読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。PC版のサイドバーをちょこちょこ更新中。

重版出来!

「じゅうはんしゅったい」と読みます。
原作は読んでいないのですが、漫画が原作なのですねー。
漫画原作であり、劇中の漫画雑誌『週刊バイブス』編集部を中心に進む業界モノのドラマ。


しかし、ただの業界モノと侮るなかれ、人間ドラマとしてしっかりとおもしろかったです!
こんなにかみしめながらテレビドラマを見たの、いつぶりだろう?、っていうくらいハマっていました。


「漫画」や「雑誌編集」なんかを取り扱ったものだと、
当方、最近では映画『バクマン』・漫画『働きマン』などを通っております。
どちらのモチーフも個人的にはとっても魅力的で興味深い世界です。




「重版出来」という、少なくとも私個人には馴染みのないことばだけれど、
それに関わっているたくさんのひとたちの反応がダイレクトにSNSなどを通して溢れ出てくるのも楽しかった!


劇中に登場する漫画家・中田伯のモデルは『進撃の巨人』の諫山創とかですかね?
たくさん漫画家キャラクターも登場するのですが、それぞれの漫画をプロの漫画家さんが描き下ろすのも見どころ。


インターネットの普及など、時代性を捉えていたのもよかったです。
それを利用してSNSと連動させるなどニクイ演出も。




一話完結型と見せかけて、同時に初回から続く設定を大切に維持しながら、
常に二話以上のストーリーが進んでいく技が、毎回すごいのです。
だから物語に深みが出るし、こちらもひきこまれる。


どのストーリーにもどのキャラクターにも思い入れがありすぎる。
そのどちらにも自分の人生を重ねてしまう。
業界モノでこれだけの明るい人間ドラマ、なかなかないのではと思う。

第1話 夢を描いて感動を売れ! 涙と勇気がわきだす新人編集者奮闘記!
第2話 これが僕の仕事だ!幽霊社員の本気の営業!
第3話 天才VSド新人編集!先生の信頼を守りたい
第4話 目指せ金の卵発掘!新人ツブシに宣戦布告
第5話 運を使いこなせ!なるかド下手新人デビュー
第6話 勝ち続ける仕事術…新人ツブシの秘密とは?
第7話 天才VS凡人…マンガの神様に愛されたい!
第8話 鬼編集長男泣き!14歳の笑顔を取り戻せ!
第9話 好きです 突然、愛の告白…成るか!?初連載!
最終話 私は忘れない!心が震える瞬間を…


各話、とってもとっても大切にしていきたいと思わせる素晴らしいドラマでした。


業界モノのドラマって「悪」がいたほうが絶対に盛り上がるけれど、
このドラマは結果的に「悪」を描かない。
安井さん(安田顕)の回(6話)とかは、ハラハラしたけれど、
安井さんを「悪」として描かなかった点は本当に見事だった。
ライバル雑誌として登場する『週刊エンペラー』側もコミカルにすることで、「悪」にならなかった。(明和電機乙)




主人公・黒沢心(黒木華)の漫画編集者としての力量の謎はあるものの、
爽やかスポ根風の雰囲気を漂わせるのに元スポーツ選手だったことがうまく生きていました。
編集者と間逆のキャラクター設定だからこそ、ちゃんと主人公としておもしろい。
その底抜けの健やかで頑張りやな役を嫌味なく演じる黒木華ちゃんはさすが上手。


副編集長・五百旗頭(いおきべ)さん、最高でした!!!!!
演じた本当にオダギリジョーは演技がうまい!!!!!
9話のモノローグも最高だった!!!!!
どうしたらあんなに包容力がある雰囲気を纏えるんだろうか!!!!!
まじでかっこよかった!!!!!


"黒木華×オダギリジョー"というと映画『舟を編む』を思い浮かべるのだけれど、
ふたりとも本当に演技がうまくって、そのときの役柄なんて微塵も思い出さなかったです(もちろん褒めてる)


安井さんを演じた安田顕もすっごい良かったです!
一歩間違えてしまえば超悪者になってしまいそうな役柄だったのだけれど、
絶妙な存在感でスパイスになっていました。


ドラマのなかで、無名の新人漫画家志望者から立派な人気漫画家にまで育つというキーマンを担っていた孤高の天才・中田役を、
ただのナルシストにしなかった永山絢斗の抑えた演技も光っていました。


編集長・和田さんの松重豊も大好きだし、壬生さんの荒川良々も大好きだし、
高田純次生瀬勝久小日向文世、坂口健太郎、滝藤賢一ムロツヨシ(沼田さ~ん・涙)、
要潤(メロンヌ先生…)、高月彩良、もがちゃん……
ほかのキャストもみんなみんなよかった!!!!!みんな大好きだ!!!!!(雑)




ユニコーン』による主題歌『エコー』、素晴らしかったです。
毎度毎度、流れるタイミングが絶妙すぎる。
毎回、いろんなドラマが繰り広げられるけど、
それらのいろんな結末を救ってくれるような懐の深さがある。
最高の状態で毎回毎回クライマックスが訪れる多幸感ったらなかったです。


爽やかな大団円で終えてよかった!
来週からないなんて淋しすぎます(涙)






他に現在視聴中の今シーズンのドラマは、
『ゆとりですがなにか』『HiGH&LOW Season2』などがあります。


『ゆとり~』はおもしろいようなそうでないような……
第一に放送時間が『情熱大陸』とかぶってる!
全体的に、なんっかイライラするドラマなんですよねー。
岡田将生松坂桃李柳楽優弥!の3人が並んでいることがすでに魅力的なのだけれど、
それ以上のものはいまのところ私には届かない。
(当方『ホノカアボーイ』新規の岡田将生ペン)
脚本を手掛けた宮藤官九郎の姿勢がややスベリ気味というか。(個人の感想です!)
題材に真正面から挑んだ様子は伝わってくるのだけれど。
とはいえそういったクドカンの新境地が見られた点はよかったのでは。
キャストもみんな演技がうまい。
なかでも「ゆとりモンスター」役の太賀くんのモンスター演技の凄まじさが世に知れ渡ったことは大変におめでたい。(私も初見でした)
『感覚ピエロ』の主題歌はドラマの雰囲気にピッタリ。


ノボルが生きてた!!!!!!!!!!
『ハイロー2』も、『Season1』が良かったので期待してたのだけれど、イマイチな印象。
なんでおもしろくないかというと、『Season1』で曖昧にしてきたからこそできていた世界観が、ディテールを描くことで薄味になっているからだと思う。
だからといってリアリティもないし。
そうなってくると単純にストーリーが進まないのがしんどい。
いくら画が豪華とはいえこれじゃ飽きちゃうよ~。


と、文句をぶーぶー垂れながら見ています。


あと、トットてれびなんかも気楽にのんびり視聴しています。
徹子さんに関わってきたひとたちや変わっていくテレビの世界をさまざまなかたちでリスペクトしつつ紡ぐ、
豪華でファンタジックな時間を30分に凝縮していて贅沢なひとときです~。


最終回ラッシュですが、どのドラマもいいエンディングを迎えられますよーに!