ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

さやしちゃんとモーニング娘。

鞘師里保ちゃんが2015年12月31日をもって『モーニング娘。』を卒業する。


「卒業」という道は、いつだって選択可能である。
それを、いまのタイミングで選択したことに、悪い意味でヤバさを感じる。




『モーニング娘。』はさやしちゃんに置いていかれたのではないか。




モーニング娘。を眺め始めたのは、ちょうど9期メンバーオーディションのタイミングだった。
オーディションを追っていくだけでも、「さやしちゃんはきっとセンターに据えられるんだ」という予感がした。
ハロプロを長年見てきたファンの方々の反応もそれを裏付けた。
そうしてその予想通り、さやしちゃんは当たり前のように、ごくごく自然に、どんどんポジションを上り詰め、
気がつけば当たり前のようにエース・センターの座にいた。




「センター・鞘師里保」が誕生したモーニング娘。50枚目のシングル『One・Two・Three』。

田中れいなちゃんとのダブルセンター体制はセンターの継承のように感じられた。




モーニング娘。は2014年の道重さゆみちゃんの卒業をもって、
メンバー全員が9期以降の加入メンバーで構成されるようになった。


そして迎えた2015年、『モーニング娘。'15』はどうだっただろうか。
さやしちゃんの見た光景はどんなものだったのか。


それが、今回の突然の「卒業発表」というかたちで知らされたような気がする。




少なくとも私が見てきた"新生『モーニング娘。』"の足取りは、「鞘師里保プロジェクト」といっていい。
2015年は表では、さやしちゃんの率いる『モーニング娘。』が、満を持して、いよいよ始動し出した風に見えた。


けれど、見えないところできしきしと音を立てていたのかもしれない。
私はそれにまったく気がつかなかった。




2015年、モーニング娘。は"脱EDM路線"・"脱フォーメーションダンス"・"脱センター固定"と、
再ブレイクのきっかけの数々から脱し、かなりチャレンジしたと思う。
けれど、それはあくまで「試行錯誤」のうちにおさまり、成果が出たかといえばそうとはいえない。
だからこそ2016年は勝負したかったのではないかと思う。


そこにきて、ここまで育てたエース・センターの離脱。




さやしちゃんは、"これからの『モーニング娘。』"を待たなかった。




逆をいうと、そこまで大きなものをさやしちゃんに背負わせてしまった罪でもある。

いつの間にかJ-POPアイドルのなかで屈指の風格を漂わせる存在となっていた。


彼女は孤高だった。




非つんく♂楽曲も数多くなってきた『Hello! Project』。
そのなかでもトップを走っていなければならないのが『モーニング娘。』というブランドであると思う。
2016年、「鞘師里保・卒業」によって、グループはどのように変容するのであろうか。
また、こちらの余計な心配など蹴散らし、充実した活動が行えるように、と願っている。


そして、さやしちゃんが見つけた未来が、どうが明るいものになりますように。