読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。PC版のサイドバーをちょこちょこ更新中。

るろうに剣心 伝説の最期編

前編(っていうことでいいのかな?)『京都大火編』が個人的にそれほど…という感じだったので、
本作の鑑賞はどうしようかなー、なんて思っていたのですが、
せっかくなので"神木宗次郎"を見納めるつもりで、観て参りました。


前記事でのハイテンションツッコミモードが抜けきれず、
観ながら終始心の中でハイテンションにツッコみまくっていたように思います(笑)
とくに「漫画かよ!」とツッコむところ多々だったのですが、「だって(原作が)漫画じゃん…!」と自己完結の連続。




マイナス案件はほぼ前編『京都大火編』と同じかなぁ。
そのなかでも、とりわけ本作は全体的に人間関係の描き方が薄っぺらく感じました。
だから薫と剣心の間に育まれているはずのものがほとんど見えてこず。
ココがしっかりしていたらもっと物語全体の印象も変わってくると思うのです。
不自然な描写も多々。だからか端々がぼやーっとしている。


CGがかな〜り安っぽくてびっくり(笑)
志々雄の剣から出る炎や遠くに見える甲鉄艦やらがなんともチープでした。




以下、ネタバレあります。




序盤の佐藤健(剣心)と福山雅治(比古清十郎)のシーンがつらかったですね〜。
ふたりとも自分語りのように台詞を発するので、「このナルシスティック掛け合いはいつ終わるの…」とぐったり。
比古は原作でもナルシストキャラだけれど、それを演じて表現することと、役者からにじみ出ちゃうことは違う。


そんでもって、


奥義の継承場面、すっとばしてますよね…?


ありました?私が見落としただけ?
いくら漫画的超展開でもさすがにコレは飛ばしちゃダメだろ〜〜〜!!!、と勝手に思ったのですが。
もしかしてあの修行と思われる一連のチャンバラで奥義継承しちゃったの???
イチ原作ファンとしてはちょっとそこがひっかかりました。




蒼紫のパートはサイドストーリーとしては取ってつけたように感じられてしまい残念。
中途半端だったのでいっそソコだけとっぱらっちゃってもよかったのでは、とまで思ってしまいました。
伊勢谷友介の演技はとっても格好良かったですよ!
剣心との戦いに敗れたのち、葵屋で素肌に包帯姿でもって目を覚ますシーンはエロくてごちそうさまでした♡


お目当ての"神木宗次郎"は想像したよりかなりかませ犬的な扱いにがーっかり。
神木くんは一生懸命演じていたのに〜!(モンペ)
十本刀の安慈・宇水は超脇役だったけれど、ささやかながら、ともに左之助・斎藤とのバトルがあり、
原作ファンには嬉しいサービス。
他の十本刀とおぼしき面々はいでたちですぐにわかったものの、衣装が原作漫画に忠実がゆえ無駄に派手で浮いてしまっていました。
そこは実写版オリジナルの解釈で他のメインキャストのように自然な風にできなかったものか。




藤原竜也(志々雄)は前編につづき、お見事な演技!
前クールの某テレビドラマでの演技を見ては、やっぱり「う〜ん(汗)」となってしまったのだけれど、
こういった壮大な世界観の大ボス役では、物凄いカリスマ性を纏った貫禄たっぷりの演技で魅せてくれました。
あんな動きにくそうな装備での怪物級の殺陣、顔すらもほとんど見えないのに本当に格好良かった!
エキセントリックさが際立った滝藤賢一(方治)さんの怪演もとっても良かったです。
\\巻町操役は宮澤佐江ちゃんがよかったと思うのー!//、とのたまった前編ですが、
本作では土屋太鳳ちゃんがイイ演技を見せてくれました。
情熱大陸』で滝藤さんが次世代の実力派若手俳優に名を挙げていたのにも納得。
反して、高橋メアリージュンちゃんはいったいなぜ由美姐さん役を射止めたのでしょうか。
前編を観た段階ではキャスティングのせいにしていたのですが、
白熱しているバトルシーンにおいても演技が緩すぎるし、
見切れてるシーンでは心ここにあらず状態(少なくとも私にはそう見えました)でぼーっとしてるし。




あとね、あとね。


4対1の戦いはさすがに志々雄がかわいそうだろ!!!!!


原作漫画では次々に志々雄が4人(剣心・斎藤・蒼紫・左之助)と対戦するのですが、
本作では4人がいっせいに志々雄に襲いかかります(笑)
まぁそんだけ"志々雄が強い"ことの証明でもあるのだろうけれど。
とくに蒼紫は「お前どうやってここまで来たんや?」という意味も込めても不自然な加戦だったように思います。
まぁもちろん最後は剣心がキメるのだけれど。
志々雄の「最期」は、もう少し派手でもよかったかも。


そんな4戦士たちが甲鉄艦からどんぶらこ〜と小舟にゆられご帰還する様子はなんとも微笑ましかったです(笑)




なんやかんや文句ばっかりになってしまいましたが、
"少年漫画の実写化"としては本作も大成功の部類に入るのではと思います。
本作はオリジナルの設定もしつらえて、原作の世界観を壊すことなくつくりきったのには素直に拍手。
そしてなにより、気合じゅうぶんであろうバトル・アクションシーンはやっぱり見ごたえがあって楽しかったです!


とはいえ、これで物語が「完結」になるのだとしたら、やっぱり中途半端かな。(文句)
もう少し、未来が見渡せるようなラストにするにはやっぱり登場人物同士の絆等をよくよく描いてみてほしかった。


それともまだ続編があるのでしょうか。むむむ。