ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

VIXX 正規3集アルバム「EAU DE VIXX」/「Scentist - 香り」




えねねん、ガリガリすぎでは。




正規3集アルバム『EAU DE VIXX』をリリース、そしてカムバック。
相変わらずの被写体力でティーザーイメージは言わずもがな、素晴らしかった。



さすが、もはや安定のクオリティすぎる。




カムバックショーケースの際に、
『VIXX』は兵役や契約更新の話題に初めて触れた。



ことばがぐさぐさと刺さる。

「一段一段成長するグループだ。1度で音源チャート1位になったこともない」

「その代わり、しっかりとアルバムの準備をしてきた。そうやって7年目を迎えた」

「今回が最後のアルバムになるかもしれないと思った。朝、グッとくるものがあった」


それをめちゃくちゃ突きつけてくるのはエネネンのガリガリの身体である。
8キロも落としたらしい。元から細いのに。
彼ならではのしなやかなパフォーマンスは、「儚い」を通り越したものを感じてしまう。
ただでさえガタイがいいの揃いのグループのなかで舞う、そんなエネネンは、
ちょっと見てはいけないものを見ているような気になる。





タイトル曲は『Scentist(香り)』。
フォーマルルックを基調としたお衣装が最高。



そして「アルバムの準備を~」と言っているだけあって、
リード曲『My Valentine』も含めて見ると表現の幅の広さを感じられる。素敵だ。
個人的にはこちらのほうがいまの成熟したVIXXのお兄さんたちに、よく似合っていると思う。
椅子に座って挑発的に脚を組むエネネンはエマニエル夫人かな^^?



「軍隊に行くことは当然のことでしょう。自然な状況だ。僕が一番年上なので、最初に行くことになりそうだ」

なんか、ここまで直球でことばにされても、実はそんなに衝撃ではなくて、
ステージのうえのエネネンの姿のほうが、よりショッキングだったりする。




そしてそれは、私の大好きな「2012年デビュー組」が、
「そういう時期」であるということである。
けれど、それをまさかいま『VIXX』が口にするとは。


私、こんなに『VIXX』のことが好きだったんだなぁ、って実感する日々は、
これがなかなかしんどいものです。




今回のコンセプトはタイトル曲からお察し、「調香師」
けれど、いつものコンセプトゴリ推し系ではなくて、
わりとコンセンプトの輪郭はマイルドで、単純に、格好良いし、美しいし。



『Scentist』のミュージックビデオは、なるほど、いままでにはない感じ。


代わりにインパクトにはやや欠けるものの、先のインタビューである。
わかるよ、わかる。
いまの『VIXX』は「これ」なんだよね、わかったから。


ミュージックビデオやパフォーマンスより、「現実」というものの凄まじさを感じる。
そんなこんなで、作品がなかなか頭に入ってこない。


そういう圧を音楽番組で見かけてはしみじみと感じ、
ぼんやりと彼らに思いを馳せるのです。




"「コンセプトドル」といえば『VIXX』。"
そういった存在になっていたVIXXはカムバックに先立ち、
デビューから直近までのコンセプトの歴史を振り返るというビデオを公開した。



すごい、どんどん格好良く、美しくなっていっている…!


ファンとしては、完全に回顧モードに浸っては、
こんなにも成長を遂げた彼らを誇らしく思う。
だって、このあと昨年末の『桃源郷』のステージがバズって、



IOC総会の開会式でパフォーマンスしたんだよ?ヤバイ。


けれど、今回カムバックしてからというものの、

「今回が最後のアルバムになるかもしれないと思った。朝、グッとくるものがあった」

ことことばが頭のなかがぐるぐるとまわっている。