読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。PC版のサイドバーをちょこちょこ更新中。

それでいいのか、NCT。

2017年になるやいなや、K-POPシーンはデビュー・カムバックの嵐!さすが激流!
昨年発足したSMエンターテイメントの『NCT』から、『NCT 127』もカムバック!


"追加メンバーにジョニーとドヨンを迎えて"!




…え?




NCTについては、『NCT DREAM』で、なんとなくわかったような感じがあったんです。
『NCT』という名前のもとにさまざまなグループ・ユニットが派生し、
それ自体がNCTのブランドになっていくんだなぁとしみじみ。


だからじゃんじゃん新しいグループをつくって、じゃんじゃん活動して、
とにかく年中稼働しているくらいのプロジェクトくらいにしないと育たないのではないかと。




一番手の『NCT U』はハイセンスすぎてついていけませんでした。
二番手の初期型『NCT 127』はアバンギャルドすぎてついていけませんでした。
そしてよーーーやく三番手の『NCT DREAM』のショタコンセプト(雑)でNCTの幅や容量を理解をした気になり、
次を楽しみに思うようになったのでした。


で、その次が、


"追加メンバーにジョニーとドヨンを迎えて"再編成された新生『NCT 127』。



…。


え~~~~~~~~~。


待ってましたとNCTとしては初出陣・ジョニーは『SMROOKIES』のときから好きだし、
歌唱の補強としてのドヨンくんの加入は、まぁわかるっちゃわかるのだけれど。
人数が増えたことによってただでさえ曖昧なメンバーの個は薄まったと思うし、他の大人数グループにまぎれてしまった感もある。
楽曲も、かつて「ついていけない」と思わせた前衛的なものではなく、
どこかで聴いたことのあるような既視感があって。
ビジュアルもエッセムがストリートスタイルやってみたよ~、みたいななんか軽いノリ。


DREAMでNCTに開眼した(おおげさ)私は、そのあとUも初期型127も好きになりました。
『NCT』というプロジェクトを楽しめる・楽しみに思うようになってきたんです。


それが今回の突貫工事的な展開になんだか肩透かしをくらったような気分。
もう少し、じっくり粘るプロジェクトじゃなかったの?


てか、




エッセム、焦ってる?




いまさら?


127のアルバムがそこそこ売れたから、そこに人気のあるコを追加して、
『NCT 127』を主軸にしてNCT全体の人気拡大を狙っている?



私は、アイドルグループに関しては、常に"ベストメンバー"状態であってほしいのです。
NCTというのは、その"ベストメンバー"グループの集合体がコンセプトなんじゃないの?
少なくとも私はそう思い込んでいたのですが。


端的にいうと、127にこれだけの変化があって、
ただただ、グループの名称に変化がないということに違和感がある。
これって従来の頑なだったNCTのセオリー的にどうなの?、ということ。
例えばさー、『NCT 127+○○』とか簡単な感じとかでも。
それだけです。


私は単純単細胞なので、グループ名さえ変われば、こんなにもやっとしなかったと思います。
それだったら筋が通ってると思うのだけれど、
メンバー・楽曲・スタイルに変化があって別物になっているにも関わらず、
グループ名が変わらないっていうのが、なんというかエッセムさんらしくない・NCTらしくない雑な仕事のように感じてしまうんですよね~。
かつての『NCT 127』は"ベストメンバー"じゃなかったんかい!、っていうがっかり感も。
思い返してみれば、Uでまだまだガキンチョだと思ってたマークが選抜されたのは素直にワクワクしたりしたのに。


あるグループはデビュー年に6回(!)も活動しています。
NCTはただでさえふんわりとしたコンセプトなんだから、
それに負けないくらい、「同じ事務所の先輩と活動がカブるから」、とか言ってないで、
数を撃ったら?、ってゆーのが私の描く理想の活動展開です。
例えばデュオとか、歌なしダンスだけとか、それこそ可能性は無限大だと思うのだけれど。




これまで築いてきた謳い文句どおりの「新概念」がようやく掴めてきたと思い込んでいたので、改めて拍子抜けしてしまっています。
(デビューのアナウンス時点で一回心底拍子抜けしている)
それともガチガチにやってきたグループづくりをあえてカジュアルにやってみた、とかなの?




『NCT U』も『NCT DREAM』もメンバー追加による再編成がなされるのでしょうかねぇ。
また待機メンバーのシステムはどうなっているのでしょうか。


年末に突然公開されたこちらのミュージックビデオも、

楽しさの裏になんか勝手にプロジェクトの闇を感じてしまう。。


多国籍・メンバー流動性という運営には都合がいいものの、
おそらく箱推しを産みにくいアイドル・プロジェクト『NCT』。
「えぬ・しー・てぃー」ですよ!?
コンセプトである"ネオ・カルチャー・テクノロジー"の頭を取ったそのネーミングは、
ビジネスライクな「概念」の印象ばかりが強く、血が通っていないように感じてしまいます。
その本当の姿は、誰もが「売れた」と感じたときに現れるものなのかもしれませんね。