ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

SKE48 「未来とは?」 ミュージックビデオ

「逆再生」をコンセプトにつくられた本作。
なんと、先日のSKE48単独コンサート『SKE党決起集会。「箱で推せ!」ナゴヤドーム公演』にて収録された、
ライブ映像部分も逆再生仕様。一発勝負です。





AKB48の『抱きしめちゃいけない』というノーカット撮影による超名作ミュージックビデオがあるけれど、
それを見たときの感覚に似ています。なんだか懐かしい。


楽曲自体は最近の48G特有のぼんやりとした退屈な凡曲なのですが(私比)、
MVの効果は絶大!すっごくワクワクする!なんか泣けちゃう!


スタッフと出演しているメンバー、加えてこの公演に駆けつけたファンが、
一丸となってつくり上げている熱をぎゅっと濃縮してそのまま映像になったような温かさ。
そしてなにより、メンバーの「いまが旬!」と言わんばかりのイキイキとした姿。
結成されて約6年ですが、かすむことのないそのキラキラ・ハツラツとしたフレッシュさたるや、
まるで私が『AKB48』を好きになったときのそれを思い出します。




それらが先日行われた「大組閣」で壊される怒り、悲しみ、悔しさ。
メンバーもファンもスタッフもそれぞれ思うところがあるのは当然のことでしょう。


佐江ちゃんはここに入るのかぁ。


しかも、チームリーダーとして。


この公演の映像を先日テレビ番組で見る機会があったのだけれど、
大組閣は改めて『AKB48』のために行われるのだ、ということを、しみじみと実感しました。
そのくらい、画面を通して見たいまの『SKE48』はある点でもうすでに完成されていて、「組閣」の余地は無いと感じました。
そして、改めて今回の宮澤佐江ちゃんの「兼任移籍」の件はとても大きなことなのだとわかりました。
だからこそ、「移籍」を打診されたメンバーは移籍先でいっそう輝ける機会のきっかけをもらったのかな、と。


私にとって、この『未来とは?』という作品の持つメッセージ性がより強まったのは、
背景にそういったドラマ(傍から見たら相変わらずの茶番かもしれませんが)があるからなのかもしれません。
かなり乱暴なやり方ですけどね。




私はただのイチ「佐江ヲタ」でしかないので、彼女の背中を遠くからただ見守るだけです。
それでも佐江ちゃんがこれから『SKE48』で起こすであろう化学反応は、ひっそりと楽しみにしていたりします。
どうかそれが『SKE48』にとって良い作用しますように。
少女たちの未来が明るいものになりますように。