ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

キツツキと雨

沖田修一監督の『南極料理人』が凄く好きなので期待をしたのだけれど、なんだかがっかりな内容でした。
"あたたかい"、というよりは"ぬるい"。
とにかくツボに入らないことにはスベるスベる。


映画監督演じる小栗旬と木こり演じる役所広司の交流が見どころなのだろうけど、だらだらと流れていってしまって印象に残らない。
全体的に雰囲気とテンポでなんとかしてしまってるような感じが気に入らなかった。
ストーリーが進むにつれて木こりがいきいきと、どんどん目を輝かせていくことがしっかりと伝わったのはよかった。
これが映画監督側からも感じられると良かったのだけれどこちらはちょっと短絡的に描かれていたのでバランスが悪い。


そして俳優・役所広司に頼るところも大きかったように思う。役所広司の演技や纏うオーラが映画を支えていた。
小栗旬は「小栗旬」であることが強くてこれからちょっと苦戦しそうだなぁと感じた。
本人もそれをわかったうえで「小栗旬」でいるような気がする。なにかの機会で打破できればいいのだけれど。