ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

AKB48劇場8周年特別記念公演

田野優花ちゃん、高橋朱里ちゃん、岩田華怜ちゃん、武藤十夢ちゃん、
佐々木優佳里ちゃん、平田梨奈ちゃん、大森美優ちゃん。


ふと、AKB48・12期生の集合写真を見て、こう思った。



ここ、濃いな〜(笑)




それで確信した。
私のなかでAKB48の"世代交代"はもう済んでいる。




宮澤佐江ちゃんが『AKB48』から離れたように、私も『AKB48』から離れました。
かなり遠くから彼女たちを眺めていた。


それにもかかわらず、この12期生の写真を見て、このようなリアクションに至った自分にまずはびっくり。


決して"ゴリ推し"されている面々ではないです。
AKBならではのSNS、メディア展開、ライブビューイングなどなどの露出によって、
ステータスである劇場公演でのパフォーマンスを見ずとも、
知らずのうちに"ここ"のメンバーの存在感が大きくなっていたのでしょうね。
こんなに"離れていた"のに。




正直、AKBはいま『48グループ』のなかで一番ヤバイです。


ミリオンセールス連発の仕組みは、=CDが売れる=握手券が売れる、からです。
なぜ、その売上を持続できるのか。
答えは簡単。
"AKB48の握手会には、他の国内の姉妹グループ(『SKE48』、『NMB48』、『HKT48』のメンバー)を総動員している"からです。


ミリオンを超えたあたりで、姉妹グループを握手会に参加させるのは、やめておけばよかったのではないか。
同時に、"AKB48の選抜"に、姉妹グループですでに"確固たる人気"を確立しているメンバーを入れることも。


私は、今年の総選挙のときにこう感じました。

卒業のサイクルがうまく作用すれば世代交代だってすんなりいくことがよくわかる

総本山のAKBが、それをできずにここまできてしまいました。
姉妹グループの力を借りて名前とCDを売っていくうちに、
結果的には姉妹グループのほうが将来が明るいような印象さえあります。




"ここ"のメンバーは、私と同様に、一部のひとにしか、"知られていない"。
そして、その時々のタイミングで「ここ、濃いな〜(笑)」と思わせたメンバーは過去にたくさんいるのです。
そのそれぞれが、(あくまで私個人のなかで)ピークを迎え、ピークを過ぎていってしまった。
こんな悲しいことありますか。


"売れる"ということは、いろいろなことの集合体です。
そのなかに"運"があることも、もちろんわかっています。
ただ、やっぱり、周りの大人がしっかりと"売れる"筋道をつくってあげないと、
ほとんどの有望な芽を枯らせてしまうのだと、改めて実感しました。




少女たちが報われますように。