ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーだよ!

土曜ドラマ フェイクニュース

これ、近年稀に見る大傑作ドラマでは…?



凄かったわ!会心の一作だわ!
NHKが凄まじく本気でつくったのがめちゃくちゃ伝わってきたドラマだった!!!!!!!
受信料が!まっとうに使われているではないか!




(このドラマを見たあとに「時事ネタ」ということばを使うのはちと恥ずかしいけれど、)
「時事ネタ」の特盛でありながら、それらをもエンターテイメントに完璧に昇華していて、
それでおもっきしぶん殴られた。


その「エンターテイメント」がめちゃくちゃ高品質・高機能がゆえに殴られた衝撃が大きい。
けれど、殴られた傷も痛みも、すでにもう消えてしまった。
それこそが「インターネットの海」なのかもしれない。




なにより、「ドラマ」として、めちゃくちゃおもしろかった!
このドラマのなにが凄いってそれだと思うんですけど!
ドンデンガエシの応酬は、感動もの!オチが石油王というエンタメっぷり!感動!


一緒にドラマを見ていたSNSをいっさい利用していない父が、
「あの演説のところらへんでなんかよくわかんなくなったな~(笑)」って言ってたのがもうズバリそれなんですよすぎて。
そうなんですよ、そういうことなんですよ…!!!!!!




野木亜紀子さんが手掛けられたとのことで!
正直存じ上げませんでした!『逃げ恥』も貴女様の仕業だったのですね…!
とはいえ、ドラマはひとりでつくるものではないのは百も承知。
製作陣の皆様、本当に素晴らしいドラマをありがとう、2018。


【番組情報/スタッフ】
土曜ドラマ『フェイクニュース』


【放送予定】
2018年10月20日(土)前編 10月27日(土)後編
総合 土曜 よる9時から9時49分
再放送:木曜 午前1時から1時49分(水曜深夜)
【作】
野木亜紀子(「アンナチュラル」「逃げるは恥だが役に立つ」など)
【音楽】
牛尾憲輔 (映画「モリのいる場所」「サニー/32」「聲の形」など)
【出演】
北川景子 光石研 永山絢斗 矢本悠馬 金子大地 / 新井浩文 岩松了 杉本哲太 ほかの皆さん
【制作統括】
土屋勝裕
【プロデューサー】
北野拓
【演出】
前編:堀切園健太郎  後編:佐々木善春、堀切園健太郎


●スケジューラー/飯島真一 ●演出部/野口雄大・小田千裕・西浦茜・山口真由美・上野直人 ●演出部応援/深川貴志・水波圭太 ●制作部/金井洋亮・中村秀康・黛威久・池田勝・中村隆行・始関千鶴・高橋浩一郎 ●AP/山田由紀子 ●制作デスク/飯島多佳奈 ●放送事務/加藤佳恵 ●美術統括/丸山純也 ●美術/高橋泰代・古橋菜美子・島内蛍 ●美術コストマネージャー/吉川裕也 ●音響デザイン/山田正幸 ●編集/鈴木真一 ●記録/津崎昭子・武田朝子 ●番組広報/磯部めぐみ ●PR番組/水ノ江知丈 ●ポスター制作/山谷晃一・高尾裕司 ●権利情報/広石美帆子・田中和昌 ●編成リソース/関根智江 ●NOD/寺田由香 ●編成SHV事務局/大谷聡 ●台本印刷/木澤建夫 ●スチール撮影/高梨彰 ●技術統括/市川隆男 ●TD/佐々木喜昭 ●撮影/相馬和典・多胡晋一郎 ●撮影助手/森田曜・根来佑子・三浦佑太・中島佳城・古川智樹 ●照明/鈴木岳・村上憲次郎・工藤和也・市原伸・田部誠・岩本雄介・五十嵐武志・水本 富男 ・石川 大祐・佐藤 瞭 ●音声/濱納稔・佐藤幸信・中村進一・時岡範行・小田朝光 ●VE/佐々木盛俊・遠藤啄郎 ●ECS/関口寛子 ●VFX/オダイッセイ・影山達也 ●美術プロデューサー/佐藤浩 ●美術進行/小宮祐希・宮田晴菜・吉岡牧穂 ●装置進行/永渕一孝 ●大道具制作/金平裕之・吉田俊介・百瀬達夫・大森俊也 ●大道具操作/大野英寿・西田忠司・川邊泰彦 ●建具/菅野誠 ●造園/中林淳子 ●特殊効果/山口千波 ●小道具操作/大村充・松田英介・山本直樹 ●ミニチュア/細井純・川崎健一・橋本篤人 ●消え物・生花/落合生嗣 ●衣装/渋谷真里・渡邉陽之介・渡辺政光 ●持ち道具/蛇平あかね ●履物/山口憲一 ●メイク/渡辺昌晴・成瀬麗 ●車両/三浦宗則 ●法律考証/清水陽平・山脇康嗣 ●選挙考証/松田馨 ●危機管理考証/白井邦芳 ●ネットセキュリティ考証/石森大貴 ●ネットメディア考証/渡辺一樹・安藤健二 ●テコンドー指導/黄秀一 ●警察指導/尾﨑祐司 ●アクション指導/高槻祐士 ●ネット画面作成/遠藤眞一郎・樋口純一 ●ネット表現協力/藤田華子・岡本顕一郎 ●株価画面協力/村上誠典 ●取材協力/高野聖玄 ●撮影協力/帝京大学・前橋フィルムコミッション・鴻巣市・つくば市・つくばフィルムコミッション・いすみ外房フィルムコミッション


https://www.nhk.or.jp/dodra/fakenews/html_fakenews_midokoro.html