読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。PC版のサイドバーをちょこちょこ更新中。

2NE1 「COME BACK HOME」/「CRUSH」 カムバックステージ

YGエンターテイメントの本気!の、えげつなさ!


『2NE1』が2月28日、正規2集アルバム『CRUSH』をリリースしました。
ひとつめのタイトル曲のミュージックビデオ公開などを経て、
音楽番組『人気歌謡』にて2NE1がカムバックステージを披露。




女戦士たちのご帰還じゃ(゚Д゚)ゴルァ!!!!!






か、かっけ〜〜〜!!!
これ、音楽番組ですよね…?


仰々しいシチュエーションに劣らぬ、凛々しい女たちの姿よ。
まるで漫画やゲームのキャラクターみたい。
現実世界からトリップできる中毒性のあるステージは圧巻のひとこと。




去年のシングルリリースでカムバックした"親しみやすい『2NE1』"はどこへやら。
(年末に発表した『懐かしみます(Missing You)』はそれはそれは素晴らしかったですが)
"カリスマオーラ全開の『2NE1』"の圧倒的な存在感には、ひれ伏すだけではなく、
\ついてこいやぁ!/と、そちらの世界へ手招きされているような感触すらあります。




ビジュアル面では先に公開された『COME BACK HOME』のMVは壮大すぎだし、
同時公開された『HAPPY』のMVもケバケバしいだけって感じで、いまいちピンときていませんでした。


ところが予想外の『COME BACK HOME』のスルメ曲っぷり!
最初は「自分には渋すぎる…」とちょっと(勝手に)がっかりしてしまっていたのですが、
聴いていくうちに哀愁のあるドラマチックな楽曲に、
味わい深い4人の歌唱がスッと溶けてなんとも心地良い、不思議な気分になるのです。
カムバックステージではそんな楽曲の世界観を「豪華セット」でお馴染みの『人気歌謡』で見事に再現。
一緒に披露されたメンバー・CLの自作曲『CRUSH』も思わず拳を振り上げたくなる強烈な曲。
メンバーもこちらを煽ってくれます。その見事な躍動感たるや。




改めて「4人組」っていいなぁ、と。
メンバーそれぞれが余すことなくしっかりとグループの柱になっていて、かつ洗練されている。
いち「佐江ヲタ」としてはぼうっと初期型『DiVA』のことを思い浮かべたりせずにはいられませんでした。




いったんはぐだぐだになったものの、
現在進行形の"K-POP、冬の陣・華の乱"・"少女時代 vs 2NE1"というビッグマッチ。
同日の『人気歌謡』には少女時代もミニアルバム4集『Mr.Mr.』を引っ提げ、
タイトル曲『Mr.Mr.』のカムバックステージ披露で出演。
いや〜華やかですね!他にも強豪たちも同時期にカムバック中です!激戦期!
そんななか、現段階では個人的に『2NE1』に一票!、という感じです。


もうひとつのタイトル曲『あなたじゃなきゃダメ(GOTTA BE YOU)』のビジュアル・パフォーマンスはこれから。
さらにこちらの息つく間もなく連日公開されていくワールドツアー『AON(ALL OR NOTHING)』のライブ映像。
そのどれもが見ごたえじゅうぶん。
もうお腹いっぱい\(^o^)/でももっと\(^o^)/
しばらくは2NE1に振り回される日々が続きそうです。