ミーハーでごめんね

ヲタク気質のミーハーの忘備録。ネタバレ要注意。月別アーカイブを見られるようにしました。

妖怪人間ベム

ドラマ版の感想です。


アニメがベースということもあり、ストーリーは勿論荒唐無稽。
けれどメインキャストの妖怪人間が浮かないような世界観を映像としてしっかりと作り込んでいたことや、
ストーリーから少し哀愁の漂う物悲しい雰囲気を漂わせていたりする点で
大人も楽しめる品の良いエンタメに仕上がっていたと思います。


ベム、ベラ、ベロのキャスティングがとても良かった。
もろに二次元的な役柄ながらこのキャスティングの成功で物語のなかにスッと入っていけます。
現代の街並みに絶妙にマッチする衣装も秀逸。
ベムを演じる亀梨和也はめちゃくちゃ格好良かった。
彼の演技を見るのはたぶん初めてに近いような気がするけど、
全体的に抑えた演技をベースにときに激しい感情をあらわにするシーンは迫真。ベム梨△!
ベラを演じる杏ちゃんは新境地を開拓したのでは。
彼女もモデル業でのクールなイメージが強く、演技を見るのはほぼ初めて。
ところが見た目の雰囲気が原作アニメに似てることもさることながら、
独特な強さを感じさせる台詞の言い回しも含め、回を追うごとに存在感を増していきました。
ベロを演じるのは話題の子役・鈴木福くん。
マルモのおきて』からのベロということですが今回も子供子供していて本当に可愛い。
ベム・ベラとの三人のシーンはまるで家族のようでほっこりさせられました。
正義感溢れる演技もしっかりと見せてくれました。
ときに優しく、ときに弱く、と人間味たっぷりに演じていた北村一輝も好印象。


最近はこういったアニメや漫画の実写化が多いけれど、本作はリメイクっていう感じなのかな?
原作アニメをよく知らないのですごく個人的な感想だけれども
本作は現代社会にもマッチしていているし、成功なのではと思います。
ただラストは都合良く逃げたなぁ…という感じ。ちょっとがっかりかなぁ。