ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

OH MY GIRL 「A-ing - 私の話を聞いてみて」 ミュージックビデオ

いや~~~カワイイカワイイ、『OH MY GIRL』がカムバック!
"おまごるの夏、2016。"、はじまりました!


"K-カワイイ"全開のティーザーイメージからも、
期待していたタイトル曲『私の話を聞いてみて(A-ing)』ミュージックビデオが公開。




おお!



あい~ん♡(あり~ん♡)




"おまごるの夏、2016。"は、これ。


っていう説得力がすごい。




相変わらずの画づくりに対する凝りっぷりはお見事!
とはいえ、ダンスショットの衣装はま~~~ったく世界観と合ってなくてどうした!、って感じではある。なぜ制服。




でも、なんかもうそーゆーのはどーでもいい。




楽曲も個人的にはぜんぜん好みではなくて、
「これってレゲエなの…?ふーん。」くらいのあっさいあっさい感想しか持てず。


それにも関わらず、




もう、ばかみたいに「カワイイカワイイ」しかことばが出てこない。




デビュー作『CUPID』から一貫したMVのクオリティの高さは、もはやお墨付き。
『LIAR LIAR』のMV公開時には、

『OH MY GIRL』の"K-カワイイ"は順調に育っていっている。

と、実感。さらに続く『WINDY DAY』のMV公開時にはそれを強めました。
そのくらい、ビジュアルディレクションに関しては、

めっちゃめちゃ安定感がある。
それらから導かれる"K-カワイイ"の世界観には超説得力があります。

と感じています。
そしてそれらは今作でもしっかりと継続されており、いやはや頼もしいものです。




楽曲も、いつもの気合の入りまくった楽曲とは対照的。
ただでさえレゲエ曲のそれもカバー曲ということもあり助長されているであろうゆる~~~い雰囲気は、はじめは物足りなく感じるものの、
だんだんとのびのびとリラックスした印象を受けるようになります。


それだけでも"おまごるの夏、2016。"がいったいどういうものなのかが、
しっかりと示せている
ところが、さすが『B1A4』の妹分!さすがWMエンターテイメント!、といいますか。
ティーザーイメージ公開時に思った、

クリエイティブチームがノッてる。

というのがよく表れていますよね~。
「イマのおまごるでこんなサマー・コンセプトがやりたかったんじゃ!」というのが、
ひしひしと伝わってきます。


もうクリエイティブチームの"K-カワイイ"に対する情熱と執着が尽きない限り、
『OH MY GIRL』の"K-カワイイ"は健在なのだと思います。
ちと出尽くした感がなきにしもあらずだけれど、それをも「おまごるらしい」と捉えられるような、そんな存在になっているのでは。


けれど、この"K-カワイイ"への反応が熱いのは、本国韓国より、日本のように感じます。
そう考えると、日本のガールズカルチャー全開だったデビュー時のおまごるちゃんのいでたちにも繋がる部分があるのかもしれない。




今回はビジュアルのイメージばかりから「おまごるらしい」という印象を受けたわけですが、(個人の感想です!)
スピンオフ的な扱いの今作のようなカバー曲ではなく、
従来の"「楽曲派」アイドルファン"に挑むかのようなオリジナル曲での作品が本当の勝負どころかと。


ひとまず、"おまごるの夏、2016。"は、
「カワイイカワイイ」と呪文のように唱えながら、楽しませてもらうことにしまーす。
そして、おまごるちゃんたち自身が、この活動を楽しめますように!