ミーハーでごめんね

I AM LOWBROW, AND I'M SORRY.

夢を見た。「PRODUCE X 101」、フィナーレ。




『PRODUCE X 101』が最終回を迎え、デビューメンバー11人が決定しました。
デビューグループの名前が『X1』(エックスワン)ってやばくない?
ひねってひねりすぎた結果なのか、まったくひねっていないというこの潔さ。大丈夫か。


個人的には、どうしてもずっと"活動期間5年"というのがひっかかっていて、
「どう視聴すればいいのかわからない」と思っていたことも、
メンバーが決まったこと、番組自体が終わったことで、かなり気分がすっきりしたといいますか。
もうね、決まっちまったもんは決まっちまったもんなんですよ。
活動期間は5年だし、『X1』というグループができて11人のメンバーは決まったんです。
そういった意味でも、もやもやが晴れた解放感も手伝ってか、いまひとりで祭り状態です!
デビューハイ的な?とにかくなんかずっとテンション高い!


はやく…はやく『X1』の集合写真が見たい…
てか5年もやったら絶対に日本でも活動するでしょ…
そしたらいまのカラカラに乾いた心のオアシスになってしまいそう…こわいよ~~~~!
だって想像で軽くハイタッチ会誰に並ぼうかなとか考えてみたら…いやほとんど…




というのも、わたくし、プエクはコン評新規みたいなところがありまして。
本当に、コンセプト評価までぜんぜん番組にハマれていなかったんです。
かさねがさね、単純に、コンセプト評価の楽曲が全部大好きだったんですよ。
あの『Season2』でさえも、う~んていう曲があったのに、本当にプエクは全部好きでした。



そこから私のプエクがようやく始まった感、あります。
そして韓国のアイドルコンテンツにおける楽曲の重要さを改めてものすごく実感しました。
聞いてるかワナワン陣営。


先に楽曲だけを聴いてみたら、イポイポ以外全部自分好みですごい!!!!!ってなって。
だから「その」イポイポは音だけではちょっとな…と思っていたのだけれど、
イポイポはステージがすごく好きだったんですよね。
こうして楽曲がイマイチなときはステージが押し上げてくれる…
それってアイドルでしか楽しめないことのひとつなのではと思います。


ということでプエクにまったく興味のないひとにもコンセプト評価の曲は聴いてほしい!
まずはとりあえずでもいいので曲を聴いてみてください!





そんなこんなのコン評新規だもんで、すでにプエクより『X1』の話をしたがっています…!
いま現在、ちょうどいい情報不足といいますか。
だからこれまでの軌跡よりもデビューグループのこれからが楽しみなんです。





生放送の最終回、ジェスン先生がティント塗ってましたね!(そこ)
デビュー評価ステージは、2組とも衣装・振り付けともに地味でびっくりしました…
ベクホくんの回転扉みたいな振り付け見たかったな()


順位発表は、とにかくドンピョがいなきゃ始まらないんだよ!!!!!の気持ちでした。
初っ端にカンミニが呼ばれて「いいじゃん!」となってからテンションはずっと高くて。
ハンギョルくんが呼ばれたときは、サッカーワールドカップで日本代表がゴール決めたレベルの声出て一気に喉枯れました(笑)
ちなみに"活動期間5年"ということを踏まえたうえでの1pickはドヒョンだったので、
MBK兄弟をありがとうございますという気持ちです!MBKを救ったな!
スンヨン先輩が呼ばれたときは、これスンヨン先輩苦労するやつではとよぎったけれど、
そのあとにスンウさんが呼ばれてアリスちゃんには申し訳ないと思いつつほっとしました。


でも今回も気づいたらやっぱり椅子がぜんぜん足りなかったわ。
入ってないメンバー多すぎじゃない!?
でも、選ばれたメンバーで落ちてほしい子なんていないし、
誰が呼ばれてもおめでとうっていう気持ちでした。


ただ、最終回でも「X」が…
ウンサン、最後には番組に弄ばれすぎてもう完全に心がシャットダウン状態だった…
あんな顔を18歳の男の子にさせるのは…エムネ…ちょっと悲しくなってしまいましたね。


