ミーハーでごめんね

I AM LOWBROW, AND I'M SORRY.

VIXX N Fanmeeting 2019 <A! Cha hakyeon> in Japan 夜公演 IN Zepp Tokyo




いまだに、なんで兵役があるのかぜんぜんわからない。
なんでエンくん(『VIXX』のN )が兵役に就かなければならないのかわからない。
彼らは「韓国の男として当然だ」と言うけれど、
やっぱりどうしても私は日本の女なのでわからない。
K-POPが好きになってから数年たつし、わからないことはたくさんあったけれど、
「兵役」に関しては自分なりにだけれどわかっていた"つもり"だった。
でもぜんぜんわかっていなかった。
いま、なんでエンくんが兵役に就かなければならないのか、わからない。


ハイタッチ会のあと、もう私は"『VIXX』のファン"としては完全にやりきっていて、
あとはメンバーがひとりの男性、ひとりの人間としていい感じに人生を歩んでくれればとずっと思っていて、もちろんそれはいまも変わらない。
ぶっちゃけ兵役結婚脱退解散なんでもこいやくらいでいた。大マジ。
だけど改めて「兵役」というものに直面すると、兵役というものがまったくわからないので、
彼らがそれによってどうなるのかということもまったくわからず、
すでに別れの挨拶は済ませていたつもりだったのに、
わからないものだから、それは嫌だって思ってしまう。
こればっかりはほんとうにわからないんだよ。




えねねんの入隊が発表されてから、基本的にあんまり気持ちが元気じゃなかった。
それとはぜんぜん関係のないことで疲れたりすると、
このことを思い出してより悲しくなったりしていた。


今回のファンミーティングも会場へ向かうため家を出るにあたってイヤイヤ病といいますか、
ワナワンのラスコン同様になんかよくわからんけど「行くのイヤだ~」ってなってた。
直前にこれを見ながら適当にシークバーを動かしてたらちょうど『別れの公式』に…ウッ。




1月26日、えねねんの入隊の知らせがあった。
そしてほぼ同時に神・某楽〇チケット様から本公演の受付募集のメールが送られてきており、
ぱっと見、公演の内容すらなんだかよくわからなかったけれど、
すでにそのときやや混乱していたということもあり、
いてもたってもいられなかったので、何かを考える前に「とりあえず」応募した。
私は本当にチケット会社様に助けられています。本当にありがとうございます。


私は「ファンミーティングってなんやねん」っていう人種でありまして。
遡れば、『EXO』の初来日イベントのグリパ
あれをファンミーティングというならば、あれ以来のファンミーティング参加だと思う。


とはいえ、グリパとはぜんぜんちがうものだと思うし、
本当に公演が始まるまで「ファンミーティングってなんやねん」っていうのはずっとあった。






ソウルからはじまったえねねんソロファンミーティング行脚のオーラス。
文字通り、"えねねんが「ファン」と「ミート」する"というものだった。
って、日本版のイメージポスターのフォントとレイアウト、どうしたんや。





公演中は心のなかで「これがファンミーティングっていうやつか!」というリアクションばかりしていて、
兵役やそれにまつわる感傷などはすっかり忘れていた。


それは公演が終わってからもあまりその状況にすらぴんとこないというか。
「…終わった?」みたいな。


いつものライブのあとのような興奮冷めやらぬ、という状態でもぜんぜんなくて、
とにかく「ファンミーティングに参加した自分」がそこにいた。
それだけが絶対に確かなことだった。





46億年ぶりに入った『Zepp Toyo』は、
指定席かつ私が二階席だったこともあり、思ったより広く感じた。
最下手だったけれど前に席がない、ほぼ最前列のような席だったし。
本当に、楽〇チケット様には足を向けて寝られない。


現れるえねねん。
日本語のうたを綺麗な声で歌いだす。
本当にきれいだった。
どうしてそんなきれいな日本語の歌を歌うの。
自分でつくった曲なんだって、『サボテン』。


ああ、これはVIXXの公演ではない、エンくんの公演なんだなって心底思った。




エンくんは日本語が達者なので、司会も特に設けず、
エンくんがひとりでしゃべりながら進行していった。
よくよく考えたらそれだけでもかなりすごい。


エンくんは「〇〇じゃん(ドヤ」をめっちゃ多用していたのがおもしろかったし、
相変わらず客席に対して好戦的な(?)煽るスタイルが最高だった。
控えめと言われがちな日本人のオーディエンスに声を出させる。
それらからはもっともっとコミュニケーションをとりたいという意志が伝わってきた。


そしてちょっとびっくりしたんですけど、エンくんが「〇〇ですよね?」って振ると、
みなさん「ネー!」ではなく!、「はーい!」って応えるんですけど!!!!????
これはびっくりでしょ。エンくんひとりの現場っていつもこうなんですかね?
これK-POPアイドルの現場ではかなり珍しいのでは。


通訳は根本さんかな?
エンくんは日本語で自身が伝えきれない部分だけを韓国語でしゃべり、
そこだけ根本さんが訳すスタイル。




今回のキーモチーフであるインスタグラムを用いてそれについておしゃべりするコーナー、
韓国が誇る舞踏家・Nの圧巻のステージパフォーマンス、
いかにもファンミーティングっぽい一階席限定(…)の練り歩きファンサタイムなど、
「ファンミーティングってなんやねん」だった私でもわかる超充実した内容だった。


