読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。PC版のサイドバーをちょこちょこ更新中。

バクマン。

実写映画版の感想です。
原作漫画は1、2巻読んだ程度。(たぶん)




わかりやすいし、難しくないし、スピード感があったのが良かったです。
飽きずに気楽に観ることができました。
畳みかけるようなオープニングはこちらをおおいに煽ってくれます。


映像のクオリティは素晴らしかったです。
話題のプロジェクションマッピングもものすごく格好良かった!
アニメーションやグラフィック処理は細田守作品を思わせるような出来。見ごたえがありました!
さすがニッポンのトップカルチャーなだけあるなぁと感心。
エンドロールまで目が離せない凝ったつくりはやっぱりニッポン的。


冒頭、「なかなかタイトルが出てこないな~」と思ったら、最後の最後に出てきました。
エンドロール前にばばーんとタイトルロゴが出てきます。
この、ラストからまた始まるような演出はおお~となりました!
そこから鳴る『サカナクション』の主題歌も良かったです。


ただ……


つくり手の"クリエイティブごころ"が原作の「設定」にまでしか及んでいないように感じてしまいました。
登場人物の"漫画へ対する「情熱」"が描かれていないのも疑問。
だからストーリーの展開が白々しいというか。


何もかも「綺麗」。
「綺麗」すぎる内容にちょっと悔しさがにじんでしまいました。
誰も彼も傷つかない。
"現場はそんなに「綺麗」じゃない"、と思うのだけれど。私だけかな?
それらからは『ジャンプ』が掲げる「努力」も「友情」もペラペラにでしか感じられず、ただ、「勝利」のみだけがハッキリしていました。
結果が「勝利」であればいいのかな?


個人的にフラッシュバックして感情的になってしまい辛い部分があったけれど、
もっと物語が辛くあって欲しかったように思うのは私自分のプライドが高いからなんだろうなぁと思いました。ああ。
まぁそんな辛い物語、『少年ジャンプ』じゃだめだよね。。


ラブストーリーもなんとも中途半端。
超王道漫画的展開から始まったので、期待したものの、うまく逃げられた感。残念。




登場人物の「生活」が微塵も感じられずリアリティがありません。
だからキャラクターに厚みがない。
あくまで現場劇(なんだそりゃ)なのはラスト同様に『スラムダンク』を意識(だよね?)してのことなのかな。


神木隆之介くんのファンとしては根アカの神木くん(秋人)が堪能できたので満足しました。
ところが後半明らかに秋人の存在感がなくなっていきます。
佐藤健演じる最高との友情は?青春は?絆は?
というか、秋人に限らず、ラストに向かうにつれ登場人物たちの色がどんどん失せていく。
代わりにストーリーにフォーカスされるのだけれど、登場する劇中作品の印象が薄いのでなんとなく弱い。
小畑健氏による作品自体はとっても凄いです!全部小畑作品だったとは…!)
そのへんの焦点があまり定まっていないように感じてしまって、もやっとしてしまいました。




キャスティングは良かったです。
山田孝之は本当にうまい。染谷将太くんもうまい。
佐藤健は想像より全然良かった。
いつものひとりごとのような喋り方は漫画家役には合ってたように思います。
けれど違和感が最後まで拭えなかったのは、ストーリー同様に「綺麗」すぎる風体にあるのかもしれません。
スチールやCMだけだと「大丈夫かなぁ?」、だった小松菜奈ちゃん、映像だとすっごく綺麗でよかった。ヒロイン力が抜群。
ただ声優を目指すにあたりヲタっぽさがまったく伝わってこないので、"彼女じゃなくても感"がなきにしもあらず。
佐藤健同様に「綺麗」がすぎるのです。
でも"ヲタク=声優"ってわけでは絶対にないし、結果的には良かったのかな。(どっちだよ)


神木くんと佐藤健の映画宣伝のメディア出演量は考えものだと思ってしまいました。
なぜなら彼らと演じるそれぞれのキャラクターは結構近いものに感じられたから。
物語に集中したくても素の彼らが顔をのぞいてしまって煩わしかったです。




劇場で手にとったチラシのなかにあった神木くん出演のクドカン作品がおもしろそうで、いまから楽しみです!