読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。PC版のサイドバーをちょこちょこ更新中。

みんな、泣くんじゃねえぞ。宮澤佐江卒業コンサート in 日本ガイシホール

私は、何者か?、と問われたら「佐江ヲタ」と答えると思います。
宮澤佐江ちゃんという「アイドル」を推してきました。


それにも関わらず。


私は、48グループの公演を生で見たことはありませんでした。
48グループの握手会にも参加したことはありませんでした。


そんな私が。




"宮澤佐江ちゃんの卒業コンサート"に、
参加することができました。







【ニュースサイト】
宮澤佐江、涙の卒業コンサート「最後に夢がかなって良かった」
宮澤佐江 卒業で「SKE48はピンチ」松井珠理奈が本音語る
SKE宮澤佐江「卒コン」で松井珠理奈と涙のハグ
宮澤佐江 卒業コンサートで大粒の涙
宮澤佐江、アイドル活動に「悔いはない」=名古屋で卒業コンサート-SKE48
宮澤佐江、ファンの“ひまわり畑”演出に涙
明るく元気に卒業!宮澤佐江「泣くんじゃねえぞー」でも最後は号泣
宮澤佐江SKE卒業ライブ「こういう日が来たことに実感わかない」
SKE宮澤佐江「最後に夢かなった」
SKE宮澤佐江「私を見つけてくれてありがとう」
“外様”から信頼されるリーダーになったSKE宮澤佐江
「SKE48のみんな愛してます。ファンのみなさん大好き。ありがとう」。宮澤佐江卒業コンサートが感動のフィナーレ




生まれて初めて、48グループのコンサート会場に赴きました。
生まれて初めて、遠征をしました。
生まれて初めて、アリーナ席からステージのアイドルを見ました。
生まれて初めて、宮澤佐江ちゃんのパフォーマンスを近くからこの目で見ました。






私が握りしめていた、たった一枠の応募が当選しました。
その席は上手側のアリーナ席で、しかもメインステージと花道に一番近いブロックでした。
形容するならば、まさに「神席」でした。




まだ、夢のよう。




正直なところ、初めて佐江ちゃんのライブパフォーマンスを生で見た感想は、
そんなにびっくりするほどすごい!、ってわけではなかった。
けれど、ずっと画面を通して見てきたそのままの"宮澤佐江クオリティ"。
SKE48』全体のパフォーマンスの水準が高いっていうのもあるのだろうけれど。みんなプロだった。
そしてなによりこんなに感動してるのは、"こんな宮澤佐江が見たかった"ことが叶ったからだと思う。




「主役」の宮澤佐江




ずっとずっと見たかったその姿。




素晴らしい卒業コンサートでした。




宮澤佐江卒業コンサート」だったけれど、しっかりと「『SKE48』のコンサート」でもありました。
私が最後にこの目で見たのは佐江ちゃんを見送る花道に並んだ『SKE48』のメンバーの背中でした。


ぶっちゃけ、"48グループの宮澤佐江"にはもうまったくといっていいほど興味がなくなっていたのだけれど、
見せつけられたのは"48グループの宮澤佐江"の、"SKE48宮澤佐江"の在り方だった。


SKE以外のメンバーがステージに上がらなかったのがね!すっごく良かった!
宮澤佐江の卒コン」だけど「SKE48の単独コンサート」であることにしっかり注力してた。
ユニットメドレーの『Lost the way』のイントロで「DIVA(のオリジナルメンバー)きちゃう!!!???」、なんて、ちょっと期待してしまって。
そうはいかず、正直最初は少し拍子抜けしちゃったのだけれど、『AKB48』時代の曲を『SKE48』のメンバーたちとパフォーマンスする佐江ちゃんを見ていくうちに、
佐江ちゃんにとって『SKE48』は本当に大切な場所だったのだと思い知らされたのでした。




佐江ちゃんに寄り添っていたのは『SKE48』のメンバーだった。
佐江ちゃんはSKEのメンバーだったし、『SKE48』には佐江ちゃんがいた。




「主役」の佐江ちゃんは想像以上に出ずっぱり!!!!!
こちらによると、「セットリストと演出は75%ぐらい佐江ちゃんが考えたそうです。」。

3月4日(金)開場16:30 / 開演18:00

影アナ:大矢真那矢方美紀

M00 overture (SKE48 ver.)