そしてVIXXの公演では聴くことのできない、エンくんの歌唱をたっぷりと堪能できました。
本当に綺麗な声なんですよ、ありがとうソロファンミーティング。




大学院修了報告を親御さんよりはやく知らせてくれちゃった。いいんか。
今朝ちょうど修了報告証がとどいたらしく、さくっとインスタのノリで写真を見せてくれた。
っていうかえねねん、大学院生だったのか。




ゼップをナメすぎていたせいかライティングの演出が素晴らしくてびっくりした。
ライブハウスであのクオリティは100点満点でしょう。


合間合間に流れる映像もそれぞれすごくよかった。
そうか、えねねんは宿舎を出たのか。
逆にえねねん以外はまだ宿舎で暮らしているってすごくない?
えねねん宅に訪問したホンビンとヒョギはまぁわかるんだけど…LR、お前たちのことだぞ!
VIXXってやばくない?




↓ は、エンくんご本人念願のチャ・ハギョン個人のYouTubeのアカウントより、
本公演でも披露されたパフォーマンスの映像。
髪の毛が短くなっていたのもこの映像を先に見ていたから知っていた。



これがいままでのえねねんのステージとはちょっと違ったえねねんで、
ひじょーにセクシーでよかった(語彙力…)
これまでのえねねんのソロステージってあまり人間の「性」の部分を感じさせないステージが多かったように思う。
本作は、しっかりと男性性であるけれど表現のうえではフラットであるという絶妙さ。
もちろん存在としてとても美しく、けれどさっきまでぺちゃくちゃとおしゃべりしていたひととは思えない、そう「ひと」ではない。
この「ひとではないなにか」を演じることに関しては屈指だと思うのですが。
とにかくとっても素晴らしくて、やっぱり大好きです。




他の界隈のヲタクたちもこぞって「これはすごい!欲しい!」となっていたペンライトをはじめとする本公演のオリジナルグッズらもふくめ、
イベント全編にわたってエンくん自身が手をかけていて大切に用意してくれたイベントだったことがいまになって身に染みる。



世界一可愛い自慢のペンライト。


私はなんて幸せ者なんだろう。
エンくんは幸せだったかなぁ?




過去に"エンくんから五円玉が渡されるお見送り"があった衝撃事実は知っていたけれど、
今回もエンくんご本人によるお見送りがあることだけでもぶっ倒れ案件なのに、
その際にエンくんご本人から四葉のクローバーのカードをお渡ししていただきました。



まるでマネキンのように美しく、仏像のような笑みを浮かべて立っているエンくんに、
「健康で!」とだけ伝えました。
一瞬の出来事すぎてようやく目と目を合わせるだけでいっぱいいっぱいだったけれど、
何事もなかったかのようにどっしりとスッと立っている様子が余計にマネキンみを増長させ、
これが本当にさっきまであのステージに立っていたひとかな?と。




エンくんからカードを受け取り、会場の外に出ては呆然としていた。
感覚としては会場から「放り出された」ような気分だった。


なぜか会場前にはたくさんファンの方がなにかを待っていて。
そしたらスーツのお兄さんが「~~ならあちらですよ!」となぜか出待ちにファンを誘導してくれるという(笑)
夏のライブの公式出待ちだったり、今回の出待ちといい、これも公式なのか!?って(笑)
で、なにも考えられないすっからかんの頭で私もなんとなくその先に行ったんですけど、
そこにはもうすでにたくさんのファンの方がおり、それをスタッフさんがしっかり整備していて不思議な感じでした。
電車の時間もあったのでギリギリまで粘って待ったのち、会場裏から出てきたエンくん。
待っていたファンたちの前をすみからすみまでゆっくり歩いてくれていたようで、
背が低く、後ろのほうに埋もれていた私もそのお尊顔を見送ることができました。







公演の最後に、えねねんが目に涙をうかべながら「しあわせでいてください」と。
もうこんなに幸せな時間をもらっていて、それでもなおそんなこと言ってくれるんだよね。
参っちゃうよね。




いまは、本当に、文字通り「夢のような時間」を過ごしたあとで、
あの時間は本物だったんだろうかということと、
私がほぼ初めてのファンミーティングで、ちゃんと適応できていなかった自覚もあり、
本当になんというか…ぽっかりと…心にぽっかりと穴?のようなものが?


衝撃の事実としてはちょうど一週間後にえねねんは入隊します。
もっというと夜公演だったので「一週間以内」にはすでに入隊している、おかしいだろ。
そんな入隊一週間前のえねねんとミーティングしてしまったよ。なんかすごいよね。


…いや、やっぱりVIXXが兵役とかばかなんじゃないのって思うよ!?
けれど、そのなんともいえない入隊への現実感のなさは、
本公演に参加する前の不安で悲しくてどうしようもない気持ちより大きくて、
逆にすごく救われています。


入隊前に、最後にえねねんと「ミーティング」することができて本当によかった。
心から、ただただ健康でいてほしいです。






사랑해요.
#학연아_잘했어_수고했어_고마워