5thも見に行けば良かったよー。
だって近くで上映してるの知らなかったんだもーーーん。


余談。
前回のK6thと比べるとお客さんは少なめでおとなしめ。
大人の方が多かったのかな。前回はともちんとみぃちゃんがいたしね。
女の子が一生懸命にMIX、コールしてて微笑ましかったです。