ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

東京女子流 体育会実行委員会が今年も仕掛ける!~avexネクストジェネレーションパーク in 東海大学湘南校舎 2号館

いまや本国・韓国でデセドルとして華麗に復活した『NU'EST』。
そんな彼らのステージを見た3年前と同じ大学の建学祭へ行ってきました。
だって今年は、あの『東京女子流』がライブをするというのです。


『東京女子流』というグループに対しては、
もっと売れるべき!!!!!と、一時期声を大にしていました。
大好きだった"ガールズ・ダンス&ボーカルグループ"。


2013年に初めてフリーライブを観覧しました。
そのときに感じた"クオリティの水準は高いのに歌唱がついていっていない"という課題のようなものは、
約1年後の2014年には(動画を見る限りでは)すっかりクリアされており、

これ、いま売れなくてどうすんの!?

と、やきもきするぐらいには、地味に見守っていました。

拝啓エイベックスさま。
ここまで手塩にかけて育てたのだから、あとは「タイミング」だと思うのです。
"機を逃す"ということだけは、どうかどうかありませんように。

と、願うほどに。


ところが。
「アーティスト宣言」とそれに伴う楽曲の傾向の変化や、
あぁちゃんこと小西彩乃ちゃんの脱退により、気持ちが離れていきました。
つい最近の「アーティスト宣言撤回」については冷たい視線を送ってしまっていました。




そんな『東京女子流』が。
近所の学園祭に来るんですって。


ふらっと会場に着いたときは、もう女子流ちゃん以外の出演者の出番は終わっており、
ものすごくタイミングよく、席についたとたんに彼女たちはステージに登場しました。




いまの『東京女子流』を見ました。
約4年ぶりの女子流ちゃん。
あぁちゃんのいない女子流ちゃん。



私の知っている『東京女子流』じゃなかった。
ぜんぜん違うグループになっていた。
でも披露された楽曲のなかには大好きだったあの曲もその曲もあった。
だからなんか、不思議な感じ。


"謎の少女たちが謎にクオリティの高い楽曲を披露する"っていうのが、
めちゃくちゃ格好良かったあの頃ではもうなくて。
楽曲の年相応になった彼女たちは全体のバランスが良すぎて、
なんだか本当に初めて知ったグループみたいだった。




あぁちゃんの歌声を知ってしまっているので、
いまの彼女たちのエイベックス・アイドル歌唱のハーモニーと、
楽曲のトーンとのちぐはぐさが気になってしまいました。


だからこそ、あぁちゃんの声が、圧倒的に足りない。


昔のヒット曲を歌うも、当人たちが歌っているにも関わらず、
モノマネみたいに感じられてしまった。
だって、そこにあぁちゃんの声がないんだもん。
あぁちゃんの声がない女子流の楽曲たちは、私の知らない女子流の楽曲だった。


とはいえ、楽曲全体のクオリティはさすが「アーティスト宣言」しただけあって、
他の日本のアイドルにはない格好良いラインナップ。
こういう曲が自分たちの楽曲であることはきっと誇らしいことだと思う。




みんなすっかりお姉さんになっていて、
落ち着き具合がハンパなくてめっちゃ貫禄があった。
なによりすごい舞台慣れしていてステージの安定・安心感がめちゃくちゃあった。
煽りも慣れているし、MC等では客もイジれば臨機応変に司会者だってイジる。
でも、それはそんなに驚くことではないかな~とも思う。
だって経験してきたことや場数がすごいもん。


パフォーマンスも、自身らの成長とともに、グレードアップしていた。
もともと凄かったダンスはさらに洗練され、魅せるものになっていて、
私の記憶の中の幼かった歌唱はしっかりと安定したものになっていた。
みんなスラリとした女性になっていて見栄えがした。
すごいなー成長してるんだなーひーちゃんが大学一年生だってさー(遠い目)


でもね。
ひーちゃんとめいちゃんは顔をくしゃくしゃにして子供のように笑うの(尊い)
いままでたくさん辛酸をなめてきたはずなのに、なんでそんな笑顔ができるの(尊い)
ひーちゃんはMC中は、自分が話していないとき以外はずっと客席に手を振っていた(尊い)
ゆりちゃんとみゆちゃんの笑顔は大人の女性のそれで、それはそれで感慨深いものが。
ハイタッチの様子を見ていたけれど、より近くで見るひーちゃんとみゆちゃんが綺麗すぎた。
いちばん大人っぽいと思っていたゆりちゃんがいちばん幼く見えた。




会場は階段状にゆったりと座席が配置してあるホール。
全席自由席だったので空いていた前から10列目くらいのほぼセンターの位置から、
メンバーの全身を、そしてステージの全体を、ぜいたくに観ることができた。
ふだんの女子流の集客を知らないのでなんともいえないのだけれど、
もっとたくさんのひとが女子流ちゃんから見た景色にいたらいいのにと思ってしまった。
音響も良くて、こんなありがたい環境で無料ライブだなんて。


綺麗な赤いドレスのような衣装で登場した『東京女子流』。
ひらりと躍動するその姿、これからも覚えているよ。




過去にとらわれすぎないで。
どうかもっと未来に目を向けて。




な~~~~~~んて言いながら、
私が『東京女子流』を大好きになった二曲の楽曲のミュージックビデオを、
セットリストとともにご覧いただければと。
だって控えめに言って伝説だもん。


1.Limited addiction

2.ミルフィーユ
3.鼓動の秘密

4.深海 -Hi-ra Mix-
MC
5.Rock you!
6.Don't give it up
7.おんなじキモチ
8.YOU & I FOREVER