ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

EXO 2014 Mnet Asian Music Awards in ライブストリーミング

2012年、『K-POP』の右も左もよくわからない(いまもよくわかっていない)まま視聴した、
『Mnet Asian Music Awards』(MAMA)も、もう3回目!!!


先日の単独コンサート『ロスプラ』でまた違った角度から見守ることをふんわりと(私が)決めた『EXO』。
今年もそんな彼らにとって素敵な授賞式となりました。



We are ONE!




いやね、3年目となると、この『MAMA』という催しがどういうものかがわかってくるんです。
とくに今年は\コレ!/っていう楽曲もアーティストも無かったような。
だからか今回のMAMAを見わたしても地味感が拭えず。
そこで各芸能事務所がそれぞれ賞をもぎとっていく様がより生々しかったというか。


けれど、EXOには\コレ!/っていう指標があるんです。


それは「数字」です。


ミニアルバム2集『中毒 (Overdose)』は、昨年のブレイクの後押しもあり、
(『ウルロン』とまではいかずとも)それはそれはた~~~んと売れました。
この「数字」ばっかりは、誰も操作できないまぎれもない「事実」なのです。




そして2014年はEXOにとっていろいろありました。と、いうかいろいろありすぎた(笑)
そんな背景からも、彼らもまたそれらの「数字」がいかに自分たちを励まし、
戒めるものなのか実感しているのではないでしょうか。


昨年のMAMAでの受賞時には、ちょっと突き放したような、素直じゃない祝い方を(私が)していたのだけれど、
今年はおだやかな気持ちで、心から「よかったね」って、そんな風に言える受賞でした。
それは彼らとともに苦楽を共にしたという、いちファンとしての思い(というより錯覚?)があるからなのではと。


いつもぽわーんとしているレイちゃんからは想像し難い雄々しい力強いスピーチからは、
何を言っているかはわからずとも、その強い意思・展望は伝わってきました。
(もちろん訳は拝読させていただきました)
他のメンバーも全体的にいでたちがこわばって、気張っていたように思います。


ということで。



EXO、大賞「今年の歌手賞」・「今年のアルバム賞」受賞、
その他合わせて4冠、おめでとうございます!!!




"プチ『ロスプラ』状態"のこのステージ・ショー、お腹いっぱいです!
まさか、カイくんのソロダンスまであるとは!!!
ロスプラの思い出がよみがえる…!!!
パフォーマンスも緊張感があって、凄く真剣に取り組んでいるのが伝わってきて、
脂が乗ったようにも思えるそれには、こちらもどっしりとした視線で見ることができました。
だからこそ、やっぱり「口パク」がダサいな~、なんて思ったり。





こんなワクワクさせてくれるカムバックティーザーまで公開!


『EXO』は来年も、きっときっと楽しませてくれるはず。
そんな風に感じた今年の『MAMA』でした。




・まさかの『FNS歌謡祭』と丸被り!FNSとMAMAを同時に見るというヲタ芸を発動しました(笑)
 宮澤佐江ちゃんの見どころはしっかり見れたので満足♡とくに『恋チュン』ではたくさん抜かれました♡
・FNSのジャニーズスーパーメドレーにはMAMAそっちのけになりそうでした(笑)
 ジュリー派と飯島派を従えるマッチ先輩△
・俺たちのEXO・チェンがジョン・レジェンドと少女時代・ティファニーとのコラボレーションステージに大抜擢!
 最初、ひとりで歌っていたのでジョンデとは気付かず(笑)
『Block.B』と『防弾少年団』のコラボステージがめちゃくちゃ格好良かった!
ブロビのピオちゃんはSISTARのステージでもゲスト出演、ボラとのラップ競演!それがもう素敵で!
 ダミ声の男性にはラップ習得を強く勧めよう、と思った次第です。
『Girl's Day』と『Ailee』のコラボステージも良かった!
 男性ダンサーのなかにエイリが混じっているだなんて…!
 『Something』は今回披露されたアレンジの方が本家より断然好み。
・『iKON』・BOBBYが大活躍。独特な雰囲気があって好きです。
・プレゼンターとして、大好きな『ルームメイト』からドンウクさん、セホさん、ミヌくん、イ・グクジュさんが登場!
・話題になっていたキスパフォーマンスはセホさんとグクジュさんがする予定だったらしい(笑)しなかったけど(笑)
・まさかの"三年連続ファンベ"には思わず苦笑い。。
・"出席=受賞"だと思っていたのだけれど、出席したにも関わらず、受賞していないアーティストが結構いた印象……
・AOAもでっかいステージでパフォーマンスさせてあげたかったネ……
・私は『VIXX』のお兄さんたちにベストダンスパフォーマンス賞をあげたいのです(涙)




受賞されたみなさま、おめでとうございます!

■大賞部門
今年の歌手賞:EXO
今年の歌賞:SOL『目、鼻、口(EYES, NOSE, LIPS)』
今年のアルバム賞:EXO

ベストアジアンスタイル(レッドカーペット):EXO
新人賞:WINNER
ベストダンスパフォーマンスソロ:ソンミ『Full Moon』
ベストコラボレーション:SISTAR ソユ&チョンギゴ『Some』
スタイルインミュージック:チョン・ジュンヨン
女性グループ賞:SISTAR
男性グループ賞:EXO
フェイバリットミュージックインチャイナ:お箸兄弟『Little Apple』
インターナショナルフェイボリットアーティスト:ジョン・レジェンド
ベストOST:LYn「My Destiny」
ベストボーカルパフォーマンス女性:Ailee『歌が上手になった』
ベストボーカルパフォーマンス男性:BIGBANG・SOL『目、鼻、口(EYES, NOSE, LIPS)』
ベストバンドパフォーマンス:CNBLUE『Can't Stop』
アジアンアーティストオブザイヤー:Ho Quynh Huong(ベトナム)、Thaitanium(タイ)、Raisa(インドネシア)、林俊傑(シンガポール)、家入レオ(日本)
K-POPファンチョイス(男性):INFINITE
K-POPファンチョイス(女性):少女時代 テティソ
女性アーティスト賞:IU
男性アーティスト賞:SOL
ベストダンスパフォーマンス男性グループ:INFINITE
ベストダンスパフォーマンス女性グループ:Girl's Day
ベストラップパフォーマンス:Epik High
Youku(优酷)・Tudou(土豆)ベストミュージックビデオ:2PM『Go Crazy』
ザ・モースト・ポピュラーボーカリスト:IU