読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。PC版のサイドバーをちょこちょこ更新中。

HYUNA 「RED - 赤いです」

"K-POP・夏の陣"、に4Minute・ヒョナ嬢もソロ参戦!
力の入ったミュージックビデオからもカムバックへ向けた気合が伝わります。




オラオラドヤドヤなステージは貫禄じゅうぶんで、「セクシー」と形容するのも野暮な気さえしてきました。
プリプリクネクネパカパカしているけれど、エクササイズ系(違)のSISTARとはまた趣きが違う。
この超体育会系の全身バネっぷりったらすんげーすんげー。


なによりヒョナがイキイキとしているのが見ていて清々しいほど。
水を得た魚!!!ここまでくると格好良い!!!



蠱惑的な、かなりHIPHOPに寄った楽曲と尖ったラップに委ね、
ひたすらに"自分は「RED」である"、と激しいパフォーマンスとともにガンガン主張するヒョナ嬢。


雰囲気は2NE1・CLちゃんのソロデビュー曲『悪い子(THE BADDEST FEMALE)』とちょっと似た印象。
アンセムソングなところも共通しています。




そして、そのタイミングは、サビ前にやってくる。




♪私を置いていかないで〜今、あまりにもさびしいのだから〜
♪あなただけは私から去らないで〜ここには私ひとりしかいない〜
♪今、変わってしまうかもしれない〜






…ウッ(涙)






※歌詞は抜粋、翻訳は意訳です。




穏やかなメロディーに、憂いをおびた表情。
その瞳は雄弁。
終盤では、さっきまでたくさん群がっていた大勢のダンサーからステージにひとり取り残される。
さっきまでのオラオラドヤドヤ・ヒョナはどこへやら。
とたんに儚さを覗かせる。


そして間髪入れず、キャキャキャと無邪気に笑いながら、
サルのおしりとかけて"自分は「RED」である"というヒョナがなんだかとってもいじらしく思える。


表現者」としてのヒョナの一端を見た気がします。
そしてそれらを体現できる強靭な身体がもうもう物凄い。
いや〜アッパレです。




本作が含まれるミニアルバム3集『A Talk』にはヒョナ自身も積極的に制作に参加したのだそう。
この曲の作詞こそヒョナ当人によるものではないけれど、
ふとしたときにこそ、嗚呼、彼女も"ひとりの女の子"なのだなぁとしっかり感じさせられるのです。