読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。PC版のサイドバーをちょこちょこ更新中。

ヤンサ、いまはそれじゃないと思う。

まさか、ただのヤンサ(ヤン・ヒョンソク社長)得案件だったりしませんよね?
"「売れる」ことだけが大事"だとは思いませんが、



…あの、



『MOBB』ってちゃんと売れてるの?




『MOBB』とは韓国の大手芸能事務所・YGエンターテイメントの、
"『BIGBANG』の系譜を継ぐ"(日本メディアの謳い文句)ボーイズグループである、
『WINNER』のソン・ミンホ『iKON』のBOBBYのコラボレーションユニットのこと。


ふたりはともにラッパー。
HIPHOPとか苦手ジャンルだけれど、ミノくんもバビたんもどっちも好きだから、
ソロデビュー対決に次ぐこちらのコラボレーション、とっても楽しみにしていました。




なのだれけど。




リリースしたとたん秋夕だし、あんまり話題になってないような?(個人の感想です!)
というか、アナウンス段階のK-POP恒例のティーザー祭りのほうが話題になったような?




私はね、




私はWINNERとiKONのガチンコ対決が見たいんじゃよ。




その望みが叶うのはいまのところちょっと無理っぽい。
とくにふた組のファンというわけではないのですが。



ふた組の兄貴分といわれるカリスマグループ『BIGBANG』の長兄・T.O.Pさんの兵役入隊もそう遠くない昨今。
そしてBIGBANGメンバーは次々に入隊し、グループとしての活動がストップします。
そんなBIGBANGの穴をふた組がそれぞれ切磋琢磨して埋めるくらい求心力のある存在になることが大事だと思うのです。
そして、今回のミノバビコラボはそんな計画の一端のはず!、と思い込んでいるのですが。




そもそも。




サバイバル番組『WIN』で勝利し先にデビューしたにも関わらず、本国活動ができす、
あとにデビューした『iKON』に人気を抜かれてしまった『WINNER』。
そんなWINNERの人気をiKONと同レベルに引き上げることが先決だと思うのですが。
固唾を飲んでデビューを見守った(当時は私のなかではスベッたけれど)だけに、
デビュー後1年経ったなし崩し的なカムバックでいい成績をおさめられなかったのは、なんか悔しかったよ。
(作品のクオリティはさすがYGクオリティで素晴らしかったですよ!)


iKONだって、いまの現状がどんなものなのか、ニワカの私にはちょっとよくわからない。
先日デビューした後輩ガールズグループ『BLACKPINK』のカムバック情報が早くも出てきたことを察するに、
WINNERのように本国活動ができなくなって人気が落ちてしまう可能性がある。
(ブラピンちゃんはデビュー前の露出もなく、デビュー後の露出もほとんどないので急務案件なのは納得しています)


というかこのふた組の人気を支えるのはデビュー前のサバイバル番組での露出が多く占めていると思われるので、
飽きっぽい本国・韓国のファンがそれから離れないような作業が必要だと思うのですが。




イコール、




カムバックしなはれ。




それでもっと売れなはれ。
『WINNER』も、『iKON』も。


YGよ、カッコつけてる場合じゃない。
"いちど離れたファンを取り戻すこと"・"落ちた人気を取り戻すこと"の難しさは、
先輩たちがすでに教えてくれているではないか。
だからこそなりふり構わず早いうちに手を打ちなはれ。




今回のミノバビコラボ、ふたりも出演した音楽番組『SHOW ME THE MONEY』などによる、
HIPHOP流行りでの波に乗って大ブレイクする~~~!、と見こしていたのかな?
だけど、音楽シーンの動きは思うようにはいかなかったのでは。
少なくとも、今回は新しい風をそれぞれのグループに持ち帰れるような成果は感じられない。




それとも、このコラボレーションの成果が明らかになるのは、
次の『WINNER』・『iKON』それぞれのカムバック活動なのかもしれない。




それまで、"やっぱり"待たなければいけないのだろうか。




てか『楽童ミュージシャン』は?この間のカムバックの続きは秋だって言ってたよね?
てかBIGBANGのアルバムは?『MADE』シリーズ完結させよ?




なんかいろいろ順番が違うよ~~~~~。




"若い「才能」を飼い殺す"ことでミンジやチャンヒョクお兄ちゃんを追いこんだヤンサ。
けれど、ヤンサなりのプランやビジョンはそれなりにあるのでしょうね。
振り回されるほうはたまったもんじゃないのだろうけれど。


でもね、ヤンサ、いまはそれじゃないと思うのだけれど。
このタイミングの是非が明らかになるのは、もう少し先のことなのかもしれない。