ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

「見逃した君たちへ2」〜AKB48グループ全公演〜〈 K4th「最終ベルが鳴る」公演 〉 in ライブビューイング

まず、『「最終ベルが鳴る」公演』という公演タイトルが素晴らしいです。
いろいろな想像を巡らせることのできる、胸が高鳴るタイトルです。
去年は思いっきり「見逃した」この公演、今年はとても楽しみにしていました。


M1『マンモス』からのM2『最終ベルが鳴る』はこんなに高まるのかと!!!
思わずMIX打ちそうになったよね←
よっしゃ行きたくなったわ。あぁ、こういうときにMIXって打つんだなぁと思いました。
河西智美ちゃんもMCで言っていたけれど、カーキ色や迷彩柄を身にまとった少女たちが
冒頭から力強いパフォーマンスを見せてくれる、これぞ旧チームKという感じ。


『おしべとめしべと夜の蝶々』では大堀恵姉さんがまさかのサプライズ出演!
会場内のテンションが一気に上がった瞬間。鳥肌が立ちました。
期待通り、とも〜みちゃんと濃厚なパフォーマンスを見せてくれました。子供は見ちゃ駄目!


が、この『おしめし』がこの公演のピークだったような気がします。
イコール、全体のパフォーマンスがサプライズに敵わなかったという印象でちょっと物足りなかったかなぁ。
脂が乗っていている印象、ギラギラ感が感じられない印象はK6thと変わらず。
だからといってK6thのように宮澤佐江ちゃんが突出していたとも思わなかったのは
平均的によくできたパフォーマンスだったからだと思う。
この公演はフォーメーションがとにかく複雑で難しいのだとか。
『回遊魚のキャパシティ』や『メロスの道』は迫力や見ごたえがあって良かったです。


完全オリジナルメンバーの大島優子ちゃん、佐江ちゃん、倉持明日香ちゃん、増田有華ちゃんによる
安定感抜群の『ごめんねジュエル』。
ところがところが、『リターンマッチ』の秋元才加ちゃんと梅田彩佳ちゃんが凄すぎて!!!!


このふたりにいったい何があったんだ!!?
っていうかこのふたりのあいだに何があったんだ!!?


と、思わずにはいられない大人の激情!
まさかの『おしめし』より激しい愛の劇場!ふぉーーーー!!!
このふたりなんなの!大人になりすぎだろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!
となりでパフォーマンスしている石田晴香ちゃんと小林茉里奈ちゃんペアが子供にしか見えなかったよ!
ええとですね、大人になりすぎるのはアリです!
エロかったエロかった!ちょっと見るの照れるくらいエロかった!
歌詞通り、燃え上っていました。見てるこっちは灰になったよ!!!!


そして『初恋泥棒』の衣装が凄くエロいコスプレに見えたのは私だけでしょうか。
あの衣装、成熟した女性が着ると身体のラインが強調されてエロい!
近野莉菜ちゃんと大家志津香ちゃんはヤバかったよ!


私がAKBのパフォーマンスに求めてるのは一生懸命さでありギラギラ感なんだと感じるここ最近。
逆にDiVAのパフォーマンスにはプロフェッショナルを求めるんだけど。
AKBの公演は完結したら終わりだと思う、完結したらメンバーは卒業すればいいと思うの。
だからこそ在籍メンバーにはいつまでも上を目指して頑張って欲しいと願います。
好きな曲が多くて期待したK4th。去年のリバイバル(K3rd)はもっと旧Kメンバーの凱旋オーラが凄かったんだけど、
今年はとくに特筆するところもなく。
佐江ちゃんもK6thのほうが好みだったなぁ。
いや、他の出演メンバー同様に申し分のないくらいには良かったんだけど。
やっぱりギラギラ感が足りない。
佐江ちゃんには組閣は良いように作用したんだなぁと改めて感じました。


それにしても、優子ちゃんも言っていた佐江ちゃんのMC力の成長は凄まじい。
昨日のDiVAライブや先日の『アッコにおまかせ!』でもその力を発揮。
本人の言うとおり、やっぱり『なまうま』効果なのかしら。