読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。PC版のサイドバーをちょこちょこ更新中。

続・「ヒジンさん問題」。~ それでも私はアイドルのパワーを信じる

「ヒジンさん問題」とは。


それは、『SHINee』のミュージックビデオにブチ切れたときにコメント欄で生まれたことば。

SMエンターテイメントの「アイドル」とその「ディレクション」に関する、ヒジョーにナイーブな問題である。

と、SMエンターテイメントのアートディレクターであるミン・ヒジン女史にまつわるもの。
前回はヒジンさんが一時期乱用していた「引用」について再度ブチ切れた(笑)




当ブログでさんざん文句言われまくっているSMエンターテイメントのミン・ヒジンさん。
(好きな方には本当に申し訳ないです!)


肩書きがいつの間にか"ビジュアル&アート室の「室長」"から「本部長」に変わっていた。
こちらでも触れたとおり、映像媒体も含めたトータルでのビジュアルディレクションも務めるようになったヒジンさんは、
いまはクリエイティブディレクターとしての仕事のほうが多いくらいなんじゃないか。


そんなヒジンさん。
最近はもはや所属タレント全員を手掛ける勢いで仕事をしまくっているあまり、ズバリ、

アートディレクターの「作家性」という点では出尽くしてる感が否めない。

と、いうような状態が続いており、


「最近のSMエンターテイメントって、ぜんぶ似たようなビジュアル路線じゃね?」前回


と、似て非なるものが「同じ」に見えてくるひとが続出。
さながらゲシュタルト崩壊。


個人的にはここ最近のヒジン作品に対しては、むしろ「ヒジンさんらしくない」と、思うくらいだった。
イライラしたり、悔しくなったり、そういった負の感情はなくなっていたからかもしれない。
そういったものを呼び起こすのが私にとっての「ヒジンさんらしい」作品なのだろう。




"『SHINee』や『f(x)』のイメージをつくりあげてきたひと"と、ファンも多いけれど、
それ以外のタレントにも同じようディレクションを施すようになり、
「新概念」というふんわりとしたコンセプトを持つ新人グループ『NCT』にいたっては、
まだグループの個性ができる前にそのなかに放り込まれてしまったようなかたちに。
それに対して「NCTが失敗したらミン・ヒジンのせいだ」と、言うひとまで現れたようで、おいおい、と。




それは違うだろう、と。




結局のところ「アイドル」の評価は「アイドル」自身が掴み取るもので、
それがアートディレクションに左右されているうちは、まだアイドルが未熟で、
ヒジンさんのせいにしているうちはまだファンもアイドル自身に満足していないからなのでは、と。


ただ、やっぱりひとりの人間がつくるものが似るのは仕方がない。
たぶんヒジンさん当人はまったくの別物をつくっている意識だと思う。


NCTがいまいち弾け切らないのはビジュアルディレクションだけが理由でない、絶対に。
だって先輩タレントはヒジンさん関係なしに評価されている。
むしろ、タレントそのものがヒジンさんにインスピレーションを与えている事例だって数多くある。


これは、「ファン」が、"SMエンターテイメントの「ミン・ヒジン」というクリエイター"が手掛けているアートディレクションのことを、知りすぎているがゆえの、「呪い」のようなものだと思う。
それだけ"「ミン・ヒジン」だから"が有名であるということだ。




私は『VIXX』や『SEVENTEEN』も大好きだけれど、
彼らのビジュアルディレクションが好きだと思ったことはほとんどない。
ステージのパフォーマンスに強烈に惹きつけられるから好きなんだ。
そういうものをアイドルに見せてほしい。
例えば、それはステージパフォーマンスでなくてもぜんぜんいいわけで。


もちろん、"アイドルを売る"ためにはスタッフの力量も問われる。
でも私は、そういったものを越えていくアイドルのパワーを信じている。




"アイドルのアートディレクション"について議論が起こる、日本にはない現象が羨ましい。
それは身近な「デザイン」にアイドルファンのティーンもが苦言を呈することができるくらい、"関心がある"ということ。
なんというインタラクティブなコンテンツなんだ、K-POP。