読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。PC版のサイドバーをちょこちょこ更新中。

こぶしファクトリー 「ドスコイ!ケンキョにダイタン」 ミュージックビデオ

…は?




こぶしファクトリーてなんやねん!!!!!
ドスコイてなんやねん!!!!!




そうでしょうそうでしょう。
私自身、なんでこんなタイトルの記事をエントリーをすることになったのやら\(^o^)/


『こぶしファクトリー』は『Hello! Project』のできたてのアイドルグループで、
『ドスコイ!ケンキョにダイタン』は彼女らのメジャデビューシングルのタイトル曲のうちの一曲、ということなのです。





つい先日、「ハロプロがわけがわかなくなっている」と記した際に、

(こぶしファクトリーは)私にはロリすぎる。

とあきらめていたのですが、どっこい!、ですよ。


こちらのミュージックビデオ、




こんな子いたっけ!!!???




の、連続。


すっかりメンバーが洗練されているではありませんか…!


女の子って!!!!!デビューって!!!!!すごい!!!!!!!


力士?、鬼ごっこ?、太鼓?、とかそういうのはいったん置いておいて、(ここ超重要)
これだけ"メンバーがビジュアルをしっかり仕上げてきている+メンバーが可愛く撮れている"というだけで、かなりイイと思います!
(某48グループは見習え!)




もうね、「できるだけ変な曲をつくれ」と発注があったとしか思えない(笑)
「変な曲」を全力でパフォーマンスするのはハロプロの様式美のうちのひとつなのではないでしょうか。
これがウケ狙いじゃないんですからね~!慣れてくると感覚が麻痺してる(笑)
スターダストプロモーションらへんの狙った「変な曲」は一周してオシャレサブカルっぽい佇まいを見せますが、
ハロプロの「変な曲」はガチの「変な曲」ですからね!ドスコイ!
それを『ハロプロ研修生』というセミプロ歴の長い彼女たちが、まだ若いながら完成度の高いパフォーマンスで魅せるわけですから、
なんだかすごい世界なのです。


そのパワフルなパフォーマンスからは、不思議と「ロリ」な部分はほとんど見えてこない。
それは『ハロプロ研修生』として着々と実力をつけてきた彼女たちならでは。




先に挙げた記事にて、

"ハロプロを「知らない」時間"というものは、とても貴重なのだ。
だって、あとからその隠れた魅力をどんどん知っていくのだろうから。


そういう「時間」に立ち会っているのだ。

と記しているのですが、早くもそれをひしひしと実感しております。


しかも彼女らはのび白も可能性もまだまだ秘めているわけで。
年齢的にも、これからまだまだどんどんぐんぐん洗練されていくのかと思うと!
これからグループとしてのカラーができていく過程が見られるのだと思うと!
いまからと~~~っても楽しみです!