ただそんなコン評新規ながら、
ものすごく冷静な別の私が、ユビンいなくてまじで大丈夫?ってずっと言ってます。
これはユビンの実力・歌唱力はもちろんだけれど、
バラエティ的にも映えるキャラは貴重だと思っていたので。
やっぱり欲を言うなら~~~ユビン欲しかった~~~!
メインダンサーのユンソンも欲しかった~~~~~~~~~。
個人的にユンソンのダンスは『EXO』のセフンに似ていると思っています。
逆(?)を言うと、スンヨン先輩が選ばれたがために、(私が)かなりハマってしまうのではという違った意味での危機感はある(?)




このキム・ミンギュのワンカット、すごかったです。
彼は、結局デビューメンバーには選ばれなかったけれど、
このワンカットだけで"『PRODUCE X 101』とは"みたいなものが伝わってくるというか。



私も彼についてはいろいろと思うことはあったけれど、
このワンカットで、ミンギュは『PRODUCE X 101』のアイコンのような存在だったのではと思わせられる。
文字どおりプエクの「顔」なのでは。
ビジュアルビジュアル言われて、その素晴らしいビジュアルが結果的に彼の足かせになってしまったときもあったかもしれないけれど、
彼ひとりのビジュアルだけでこれだけ番組を物語れるってちょっとすごくないですか。
ミンギュがこれからどうなるかわからないけれど、
とにかくミンギュのビジュアルは立派な才能のひとつだと思います。





最初のほうはぜんぜんハマっていなかったからこそなのだけれど、
いまは『PRODUCE X 101』は『X1』の壮大なティーザーだったのかな、とも思える。
なにせ"活動期間5年"ですから。
気分を害される方がいるとは思うのですが、これから長きにわたる活動において、
長きにわたった物語にそういった要素はないわけではないと思うんです。


プデュが既存のK-POPのヒットの概念を変えて「しまった」ような印象はあったけれど、
そう捉えれば、"そういったところ"もなんとなくだけれど、
はじめてちょっとだけ「わかった」ような気がしたというか。


そしてプデュというコンテンツのヒットのタイミングが、
『BTS』の世界的なヒットというK-POPの転換期に被っているっていうのがこれまた。





Produce101シリーズ第4弾となった『PRODUCE X 101』は、
国民プロデューサー代表を務めた俳優イ・ドンウクさんの話も欠かせません。


めちゃくちゃアイドルやプデュの勉強したんだろうなというのがとてもよくわかったし、
めちゃくちゃ真剣に国プ代表を務められていて本当に毎回感動ものでした。
プエクはドンウクさんの物語なんだろうかと錯覚するくらい、
回を追うごとにドンウクさんの熱量が上がっていったのがわかる。


各練習生に対する思い入れの増し方もすごくて。
もう終盤は愛のかたまりみたいな存在でしたね。
そういったやりすぎ気質の韓国のアイドル業界に染まっていない、
しっかりとした大人のひとがいたことに、どれだけの若い練習生が救われたことか。
漏れ聞く放送されていないエピソードなどからもそれらはじゅうぶんに伝わってきました。



正直番組で一番キャラが濃かった気がしなくもない(笑)
私がにわかがゆえに、練習生よりドンウクさんの印象のほうが強く残るようなこともよくあって。
「国プ代表」だからもっとクールなほうがいいんだろうけど、
ドンウクさんの愛と情と熱が番組を引っぱっていったようなところもあったと思います。
そしてそれはアイドルを知ってアイドルに魅了されるいつかの私の姿でもありました。


最終回は、早々に涙目で…何かの拍子にぶっ倒れちゃうんじゃないかって心配しましたよ。
ドンウクさん、たぶんいま世界中の誰よりきっとプエクロスに陥ってると思うので、
誰か側にいてあげてくださいっていうか私が行こうか?


…おいイスンギ聞いてるか。
いや本当にイスンギなんだったんだろうって毎回思ってましたね(とばっちり)





『PRODUCE X 101』に参加したみなさま、お疲れさまでした。ありがとうございました。
そして『X1』となった11人のメンバー、デビューおめでとうございます!
どハマリしそうでこわいので逃げてください!!!!!!