読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。PC版のサイドバーをちょこちょこ更新中。

モーニング娘。'14 「What is LOVE?」 ミュージックビデオ

さぁ!!!
ミュージックステーション』の予習をしましょう!!!!!





モーニング娘。'14(ワンフォー)』が1月31日の『Mステ』に出演することが決定しました!
披露曲は『What is LOVE?』!!!(と『LOVEマシ−ン(updated)』)
"11年半ぶりオリコンシングルランキング3作連続1位"の後押しもあり、
昨年8月にMステに6年ぶりに出演した『モーニング娘。』。
そのときは『わがまま気のまま愛のジョーク』(と『ハッピーサマーウェディング』)を披露。


今回の披露曲は、トリプルA面シングル『笑顔の君は太陽さ君の代わりは居やしない/What is LOVE?』のうちの一曲。
『What is LOVE?』の楽曲は、まさに"トリプルA面のうちの一曲"という感じで、
最近の娘。シングル曲から察するに、良くも悪くも想定の範囲内の出来。
だけど、このハイテンポな軽快EDMをまるっと飲み込んで見事に「パフォーマンス」に昇華させている様は、かーなーりー格好良い。
メンバーそれぞれが並大抵のリズム感を装備していないとなし得ないことだと思います。
まだまだ荒削りながら10人という大人数で成立させているのが凄い。
そして、それをグループの成長過程真っ最中にやってのけるのですから。


ミュージックビデオはライブ映像を使用。
一見「低予算」ですが、これも"トリプルA面のうちの一曲"だからこそできること。
ステージで輝く姿・ライブでの様子をアプローチできるという点では効果的なのかもしれません。
そういう意味では英断だったのではないかと。




たぶんだけれど、『AKB48』が売れなくなったらアイドルブームごと無くなる予感がします。
モーニング娘。』の「再ブレイク」と言われるようになってきたきっかけは「AKB商法」が産み出した「アイドルブーム」だし、
その根元には"反AKB"というのがあると感じるからです。
だからいろいろなところで、「AKBと違って○○は〜」ということばをよく見かけます。
それ自体が、完全に"反AKB"の効果なんですよね。
問題はそこからで、"反AKB"から脱したところで、本当の「再ブレイク」なのではないかと思います。
いまは「再ブレイク"前夜"」なのかも。
その様子をリアルタイムで見守れる"いまのモーニング娘。"をいつ見るか?\今でしょ!




それにしても。
娘。は新曲(タイトル曲)を毎回楽しみにチェックするようになったのに、
48グループはぜんぜんチェックしなくなってしまって…。
歌割とかダンスとか、K-POPに転がってからソッチに俄然興味が傾いた感じ。
加えて48Gは似た曲が多くなってきて食指が動かなくなってきた。
そのなかで、『NMB48』は「大阪」というバックグラウンドを盾に頑張って攻めてるのが好印象です。
パフォーマンスもまとまってるし、隊形にも安定感感がある。
(反面、公式ライバル・乃木坂46はハッとするような良曲が多い)
そんな感じなので、在宅だし、今更「パフォーマンス重視」で推し増しとかナイからねー。
好きな子は何人もいるのだけれど。




というわけで、"Mステのモーニング娘。'14"、ひとりでも楽しんでくれるひとが増えますように!!!




追記!『Mステ』視聴後!
メンバーのルックスが仕上がっていて、みんなちょー可愛かったです!!!
キラキラ衣装もと相まって発光しとる…!まぶしい…!
前回出演時は「MVのほうがいいな…」と思ってしまうようなパフォーマンスに感じられたのですが、
今回はそんなことはまったくなく、グループとしての成長をしっかりと実感しました。
なかでも小田さくらちゃんの洗練されっぷりにはびっくり。
歌唱・ダンス・存在感・ビジュアル、そのすべてが磨かれている!貫禄じゅうぶん!
そして現在、その最中を垣間見れる幸運たるや!