ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

B.A.P 「EXCUSE ME」 発売記念フリーライブ in ラゾーナ川崎プラザ

ついに!ついに!ついに!



生B.A.P、見ちゃったよ〜\(^o^)/




でで〜〜〜ん!!!




パフォーマンスがどーのこーの、じゃないのです。
重要なのは視線のそのすぐ先に『B.A.P』が存在したか否かなのです…!


…要するにダンスは全然見えなかった(涙)


でも「フリーライブ」ですから。
フラッと行ってフラッと肉眼で見れちゃって満足ですよ。
インターネットでYouTubeな存在だった彼らが数メートル先にいる現実に改めて感嘆。




下手側の後方エリア二列目から観覧したのですが、
はじめのうちはラゾーナのステージの相変わらずの近さにキャッキャしていたものの、
いざライブが始まると、メンバーの顔がギリギリ見えるか見えないかという感じで、
とにかく、"生の『B.A.P』をこの目に焼き付けなければ…"ということに必死でした…。
ラゾーナでの観覧は5回目くらいなのに学習してない……
っていうかこんなに集客するアイドルのフリーライブが初めてでぇ(ブツブツ)
天候には恵まれ、待ち時間も快適に過ごせました。




約20分以上遅れてスタートしたイベント。
にも関わらず1時間もやらなかったような気がするのだけれど、体感時間が短かっただけ?
衣装はミュージックビデオのB-BOY風の衣装でした。
登場するやいなや黄色い大歓声。これ、いつ体感しても気分イイです。


こちらが今回リリースされた『EXCUSE ME』。


オープニングで『EXCUSE ME』のカップリング曲『ZERO』を披露。
そのあと日テレの情報番組『PON!』用の撮影やフォトセッションがありました。
二曲目『NO MERCY』の披露ではメンバーひとりひとりの名前をファンがコールする部分があり盛り上がる。
旧譜では『WARRIOR』より『NO MERCY』のほうが代名詞的な扱いなのでしょうか?
『WARRIOR』の披露を楽しみにしていたので無かったのがちょっと残念。
そしておもしろメガネをつかったコーナーがあり、あっという間に最後の曲『EXCUSE ME』…!


そうなのです!たった3曲しかやらなかったの!物足りない!
まぁ売れっ子ならこんなもんなのかなぁ。無料だし。




ヨンジェがいっぱいこっち(下手)側に来てくれて嬉しかった…ありがたや…
デヒョンはすっごい歌がうまかった…楽しそうにしてた…
ヨングクさんは笑顔が本当に優しかった…下を向く姿も艶っぽかった…
ジェロちゃんはおっきかったのでよく見えた…はにかみ笑顔がかわいかった…
ヒムチャンとジョンオプさんはあんまり覚えてない…ごめんなさい……
ヨングクさんがジェロちゃんに歯茎丸出しで笑いかけるところが最大の萌えどころでした。


オラオラで沸く曲ばかり(といっても3曲)なので楽しかったです。
そしてメンバーみんなシャイそうなのに(私のつたないイメージです)曲が始まるとこちらを煽る煽る!
見えないながらもその成熟したショーのつくり方には感心するほかありませんでした。
そして改めてB.A.Pの楽曲の飲み込む力を思い知らされました。
他の上っつらだけで楽曲を掲げているグループとはワケが違う。
そのへんは周りの大人の手腕のおかげももちろんあると思うけれど、
メンバーそれぞれが"『B.A.P』である"という意識の高さの表れなのでは。
そしてそんなオラオラ曲の多いこちらのグループ、
美しい絹のような歌声のデヒョンと可愛さのある親しみやすい歌声のヨンジェのボーカルラインの配置が絶妙!




会場の雰囲気がとても良かったです。
私みたいなよそ者(というよりクソカケモ)も受け入れてくれてくれるような温かさがありました。
\『B.A.P』といえば!/\ホイッスル!/なのですが、今回は禁止とのこと。
アナウンスがあると、\え〜〜〜!/と残念がる声もあがったけれど、皆しっかりと我慢していました。
あと、マトキのペンライトがすっごく可愛くて持っている方が羨ましかったです。


左後ろにいた女子高生がデヒョンの熱烈なファンらしく、終始\デヒョン〜!/と絶叫に近いコールが(笑)
今日、誕生日の観客に好きなメンバーのかけていたおもしろメガネをその場で外してかけてあげるというファンサコーナーも。
数人いたので該当者はじゃんけんで決定するとのことで、
近くにいた\はい!はい!/とジャンプしながら手をあげていた先ほどとは別のある女子高生が物凄い勢いで、
ジャンケン場に走っていくのを見守りました(笑)
結局選ばれたのも女子高生だったのですが、女子高生が本当に多くてその子が勝ち取ったのかは判別できず。




パフォーマンスをまったく見れていないせいもあるのか、イベントのそのものの雰囲気がゆる〜い感じがしました。
結構ビシッとしているイメージのあるグループだったのでちょっと意外でしたね。
まぁ微妙な某メガネのコーナーを挟んだことでグダッたということもあるでしょう。
とはいえ、ライブはたった三曲…今日あの場で彼らの"「ライブ」の良さ"がわかるわけがないのですが。


「生歌、素晴らしい!」と本来なら褒めたたえたいくらい、本当にラップも含め歌唱は素晴らしかったのだけれど、
いかんせん"姿を見る"ことに必死で、韓国語で歌ったのか日本語で歌ったのかもわかりませんでした…。
(当然、日本語で歌ったのだと思うけれど!当たり前や!)
最後の曲、『EXCUSE ME』では、曲が終わっても(たぶん)ヒムチャンが歌い続けたのをきっかけに、
オーディエンスとのコール&レスポンスの大合唱のラストで、
やっぱりライブって特別だなぁとしみじみ思いました。幸せ。
そのときのデヒョンの笑顔がとても素敵で目に焼き付いています。




"バン・ヨングク新タトゥー事変"で、B.A.P事情に揺れていた我が家ですが、
本イベントですっかり覚えた『EXCUSE ME』のコールを口ずさみながらの上機嫌な帰り道でした。




それにしても、本イベントに参加するあたり界隈の情報をいろいろと目にしたのですが、
商法はなかなかえげつなくてびっくりしてしまいました。