『overture』のときに流れる映像が、全部、佐江ちゃん!佐江ちゃん!佐江ちゃん!
「佐江ちゃんが主役なんだ!」、と当たり前でないことに大感動。
すでに感極まって泣き始めてしまいました。

M01 奇跡は間に合わない (K6th) 宮澤ソロ→全員

これは反則だよ~!!!!!
『overture』からなだれ込むように号泣してしまいました。
最初に佐江ちゃんがひとりで登場し、アカペラで『奇跡は間に合わない』を歌い、気がつけばSKEのメンバーが全員登場。
最後に全員が白いハットを客席に投げたのでした。

M02 コケティッシュ渋滞中 (17th)
M03 ごめんね、SUMMER (3rd) ※ゴンドラ使用:宮澤・松井珠
M04 バンザイVenus (5th)
M05 僕の太陽 (ひ1st) 宮澤☆

MC1 全員→チームS

たたみかける明るい楽曲たち。
メインステージ・センターステージ・バックステージ・花道をフル活用。人数の為せる技。


M06 チャイムはLOVE SONG (S2nd) チームE
M07 ウイニングボール (KII3rd) チームKII ボール投げ:山下ゆ
M08 消せない炎 (16th c/w) チームS
M09 キスだって左利き (10th) 研究生 水野☆
M10 望遠鏡のない天文台 (19th c/w) Passion For You選抜 大矢☆
M11 ピノキオ軍 (S3rd) M10以外のメンバー 掛け声:宮澤
M12 Gonna Jump (AKB43rd c/w) ※ゴンドラ使用:柴田・江籠・北川・後藤楽

MC2 松井珠・北川・高柳・都築・大場・後藤楽

チームごとのパフォーマンスを中心に続きます。
スピード感じのある展開で飽きさせません。
とにかく盛り上げる!

M13 Lost the way (DiVA3rd) 宮澤☆・佐藤す・斉藤・山内鈴・竹内舞 ※映像から
M14 君はペガサス (K3rd) 宮澤・矢方・宮前・東李
M15 明日は明日の君が生まれる (Chocolove1st) 宮澤・高柳・古畑
M16 初めてのジェリービーンズ (ひ2nd) 宮澤・大矢・後藤楽 BD:水野・浅井・町・一色・太田彩・上村
M17 狼とプライド (S3rd) 宮澤(狼)・北川(赤ずきん)
M18 TWO ROSES (4th c/w) 宮澤・松井珠 ※松井珠ソロダンスから
M19 掌 (K5th) 宮澤☆:手話

MC3 宮澤・柴田・山下ゆ・大矢・谷真・東李・内山命

なんと7曲連続でのスーパー宮澤タイム。
矢継ぎ早のユニット曲と早着替えの連続をやりこなしてしまう佐江ちゃん。
本当に凄かった。超人・宮澤佐江だった。
「主役」を与えられてこんなにも輝ける人なんだと驚かされ、再確認させられた。
ステージへの「情熱」と「執着」がひしひしと伝わってきました。
世界観がバラバラの楽曲たちを「演出」・「表現」でメリハリをつけていてお見事。
『LTW』のイントロが流れると、黄色い悲鳴が。そして反転する舞台セットにはテンション爆上がりでした!
『君はペガサス』では衣装に電飾がついていたり。
初めてのジェリービーンズ』ではバランスボールを使用した演出が楽しかった!

