ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION

"『ハイロー』は「ストーリー」を求めてしまうのはダメなやつ"っていうのを、
ドラマシリーズから『HiGH&LOW THE MOVIE』(ザム1)を通して痛感していたのですが、
本作『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』(ザム3)が「ファイナル」ならば、
"あの"前作『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』(ザム2)の続きであっても、
完結するにあたり、絶対に「ストーリー」が必要なのは明らかなわけで。


だから、すごく不安だったんですよね~。
ザム2でブチ上がったハイローへのテンションが一気に下がってしまうのではないかと。
ぜんぜん期待できないうえに、単純に、ハイローが終わってしまうことを目の当たりにすることへのさみしさもあり。


と、勝手に不安がって観るのを延ばし延ばしにしていたのですが、ちゃんとおもしろかった!
これは本当に予想外すぎてびっくりしています!
画面縦分割の「「「コブラ!」」」のシーンは違う意味でびっくりしましたけど(笑)
刑事・西郷を演じた豊原功補さんが改めてすっごく格好良かったし!(ピンポイント)




先行公開されたビジュアルの斉藤洋介さんのインパクトが強すぎて、
斉藤洋介さんが出てくるたびに笑いをこらえるのに必死だった(笑)



そのインパクトたるや、スチールが公開されると「琥珀さんの背後霊説」、「妖精説」や、
「生コンを飲まされたコブラの変わり果てた姿説」など、大喜利が始まるほど(笑)




とはいえですよ。
正直、かなり消化不良だったりします。


っていうか、




ハイローってこういうのだっけ?




っていう。


ストーリー度外視の続編モノなだけに、
ザム3用に新装開店しすぎていてこれまでのハイローと個人的にぜんぜん繋がらなくて、
終始不思議な感じでした(笑)


ザム3はザム3で、まるっきり新しい"ある「ストーリー」"がひとつできていて、
そこにこれまで出てきた登場人物らが都合よく配置される様子には違和感しかなかったです。
一躍有名になった「琥珀さん」というキャラクターですら、
たんなるストーリーの駒でしかなかったよ!!!???
完全に琥珀さんてなんだっけ状態になってしまっていた・・・・・・・・
それにしても、コブラちゃんも琥珀さんもあんな喋り方だっけ?
ふたりが喋るたびにおかしくておかしくて。


せっかくの「ファイナル」という一区切りなのに、ぜんぜんハイローっぽくないというか。
これやるならハイローでなくてもいいんじゃんね…?、っていうくらい、
取って付けたような"ある「ストーリー」"でこのシリーズが締めくくられちゃって。
おいおい私の好きだったハイローの最後がこれかよ感。




やっぱりね、制作側に物語をちゃんとつくれるひとがいなかったのではと。
ハイローをちゃんと終わらせられるひとがいなかったんだろうなぁって。
そういったキャラクターやそれぞれの設定においても、
「最後」を想定しながらつくることができなかったんだろうなぁと。
ここにきて重要な役割を担った藤井夏恋ちゃんの演じたララとかめっちゃ浮いていたもん。
あれだけ啖呵を切っていた九龍グループのおじさまたちのフェードアウトもかなしい。。


たとえ、そういうこともちゃんと頭に入れてつくっていたのだとしても、




SWORDのみなさんはこれからどうすんの?




とか思ってしまう。


彼らのこれからの生活とか環境とか、そういうのがまったく「想像」できないというね。
どこもかしこもめちゃくちゃになっちゃったけど、それをまた立て直すようには思えないんですよ、SWORDのひとらは。
そういった映画が終わったあとの作品の世界がまったく感じられないんですよね。
私、思ったよりSWORDのことが好きだったみたいです。




ただ、「画」のカッコよさはさすがだし、エンタメとしては普通に楽しめました。
あ~~~でもな~~~もう少しががんばってほしかったな~~~~~~。