ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

ソユ × チョンギゴ 「Some」

年末の歌謡祭などなどを眺めていて思ったのは、
"今年、ソユ(SISTAR)×チョンギゴの『Some』がいかに支持されたか"ということです。




ミュージックビデオにはダソム(SISTAR)とバロ(B1A4)が出演。




この『Some』という楽曲を軸に、組まれたステージ・ショーの多いこと多いこと!!!
それらが今年のK-POPシーンの様相を物語っているかのように感じます。


基本的にアゲ曲マンセー派の私にはイマイチこの曲はハマらなかったのだけれど、
生き急ぎ気味のK-POP激流において、
このあたたかくて甘い楽曲がヒットしたことは2014年の界隈のなんらかの象徴なのではないでしょうか。
少なくとも歌謡祭のステージからは、ピンとこなかった私にもそれを強く訴えかけられているような気がします。
(日本でいう『ようかい体操』的な?)


そして、殿方を包み込むようなソユの歌唱が評価されているのがよくわかる。




そんな経緯もあり、


"デュエットの女王"に君臨したソユ嬢が、
次々にオトコどもを喰っていく様子は実に爽快!!!!!


(チョンギゴさん、ミアネヨ…)




ときには仲間・SISTARを巻き込んで四戦!
チョンギゴ、Block.Bピオ、ナム・ジュヒョク、イ・ジョンヒョクらを喰らう!


INFINITEソンギュ、BTOBソンジェ、チョンギゴとの三連戦!


防弾少年団ラップモンスターまでもを手懐けちゃうソユ嬢!


休む間もなく、Block.Bピオ(二回目♡)+パッキョンをはべらせるソユ嬢!


おぼこいB1A4シヌ・サンドゥルにだって容赦ない!


もちろんチョンギゴさんとふたりっきりの本家『Some』も♡




この、ソユの最強勝ち組女っぷり。


(チョンギゴさん、ミアネヨ…)(二回目)


アイドルらしからぬ、ハスキー・ウィスパーボイスで一気に空間を『Some』の空気感に変えてしまうソユ。
まさしく2014年のK-POPシーンのヒロインです。




(明らかな)業界のさまざまなしがらみのせいでなかなか賞レースでは結果として「ヒット」を示せなかった『Some』ですが、
ようやく先日の『2014 SBS歌謡大典』で「音源賞」を受賞しました!


おめでとうございます!

//イエ~~~イ!\\


※ソユ嬢がサマーギャルの風体なのはSISTARの『Touch My Body』仕様だからです!


そして、なにより、この『Some』という楽曲の汎用性が光った、この年末。
今年をしっぽりと振りかえるにはぴったりのBGMになりそうです。