ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

探偵はBARにいる3

ケイコ!!!!!私はひとりの女性としてケイコが好きだよ!結婚したときはヲタ友を取られた気分でしょんぼりしたくらいには好きだよケイコ!!!!!!!!!!だがなケイコ!なんなんだあのへっぽこ演技は!!!!!むしろあんな演技できる女優さんいるんですかレベルのシロモノだったぞ!!!!!いや、私はケイコが好き!だから問いたい!なんでケイコにヒロインやらせたん?????もうかわいそうすぎて見ていられなかったよ?????あんなへっぽこ演技のヒロイン見たことないよ?????いや見たことあるかもだけど!少なくとも私の今現在の記憶では見たことがなかったよ!!!!!そして全体的にいろんな意味で細い!それがなんかキャラクターに合ってない!!!!!そして、そんじゅん!!!!!漫画から出てきちゃったような美少年中二キャラ!アリだよ!!!!!しかしめちゃくちゃ浮いてたよ!!!!!すげー見てて恥ずかしかったよ!!!!!あの手のキャラはうまくいけばツメ跡残すんだけど別の意味で記憶に残ってしまったよ!!!!!今回は作品がキミには合っていなかったようだ!!!!!実はケイコより悪目立ちしてた気がしていてならないよ!!!!!君たちは悪くない!!!!!美しく生まれたことに罪はない!!!!!ただ!!!!!ケイコはキャスティングがミスった!そんじゅんはキャラデザがミスった!君たちは!悪くない!!!!!!!!!!(ここまで一息)(ひとまずこれはこれでここに置いておいて)





いやちょっと待って私このシリーズ大好きだったんですけれども・・・・・・




ダッサ!




めっちゃダッサい!!!!!
ダッサダサだったよ!!!!!!!!!!


基本的にはちゃんとおもしろかったのだけれど、
重要っぽい部分のカットがダサすぎたり、展開がダサかったりとか・・・・・・・
スローの格闘シーンとかほんとなんだったのあれ、びっくりしちゃったよ・・・・・・・
なんかもう、こう。


このシリーズってコメディタッチとシリアスタッチの緩急が痛快で、
イコール「ダサかっこいい」みたいなところがあると思うのです。
それが、探偵(大泉洋)と高田(松田龍平)という最高のバディによって、
「かっこいい」に極まるっていう印象だったのですが、
なんつーか今回はふたりには手に負えないダサさというか。




設定がガバガバ。めちゃくちゃつくり手の都合がいい。
だからなのかストーリーがぼんやりしていたような気がする。
エンタメとしてじゅうぶんよく楽しませていただいたけれど、その分の代償がでかすぎた。
どうやら監督が変わったそうで。納得。


監督、ちゃんと撮りたいものは撮れましたか?
芸能界のしがらみとかお金の都合とか結構苦労したんじゃないですか?
くやしくないですか?(テレパシー)




なんだか文句ばっかり垂れていますけれども、それも好きがゆえ…!
東映のロゴドッカーンからのオープニングの雰囲気とか最高でしたよ。


いまなにが起きているのかすらもわからなくて、
主人公と一緒に手探りで暗闇のなかで右往左往する感じがとてもスリリングで、
こういったタイプの映画はかなり久々です。


このシリーズの地域密着型の映画づくりは、"「ひと」の手"をじかに感じられます。
今回はなんと札幌市長さんや日ハム・栗山英樹監督までご登場!
すごい!めちゃめちゃ地元のパワーを感じる!


風景とか、画でも(いい意味で)めちゃくちゃ推してくるので、
行ったことのない、見たことのない景色なのに、不思議と愛着がわくんですよね~。




1作目2作目と観ているのですが、
大好きなキャラクターたちにまた会えるっていうのが嬉しいです。
そんなキャラクターらを魅力的に演じるレギュラーキャストのみなさま、本当に大好き。


今回はあいにくあんまりハマらなかったのだけれど、
こと「楽しい」・「おもしろい」についてはおすみつきのシリーズだと思うので、
次回作があることを願いつつ、そのときはちゃんとハマりたいです。