読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。PC版のサイドバーをちょこちょこ更新中。

桐島、部活やめるってよ

イッツ・ア・スモールワールドな、学生時代特有の限られた世界を丁寧に描きだしています。
桐島、部活やめるってよ」、が登場人物たちにとって大きな事件になること自体が
もうその世界の規模をよく表しているんですよね。
観るひとそれぞれにそれぞれの学生時代があるわけだから完全なデジャブは無理です。
でも、映しだされる学校生活独特の空気感は誰もが感じたことのあるものなんじゃないかな、と。
それくらいリアリティに容赦がないです。
ちょっと冷たいぐらいのしんとした静かな視点で描かれていることも良かった。
それも手伝ってか季節感をもしっかりと肌で感じることができ、入り込んでしまいます。
登場人物同士の距離感や、そのあいだにあるちょっとした緊張感も演出が効いていてよく伝わってきました。
ストーリーや展開は物足りないところもあるけれどそれもこの作品の特徴なのだと思います。


映画の内容がおもしろいかは置いておいて、
この映画の存在自体がおもしろい。こういう映画があるんだよってのがおもしろい。
観るひとを選ぶ映画かなぁと。
とくに高校生以下はあんまり楽しめないんじゃないかな、というかわからないんじゃないかなと思う。
逆にそういった映画が何気なく全国上映されるっていうのが良いなぁと思いました。


感想によっては学生時代をどう過ごしたかがわかってしまう、こわ〜い映画。
なので観たひとの感想が気になる…けどあんまり知りたくもないような…。


キャスティングは〜…難しかったろうな〜と思います。
それか、案外すんなりいったか。
神木隆之介くんや橋本愛ちゃんみたいな有名どころナシでやってみて欲しかった気も。
とはいえこのふたりも他のキャストと同様に与えられたキャラクターをきちんと演じていて好印象。
だから余計に〜なんか宣伝とかに凄く違和感を感じたんだよね…まぁ全国上映だからある程度は仕方が無いんだけど。
もっともっと登場人物それぞれが物語のなかでフラットな立ち位置にいた気がするので。
ヒエラルキーとは別の話で)
この映画の"主役"を決めるのは観るひとだと思うんです。
なのでガッチガチに、キャスティングの段階で序列ができてしまうこと自体に違和感が。
難しいですね…。
モンズノンノモデル時代から知っている東出昌大くんが主要キャストで出演していてびっくり。
独特な良い雰囲気を醸し出していたのでこれからが楽しみです。


高橋優の主題歌も泥臭くストレートでありながら刹那的でこの映画の締めくくりにぴったり。
胸に響きました。




私は、息苦しさを思い出しました。
じんわり、きゅーーーっとなりました。
そして「翼先輩」(つばさ・せんぱい)のことを思い出しました。
翼先輩とはひとつ年上の高校の先輩で、私が一方的に知っているいわゆる"学校のスター"的な先輩でした。
高校を卒業して数年後、私も働き出したころに電車で見かけた翼先輩。
ハンサムな顔はそのままなんだけど、ややふっくらして、スーツに身を包み、
通勤カバンを抱き、少し肩をすくめて座席に座っていたんです。
その姿が衝撃的で。
あんなにキラキラしていた"学校のスター"がどこにでもいそうなサラリーマンに変貌を遂げていたのです。
翼先輩に片想いしていたあの子(私の同級生)は元気かな?
あれ、告白してオッケーで付き合ったんだっけ?
そんなことを思ったのでした。