ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

SNH48 チームSII 宮澤佐江卒業公演 in ライブストリーミング


SNH48専用劇場『星夢劇院』にて、"『SNH48』の宮澤佐江"の卒業公演が行われました。
チームSIIによる『最終ベルが鳴る』公演。
佐江ちゃんと鈴木まりやちゃんがSNHの公演に出演するのは約2年ぶりだそうです。
そしてそれが佐江ちゃんにとって最後の『SNH48』での公演となりました。


SNH48の公式サイトには、

特設ページまで設けられました。



先日、宮澤佐江ちゃんの卒業コンサートに参加して、改めて実感したことがあります。
"『SKE48』での卒業コンサートに至るまで『SNH48』にも籍を置いていた"ということ。
そんな波瀾万丈なアイドル人生をまざまざと見せつけられた、素晴らしいコンサートでした。


実際、佐江ちゃんはSNH48ではろくに活動できませんでした。
そのうち、いろいろなメディアを通してささやかな「活動」を垣間見るも、"宮澤佐江が『SNH48』であったこと"は、私にはあまり意味が感じられなくなっていきました。


けれど、『SNH48』は、佐江ちゃんが48グループであったことに欠かせない存在であったのは大きな事実。
長いあいだ"活動ができなかった"こともまた、"現在の宮澤佐江"を構成する大切なピースです。




卒業公演は中国の動画配信サイト『DOUYU』でストリーミングを途中からゆる~く視聴。


ヘッダーの美・佐江ちゃん!
SNH側も気合が入っております。


とはいえ、公演自体はユルユルでしたね(笑)
そんななか、佐江ちゃん・まりやんぬともに、しっかりと中国語でメンバー・ファンとコミュニケーションをとっていました。
まりやんぬのユニット曲は『おしべとめしべの夜の蝶々』!台詞もしっかりと中国語。
佐江ちゃんのユニット曲『ごめんねジュエル』はもちろん、各曲での割れんばかりの佐江ちゃんコールが印象的でした。
アンコールも佐江ちゃんコールでした。
客席のMIXはもちろん、『回遊魚のキャパシティ』でもコールは完璧でした(笑)


メンバーによる手づくり感あふれる卒業セレモニー。
なんとこの卒業公演はSNH48のメンバーがスタッフにお願いして実現したのだそうです。
佐江ちゃんが最後の日本語での挨拶で明かしてくれました。


ブランクもあったので、余計な心配などをしていたのだけれど、
"『SNH48』の宮澤佐江"がいかに慕われていたかが伝わる公演でした。


ストリーミングは劇場の壁掛け写真を外す様子まで映し、
さらに終演後のハイタッチを映しながら終えました。




佐江ちゃんは『涙の行方』というフォトブックを発売しています。
そこで描かれているのは"『SNH48』の宮澤佐江"の話。

宮澤佐江 フォトブック 『 涙の行方 』

宮澤佐江 フォトブック 『 涙の行方 』

発売記念握手会にも参加しました。


私は基本的にアイドルのインタビューとかの類にはそこまで興味がないんです。
けれど、『涙の行方』で語られた、AKB48 32ndシングル選抜総選挙直前の佐江ちゃんの心境を吐露した部分はすごく印象的で。


そのころ、佐江ちゃんは『SNH48』に翻弄され、ぼろぼろになっていた。
そして、総選挙の約二カ月前、なかなか活動できないSNH48を見かねてか、AKB48との兼任が命ぜられていました。

もう総選挙まで一週間とかですよ。ネガティヴな気持ちのまま、発表の当日を迎えて。リハーサルでステージに上がったら、客席にいるSNH48のメンバーが見えたんです。見学で数人、日本に来ていたんですね。そのときステージから遠くのほうに見えた彼女たちの姿が……!何かものすごく初々しくて、可愛らしくて……。胸がギュッてなっちゃって……。それと同時に、みんなのキラキラした視線の先にいるのが、自分じゃなくて、優子とか、ゆきりん(柏木由紀)とか、自分が超えられない上位メンバーだったっていうのが、見ていて分かるわけですよ。それなのに、3列目くらいにいる自分が、何を偉そうなこと言ってたんだよ、って思っちゃって……。なんか愛おしいような、悔しいような、情けないような、申し訳ないような……。なんとも言えない複雑な感情が押し寄せてくる。

そうした思いも渦巻き、佐江ちゃんは兼任を蹴り、「SNH48、一本で」と宣言しました。


これって、「嫉妬」だと思うんです。


綺麗で健康的な言葉しか発さない佐江ちゃんが、むきだしの負の感情を表に出した。
当時は、「SNH48一本化宣言」を、単純に、かっこいいな~、なんて思っていたわけですが、
その裏側には、そんな気持ちもあったのかと。


もちろん、「嫉妬」心だけが「SNH48一本化宣言」の動機ではないと思います。
それは『涙の行方』を読めばわかります。(ステマ)




公演が終わり、壁掛け写真を外したあと、佐江ちゃんは涙を流していました。
けれど、晴れやかな顔をしていました。
つられるかのように最後は涙を流しているメンバーがたくさんいました。


私は、佐江ちゃんをないがしろにされたようで、気がつけば『SNH48』のことをあまりよく思わなくなっていました。
でも最後に佐江ちゃんが囲まれていた『SNH48』はあたたかかった。


宮澤佐江ちゃんがきょうの『SNH48』を教えてくれました。


SNH48は佐江ちゃんを忘れていなかった。佐江ちゃんはSNH48を忘れていなかった。
私が見たSNH48はまぎれもなく佐江ちゃんが導いてくれたうちの景色のひとつでした。



ひとつひとつ、イベントを終え、真の「卒業」への道を歩む佐江ちゃん。
どうかその一瞬一瞬、彼女が輝くことができますように。