ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

るろうに剣心

原作漫画を全巻揃えて持っている身としては…この実写映画化は…無視でき…ない…!
ということで恐る恐る観てきたのですが、良い意味で裏切られました。


単純におもしろい。
スカッとしたいときに何も考えずに観るのにおススメです。


評判の良かった大河ドラマ『龍馬伝』の大友啓史監督が手掛けたとのこと。
少年漫画的な楽しさがありながら影のある、原作の魅力がよく表現されています。
漫画の実写版としてしっかりと役割を果たしているし、
原作の良さを潰すことなく、より良い作品としての映像化に成功しています。
見ごたえのある映像作品に仕上がっていて、キャッチーな部分もあり、
エンタメ作品として満足度が高いです。
殺陣など、観ていて圧倒されるアクションは一見の価値アリ。
剣心の"神足"が見事に表現されていたし、迫力のあるバトルシーンは必見です。
ただ、斎藤の牙突はもっとしっかり見たかったなぁ。


世界観もしっかり構築されているので原作を知らなくても楽しめると思います。
ストーリーはかなり早足なので原作を知っているとどうしてもそれが気になってしまう。
それゆえ気持ちの変化などが描けていないキャラクターが多いので「?」となる場面も。
それぞれの物語との関わり方が浅いので説得力に欠けるところも残念。
説明不足な点も多かったけれど、まぁ尺を考えると仕方がない。、と思える出来です。許容範囲。
逆にいうとこの短時間でよくあそこまでストーリーを追って描けたなという気も。


キャスティングは二分。
おおよそは良かったのでは。


薫、左之助、斎藤、観柳、刃衛などは原作のイメージとやや誤差があるものの、
実写映画版のオリジナルなキャラクターとしてしっかりと存在していました。
役者の力量が伝わってきます。
薫を演じた武井咲、最初は、ゴツくね?、とか思っていたのだけれど演技を観たら納得。
薫を演じられるのは武井咲しかいない、と思わせるほど。表情や目の演技が凄く良かった。
こちらの心に訴えかけるものだったし、薫の存在こそが唯一のメッセージだった気がします。
声の高さがややネックだけれど、しばらく快進撃の続きそうな女優さんです。
観柳を演じた香川照之はさすがという感じ。


恵を演じた蒼井優はミスキャスト感が強い。
当人の演技力で何とかしてやるオーラもむなしく明らかに役に合っていない。
肝心の主人公・剣心を演じる佐藤健は黙っていれば文句ナシなんだけれど喋ると台無し(笑)
佇まいや背格好などは、まさに剣心!、という感じでとても良かっただけに惜しい。
台詞がモノになっていなくて宙に浮いてしまっていました。まだまだ経験不足なのかも。


外印と番神は原作では人誅編のキャラクターだけれど、今作オリジナルのキャラクターとして登場。
外印は原作のキャラ制作秘話で「覆面の下の素顔が美形ではなくて大ブーイングを喰らった」という逸話があり、
今回は綾野剛が演じるというサプライズ。
剣心と外印の闘いは今作のなかでのベストバウトだったと思います。
個人的に綾野剛の演技はハズレがないです、あまり多く見ているわけではないですが。


ラストシーンはもうちょっとどうにかなっただろうと思いました。
話を終わらせるタイミングは納得できるのだけれど、もう少し演出の工夫が欲しかった。
とくに原作を知っているものとしてはこれから繰り広げられる展開を示唆しないまでも、
映画本編の外の世界=続きを感じさせるなにかが欲しかったです。


ONE OK ROCKによる主題歌は若々しいロックなのがイイッ!
少年漫画的な躍動感にあふれていて作品の良さをより引きたてていた印象。
しかしこのバンド、アミューズ所属なんですね…結局バーターかよっ!


続編が見てみたいと思える出来でした。
是非、同じスタッフで京都編の実写化を希望…!
もちろん操役は宮澤佐江ちゃんでお願いします!(熱望)