読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。PC版のサイドバーをちょこちょこ更新中。

SKE48 チームS5th「制服の芽」公演

宮澤佐江ちゃんから悲痛なモバメが届いた。
そこから状況を知った。


まず、佐江ちゃんに言いたいこと。

出るなら見るな。
見るなら出るな。

かのタモリさんがSNSに悩む芸能人に向けて放った有名なひとことである。







SKE48』は"ステージの上でパフォーマンスをする"ことを望む佐江ちゃんにとってはまだまだ必要な存在なのだろう。
ところが、私はすでに、ほとんど"『SKE48』の宮澤佐江"に興味が持てなくなっている。


私は先日の佐江ちゃんの参加するユニット『DIVA』の解散時にこうして記している。

"DIVA解散"は、そんな私にとって、"彼女が「しがらみ」のひとつから解き放たれた"という出来事でしかない。

SKE48』も、わたしにとってはもはや「しがらみ」の部類に入ってしまっているのが正直なところだ。


彼女の今日に至るまでの軌跡はそれなりに知っているつもりだけれど、
「アイドル」としての彼女の選択にほいほいついていくには、もういささか疲れてしまっているのだ。


新天地へ進んだ彼女には、それなりの覚悟が必要だった。
けれど、今回のことでいかに自分を取り巻く環境が厳しいものだったのか、覚悟が足りなかったのか、わかったのだと思う。




今回のことは48グループのシステムが招いたこと。
メンバーを責めるのはお門違いである。


と、いうことで、むやみに佐江ちゃんを攻撃するような輩には、こっそり呪いでもかけようかな。(モンペ)