M20 Escape (AKB34th c/w) 北川☆・松井珠・山内鈴・石田安・日高・古畑・木本・後藤楽・須田 東李苑(キーボード)
M21 世界が泣いてるなら (AKB39th c/w) M21に同じ ※Escapeサビから変曲
M22 UZA (AKB28th) 宮澤☆・斉藤☆・竹内舞・都築・野口・二村・宮前・矢方・大場・北野・高柳・高木・市野・酒井・佐藤す
M23 ビバ!ハリケーン (ひ1st) 北川・竹内舞・都築・野口・二村・松井・宮前・宮澤・矢方・山内・石田安・大場・北野・高柳・高木・日高・古畑・市野・木本・後藤楽・斉藤・酒井・佐藤す・須田
M24 BINGO! (AKB4th) M22・23以外のメンバー 松村香☆・谷真☆
M25 RESET (K6th) チームS
M26 言い訳Maybe (AKB13th) チームKII+宮澤☆
M27 夕陽を見ているか (ひ1st) チームE+宮澤 須田(台詞)

MC4 矢方・斉藤・松村香

佐江ちゃんセンターの『UZA』が見れるだなんて…!!!!!
『Escape』~『UZA』の流れは格好良すぎてたまらなかったです!
『ビバ!ハリケーン』、『BINGO!』と王道アイドルソングからの~大好きな『RESET』!
そして『言い訳Maybe』でブチアゲて『夕陽を見ているか』でしっとりとトーンダウン。
MCでは、かおたんがグッズの売り切れ状況に関して運営に苦言してくれました。さすが。

M28 チキンLINE (19th) 同曲選抜
M29 不器用太陽 (15th) 宮澤☆+後藤理・小畑・犬塚・山田樹・荒井・内山命・北野・高木・山下ゆ・加藤る・酒井・高寺
M30 パレオはエメラルド (6th) 宮澤☆
M31 賛成カワイイ! (13th)
M32 オキドキ (7th)
M33 僕は知っている (17th c/w)
M34 今日までのこと、これからのこと (8th c/w) ※高柳・宮澤の挨拶から

とにもかくにも元気・健康的なSKE48の楽曲たちが本編を彩りました。
めちゃくちゃ楽しかったです!
前日の前夜祭で初披露された新曲『チキンLINE』はアッパーでかなり格好良かった!!!!!

本編終了 (20:19) アンコール → 佐江ちゃんコール

会場の入り口でサプライズ企画を配布していた女の子がアンコールを発動。

EN1 アイシテラブル! (9th) ※フルコーラス
EN2 1!2!3!4! ヨロシク! (4th)

アイシテラブル』ではペンライトを使用したサプライズ企画に佐江ちゃんが気が付き、驚き、涙を浮かべる場面も。

映像「宮澤佐江の軌跡」

EN3 旅の途中 (19th c/w) 宮澤☆ ※初披露

MC5 宮澤挨拶

EN4 約束よ (K2nd) 2番:宮澤ソロ →宮澤メンバーひとりひとりに挨拶→退場

佐江ちゃんは「喋り」はあまりうまいとは言えないけれど、「言葉」がうまいと思います。
後輩たちへ送った言葉はきっとそれぞれに響いているはず。だってみんな泣いていた。
本当に、ステージ上のいるメンバーひとりひとりを抱きしめたり、なでたりしながら、会話を交わしながら、佐江ちゃんはバックステージのその先に去って行きました。
すごく時間がかかったけれど、その間、私もずっと泣いていました。
そのとき流れていた『約束よ』のBGMがいまでも頭のなかでリフレインしています。

MC6
矢方美紀に手紙が渡される
◆新人事発表
 <チームS>  ◎リーダー 矢方美紀(新任) ○副リーダー 松本慈子(新任)
 <チームKⅡ> ◎リーダー 大場美奈 ○副リーダー 内山命
 <チームE> ◎リーダー 須田亜香里 ○副リーダー 福士奈央(新任)
 SKEキャプテン 斉藤真木子(新任)

EN5 仲間の歌 (S3rd) 煽り:矢方

全編終了 締アナ:松井珠理奈 公演時間:3時間21分 (21:26)


