ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

VIXX ミニアルバム3集「Kratos」 コンセプトフォト#1


こ、



こ、





このど変態め!!!!!!(褒めてる)







さて、『VIXX』の2016年のカムバックプロジェクト・ギリシャ神話コンセプト3部作『VIXX 2016 CONCEPTION』が、
Zelos』( /『ダイナマイト(Dynamite)』)・『Hades』( /『Fantasy』)を経て、
『Kratos』にてついにフィナーレを迎えます。
相変わらずの激流K-POPシーンにおいて、わき目も振らず、よくぞこの壮大なコンセプトを貫きとおしました。パチパチ。


リリースは10月31日。タイトル曲もまだ明かされていません。
「なにもこの激戦期に…」、と思わなくもないのですが、
海外スケジュールなどがあることを考えてもスケジュールに従順に取り組んだカムバックプロジェクトであることがうかがえます。
(聞いてるか某事務所よ)




アナウンスどおり、「コンセプトフォト」と称されるものが公開されたわけですが、
も~~~~~びっくりよ。




このど変態め!!!!!!(褒めてる)(二回目)




いままでVIXXには中二中二言ってきましたけどね、
もうなんかそういうのを越えた感がある。


(私のなかで)被写体力には定評のあるVIXX。
写されているのはレースで目隠しをした顔面だけなのです。
そして、それはそれだけのシチュエーションにも関わらず、とても雄弁。

この貫禄・存在感ですよ。変態ですよ。参った。


そのへんのK-POPグループが安易に手を出したらヤケドするパターンです。
"VIXXだから"できるんです。




ここ最近のK-POPを眺めていて思うのが、"K-POPはトレンド感がキモ"、といいますか。
デビューして、かけあがっていくうえでいかに周りを巻き込んでトレンド感を維持できるかが重要なのではと。
いま旬のグループたちはまさにその最中で、本当の勝負はそこからどうやって"己の地位を確立できるか"なのではと。


そういう意味では、VIXXは旬はとうに過ぎていると思います。
なにせご覧のとおりトレンド感は皆無ですし(笑)


でも、そんな状況に彼らは正面から立ち向かっている。




『VIXX』は『VIXX』を諦めない。
『VIXX』は『VIXX』にくらいついていく。




「コンセプトフォト#2」ではしっかりと"美しい男性"としてのVIXXの数々が拝めます。


ソロカットのなかでは、

マンネ・ヒョギの大覚醒っぷりがヤバイ!


さらに極めつけは、


全員が最強のスタイルバランスを誇るVIXXの圧巻の全身ポートレート!
素材の魅力を最大限に引き出すシンプルなしつらえもソークール!




ちょっと病んでみた風のコンセプトのグループなんて、これらのコンセプトフォトを前にしたらまだまだガキンチョですよ。
そんな圧倒的なパワーのあるこちらで「コンセプトドル」と呼ばれるその風格をまざまざと見せつけてくれるVIXXのお兄さんたちなのです。