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/akb/1454323158/584

私が見たこのコンサートは卒業する佐江ちゃんが「主役」でした。
主役とはいえコンサートの中心で圧倒的な存在感を放つ佐江ちゃんの姿は鳥肌モノでした。
そんな佐江ちゃんがセンターでSKE48を率いている様子にすごく安定感を感じたし、
あの放たれたカリスマが失われたときに、SKEのバランスは一体どうなってしまうのかと、ネガティブな考えが頭をよぎりました。
SKE48のファンの方、本当にごめんなさい。なにせこれが初めてなので。


けれど。


最後、佐江ちゃんを見送ったあとの人事で『SKE48』は『SKE48』で新たなる一歩を踏み出すプロローグをアピールした展開は見事でした。
宮澤佐江の卒コン」だけど「SKE48の単独コンサート」の意を見せつけられました。
私みたいな非SKEファンにもわかるグループの明るい未来を示していて、晴れやかな後味でした。



佐江ちゃんを送るときには涙を見せなかったりょうはちゃんが佐江ちゃんが去ったあと、
泣きながら言った「りょうはも佐江さんから卒業できるように頑張ります(涙)佐江さんはずっと憧れの先輩です(涙)」には萌えまくりました。
かわいすぎる。




初めて48Gのコンサートに行ったわけだけれど、単純にあの大人数の華と迫力には気圧されました。
なんか、世の中を変えられるぐらいのパワーを感じた。
ニッポンのアイドル、すごいじゃん!、て。
さすが、10年続いたアイドルプロジェクトの貫禄もありました。
そして、意外や意外、生歌がとっても多かった!
佐江ちゃんに至っては、最初から最後まですべて生歌でした。凄い。


SKEの曲はAKBの曲でさえもよくわからない私がわかるわけではなかったけれど、
目の前のアイドルたちは誰ひとり手を抜かず一生懸命で魅せられた。
SKE、すっかり好きになっちゃったよ。


SKE48の公式ペンライト、迷ったけれど購入して本当に良かった!
企画に参加できたのはもちろん、AKBの歌やSKEの歌で色を変えたり、卒業する山下ゆかりちゃんのためにブルーカラーに点灯させたり。
山下ゆかりちゃん、すっごく目を引いてイイ!、と思ったのに卒業してしまうメンバーだったとは…)
なにより「SKE48のペンライト」をしっかり振って佐江ちゃんを送り出せたこと、本当に嬉しいです。




スタンド席にいる佐江ちゃんご家族に「ありがとうございましたー!」って手を振り、お礼をしながら退場するファン。(私も←)
そんなファンの挨拶に快く応えてくれた(文字通り)宮澤ファミリー…!
こちらに対し、大きく手を振って、頭を深々と下げてくださいました。




私は宮澤佐江ちゃんのアイドル人生のうちの半分以上もの時間、彼女を推してきた。
そして推せば推すほど、それと反比例するように佐江ちゃんの属する48グループへの不満を募らせていきました。
けれど、佐江ちゃんには、こちらが悶々としている時間ですら大切なアイドル人生の途中だったことがよくわかりました。


キチモンペと化してキチモンペの鬱憤のはけ口用にツイッターを始めたあのころ。
あのころの自分に、「佐江ちゃんはこんなに素晴らしいステージの主役でアイドル人生をやりきったんだよ」、って教えてあげたい。




幸せ。




幸せすぎて爆発しそうです。そしてもうこの類の「幸せ」はないと思います。




宮澤佐江ちゃんを推しててよかった。




本当に、ステージが近くて近くて。
あんな距離で、最後に48Gの佐江ちゃんを見届けられたなんて。
いまでも嘘のようです。


コンサートの瞬間瞬間を慈しむ私はまぎれもなく「佐江ヲタ」でした。
身体いっぱい、心いっぱい、「幸せ」を浴びました。


宮澤佐江ちゃんの、アイドル人生をまっとうしたであろう瞬間に立ち会えたことを、心から嬉しく思います。
また、佐江ちゃんが"『SKE48』のコンサートで卒業セレモニーを行った"ことをぐっとかみしめています。




最高の卒業コンサートを、ありがとうございました!




みんなでつくりあげた"あの"景色・空間、絶対に忘れない。
私は"あの"佐江ちゃんの幸せを願っているよ。